FC2ブログ

春風に甘えて

こんにちは。

今日は暖かかったですね。夕方、懐かしい場所に行ってきました。
写真の場所は、ぶっちゃけ船橋市南部の団地そばの草原です(ぶっちゃけすぎ)。ここは、1987年春頃からよく通るようになった道です。海が近いので、釣り場と釣り場の移動や、ら○ぽーとに行くときに通っていました。春も本番になると、この芝生は花畑になるのです。

当時の三十路は、中学3年生になったばかり。学校には行けなかったくせに、けっこう自転車であちこち出かけていたのです。今とは比べものにならないくらい体も心も元気でした。ただ、不登校ということだけが、三十路を苦しめていました。

免許を取って、バイクや車に乗るようになってからは、ここに来ることもなくなってしまいました。そういう懐かしい場所が、たくさんあります。ここは、そのひとつです。
三十路は当時、題名の歌を歌っていた某アイドルのファンでした(カァァ・・・)。幸せなんだけど、どこか淋しい歌で、今でも三十路の心の歌です。もちろん、家族には内緒でした。芸能関係や漫画・アニメ関係は、親が異常に厳しかったので、レコード(当時)を買うなどとんでもないことでした。だから三十路はラジオから録音して、イヤホンでこっそりと聴いていました。今でこそ、ステレオで聴けますが(相変わらずドホンヘツ)、当時はモノラルで満足していました。

そういえばなんとなく

彼女ほしい(*´д`*)

などと思いはじめたのも、この頃でした。もちろん、えっちなことなど考えもしな・・くもなかったりして(ぇ 大人になってきていたのですねえ。
今でもこの場所に来て、暖かい春風に吹かれていると、あの頃の楽しかったことや辛かったことが、あの歌とともに懐かしく、せつなく思い出されるのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR