FC2ブログ

味楽る!ミミカ  あらそい☆ふたたび


今週は、ミミカさんの涙のシーンから。


 


ミ、ミミカさん、何があったんですか。
お兄さんに相談してごらん。

ミミカさん:「三十路さんが、浮気するんです…」
       「私もう、嫌われてしまったんでしょうか」

そ、そんなことないよ!僕はミミカさんひと筋だよ!
浮気なんか絶対にするもんか!

ミミカさん:「でも、プロフィール欄に…」

あ、あはは…は……。あれはジョーク♪
お馬鹿さんだなぁ、ミミカさんは。
僕は…

………虚しい妄想はやめて、本編。

ミミカお嬢様の涙の原因は、たまねぎを調理しているからでした。
料理しているのは他に、リンリンさんと若旦那だけ。
ミミカさんは皮むきが出来ないから、たまねぎ担当。
嗚呼、情けない…。

なんでも、寮の夕食当番なんだそうで。
たった3人で50人分のカレーを作らなくてはならないとか。
手伝ってくれる友達がいないあたり、3人の人望の無さが窺えます。

そこへ、アジマル先生が飛び込んで来ました。

アジマル先生:「大変なのねーーーー☆!!」
リンリンさん:「うるさい
容赦ねぇリンリンさん素敵。

それでも本当は優しい3人、アジマル先生の話を聞いてあげます。
「料理人いらっしゃ~い」
なるテレビ番組からお声がかかったと自慢するアジマル。

そこへ、一部で大人気だった猪頭プルコギ先生登場。
プルコギ:「あんな番組、観る価値もないのだー」
実はその番組は応募制で、アジマルは当たっただけでした。
本当は羨ましいくせに番組を馬鹿にするプルコギが、
人間の本質をよく表現していると思う。
イソップの狐ですな。

アジマル先生の出演権を横取りすると言い出す猪頭先生。
喧嘩する二人に、
ミミカさん:「ここは料理で対決したらどうですか?」
もともとの出演権はアジマル先生のものなのに、
プルコギ:「自信がないのだ~」
挑発に乗ってしまうアジマル。

テレビ出演権をかけたアジマルと猪頭の対決が今、始まる。

……アジマル先生も猪頭先生も、大事な事を忘れてる。
「味楽る!ミミカ」というテレビ番組に出演しているではないか。
二人に、自分たちの当番のカレーを作らせるとかじゃない
ですよね、ミミカさん?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

魔性の女・美味香

>セラフィーさん

く、黒い、それは黒すぎる……

女は魔物

見える、見えるぞ~~~先生方をのせてカレーを作らせるミミカちゃんの姿が。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR