FC2ブログ

笑うが勝ちでGo!


なんだこの明るい画像は…。
これから人が暗い話をしようってのに。
先日の、日向咲さんお誕生日を記念して、久しぶりにこの
恐怖クッションの画像を。

追記:日向さんのお誕生日は8月7日、今日でした。
    それにしても画像の黒枠がお誕生日にしては縁起でもない気が…


暗い話ねぇ…。
誰も読みたくないと思うんですけどね。これ一応日記なもんで
綺麗なところばかり見せてるわけにもいかないんです。
「読みたくねぇっ!」という方は、ここで引き返してください。




昨日は、床屋さんに行って来ました。
このブログを読んで長い方はもうピンと来たと思いますが、またしても
激しいパニック発作を起こしてしまいました。
もう毎度お馴染みになりつつあるようで、床屋さん=発作
というような典型的な広場恐怖にとらわれつつあります。

激しい吐き気がして身体が震え、発熱もするのが私の症状です。
非常に恐怖を感じます。落ち着けば治まるとわかっていても
なかなか実践出来ません。
普段は薬で抑えていますが、昨日は大丈夫だろうと服薬を怠りました。

服薬を怠ったという事実を忘れていれば、あまり問題ありません。
問題なのはむしろ「服薬を怠った」ことを覚えていること。
それは要するに、服薬しなかったことが頭のどこかに引っかかって
いた証拠だからです。
「服薬せず」⇒「発作が起きた」
そんな癖がつくと、厄介なのです。

それはまあ、いいとして。
床屋さん=発作という式はよろしくない。
新しい広場恐怖が増えたことになります。

今回の発作に限らず、最近の私は自信を失ってる。
せっかく禁煙も成功目前だというのに、これでは困ります。
恐らく今の私には、電車で出かけることは出来まい。

2002年頃から、せっかく訓練してきたのですが、また
やり直しです。嗚呼、気が重い。もう若くは無いというのに。

ぶっちゃけ鬱です。
自分がこの世に存在している価値が無いように思えて仕方ない。
そんな事は無いと頭では理解しているつもりでも、心の底では…。

かといって、沈んでばかりもいられないのです。
私が沈めば、家族の寿命が縮む。
沈んで考えても、何も解決はしないし。
ここはやはり気分転換、行動あるのみです。

後ろを振り返ったら、過去の辛い体験に飲み込まれてしまいます。
ただひたすら前を見て、歩かないまでも、立ち止まるのです。
パワーが溜まれば、また必ず歩き出せる。

…などと強がっていられるうちは、まだいいのです。
本当に苦悩に追い詰められたら…と思うと怖いです。
こんな事、主治医に相談してもまともな答えは返って来ないだろうし。
医者だって、症例は見てきているだろうけど所詮は机上の論理でしか
わからんだろうし。
結局は、苦しんでる本人の自己回復力に頼るしか無いのかな。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

達観されてますね

>あいばさん

こんばんは(読んでいてくださったと、ちょっとビビりつつ

床屋さんとか電車というのは、患者さんたちの多くが苦手にしてるらしいですね。あと、私の場合は高速道路の運転です。

テクニックですか。条件づけ・・・つまり、暗示ですね。私は悪い暗示にはすぐにかかるくせに、そういう自己暗示みたいなのは苦手で(得意な人はこういう病気で苦しまないとは思いますが)・・・。

でも、何かアクションを起こして暗示をかけるというのは、理にかなっていると思います。私も何か試してみます。やってみないと物事の効果はわからないですから。アドバイスありがとうございますw

とはいえ、
>(いや、ここまで来るのにかなり長かったですが)
と仰っているように、一朝一夕で出来るものではないと思います。こういう訓練は、しつこく繰り返して初めて効果が現れるものだと思うので、気長にやってみます。

それと並行して、出された薬はちゃんと活用しないといけないと痛感しました。。

追伸:「CCさくら」ですか。あの漫画・アニメも「おジャ魔女」さんと同じような癒し効果がありますね。
何か呪文はといえば、やはり夢原さんの「なんとかなるなる!」が好みです。

攻撃性の強い人は困ります

>やっつさん

こんばんは。
攻撃的になった後輩は、こちらが絶交を宣言しても食いついて来る性質の悪い女性でした。今でもあの人を思い出すだけで気分が悪くなります。

>本当の鬱なら、ご飯食べないし、たぶん寝ないだろうし
食事はとれているし、眠れてるのだからこれ以上を望むのは贅沢かなぁ、とも思います。
仰るように、パソコンに向かっていられるうちは、まだ大丈夫なんだと思います。

>薬を怠ったのは、体がよくなって、つい忘れてしまったのですか?
そうですね。頓服なので、なるべく最悪の時にしか飲まないようにしていたんですが、今後は予防としてちゃんと飲みます。

>本当の苦悩って、どんなものなのでしょうか?
この場合は、医師も含めて誰も信じられなくなる状態です。あまりこういう事は書いてはいけないのですが、自分からあの世へ旅立とうとしたりします。どんな辛い事があっても、これだけは避けなければいけません。

テクニック

床屋は僕も発作のスポットでしたし、結構一般的に発作のスポットに結びつきやすいらしいですよね。

(ほぼ)克服した経験者から、個人的に効果的だったテクニックをば(もちろん人それぞれなんで三十路さんにも効果がある保証はないんですけど;)。

床屋=発作
と結びつくのを裏返す感じに、

●●という行動を取る=大丈夫
というように結びつけてしまう。ということをしました。

行動の内容は気軽にできるものならなんでもいいんですが、僕の場合は、ペットボトルの水を一口飲む行動=大丈夫という風に自分を条件づけるようにしていました。
よく言う、イチローが打席に入る前のあの仕草は最高のパフォーマンスを発揮できるように条件づけてるっていうヤツですね。

調子いいときに、ペットボトルで水を一口飲む→自分は大丈夫というのをちょくちょく頭に刷り込んでおいて、
いざ発作が起きた時は実際にその行動(ペットボトルで水を一口飲む)を取ると、大丈夫!というイメージが結びついてわき起こってきて、発作が軽減するというものでした。

あとは呪文(言葉)。これも条件付けの一種ですが、自分が心の中でこの言葉を繰り返す時は大丈夫!という言葉を作っておいて(自分として好きな言葉、聞いたり口にしたりすると安心する言葉がいいです、ちなみに僕は「CCさくら」からとった「絶対大丈夫だよ」でした(笑))、いざ発作が起きたらその言葉を心の中で繰り返すと、条件付けられた安心感が沸いてくるというのをやっていました。

最終的には発作が起きても、ペットボトルで水を一口飲んで、その呪文を心の中で繰り返していれば、わりと短時間で発作が収まるという所まで回復して、今に至ります(いや、ここまで来るのにかなり長かったですが)。

まあ参考までに。
繰り返しですが、あくまで僕のケースで個人差があるであろうテクニックなのはご容赦を;

後輩

相談から、攻撃的になるというのは
その後輩の甘えもあるのだと思います

しかし、悲しいことに
みんな、自分で精一杯です

余裕があるとき、ちょっと手を貸すぐらいならできても、すべて面倒はみきれません

夏は暑くて、気力も体力もなくしてしまいます
年々、夏が嫌いになっていく・・
薬は、怠らないほうがいいです
あと、本当の鬱なら、ご飯食べないし、たぶん寝ないだろうし

パソコンの電源を入れて、文章をかけているのだから
体が、ショックを受けているだけで、精神的には
大丈夫のような気がします

薬を怠ったのは、体がよくなって、つい忘れてしまったのですか?

そして、(いいたくなければスルーしてください)
本当の苦悩って、どんなものなのでしょうか?

また、きます

お医者もつらいよ

>セラフィーさん

こんばんは。

お医者さんは、患者の苦しみはわかってはいるでしょうけど実際のところ、結局は他人の感覚ですしね。
「この患者にはこうするのが一番いい」くらいの事はわかってもらえてるようですけど。

昔、私に相談を持ちかけてくる精神病患者の後輩がいましたが、あるときからいきなり攻撃的になって、それこそてのひら返したように攻撃され続けた苦い経験があります。お医者さんも似たような怖さはあるでしょうね。

診療時間が縮んでいるのは、状態が安定しているからではないでしょうか?

医者もつらい

実際のところお医者さんには薬の匙加減を変えることしかできないし仕方がないですよね。

それに変に同情すると、ストーカーになったりする怖い精神病患者もいますので、お医者さんもなかなか患者との距離を測りにくいのかもしれません。

あと、一時期カウンセリングの時間が長くなったけれど、最近また精神神経科の診療時間が縮んでいるような気がします。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR