FC2ブログ

お星様にっこり


セラフィーさんがご自身の日記に、月、金星、木星が見かけ上接近するという
話題を取り上げられています。

日本時間12月1日夕刻、西の低空で見られるそうで。
外出先からの帰路、夕空を見ると確かに接近してる。こいつは珍しい。
急いで帰宅して、カメラを向けてみました。
(17時25分撮影)

明るい方の星が金星で、明るさは-4等くらい。
少し暗い方の星が木星で、明るさは-2等くらい。
月が丁度良い位置に見えていて、星と月がにっこり笑った顔を描き出してます。

拡大してみる。

 

月の欠けている部分も写ってる。これは「地球照」と呼ばれるものです。
太陽の光を地球が反射して、月を照らしているのです。

これはセラフィーさんが引用した記事にも書かれていますが、あくまで
見かけの上での接近です。3つの天体には、実は非常に大きな距離があります。

またその記事には、このような接近を「合」と呼ぶと書かれていますが
天文用語で「合」というのは、惑星が(見かけ上)太陽に最接近することを
言います。
水星や金星のような内惑星(地球よりも内側を公転している惑星)の場合、
太陽をはさんで向こう側に惑星が回った時を「外合」、
太陽と地球の間に惑星が入った時を「内合」と言います。

内合の時、ごく稀に惑星と太陽が重なって見えることがあり、これを
「日面通過」と呼んでいます。
天体望遠鏡で太陽を観測(注意!直接のぞくと失明しますので、専用の
観測器具を使います)していると、太陽面を移動していく丸い水星または金星の
シルエットが見られて楽しいです(金環日食と同じ原理です)。


そんな事を考えているうちに、星たちは雲に隠れてしまいました。
今夜の関東は雨の予報。つかの間の天文ショーでした。

※セラフィーさん、ネタを横取りしてごめんなさい
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

和みました

>セラフィーさん

こんばんは。

勝手にネタ引用させていただいて申し訳ない…と思っていたのでよかったです。うちもそれほどお客さん多くありませんが、もし一人でも夕空を見上げてくださる方がおられると嬉しいですね。

我が家では、両親にも声をかけて見てもらいました。「面白い」と言ってました(笑
もうあと数時間後に見られたら、月がもっと2星に接近して見えたと思います。外国で観測されるとイイナ!

きれいでした

滅相もありません、私のページはお客さんが少ないので、三十路さんのように大勢の方が見て下さるところで取り上げてもらった方が、この素晴らしい天体ショーを多くの人に体験してもらえます。

三つの星が最接近するのは今日ですが、明後日くらいまでは楽しめますからね。金星と木星に限っていえばあと半月くらいはいけたと思います。

多摩でも六時半くらいまで見られました、会社の同僚も誘って、職場の窓から眺めました。今はもう雲に隠れてしまっています。月、金星、木星、地球から見ることができる天体で、太陽に次ぐ明るさを持つトリオです。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR