FC2ブログ

ふたりはプリキュア 第8話 プリキュア解散!ぶっちゃけ早すぎ!?


今日は気分を変えて、初代プリキュアさんの活躍を見直してみた。

♪プリッキュア プリッキュア
 
♪失敗なんて メじゃない!

おぉ、懐かしい。
私は「MaxHeart」からのファンで、「無印」はリアルタイムで
観ていないのですが、まるで懐かしい友達に会った気分。

何話か観てみたのですが、「神」と言われる第8話感想。

美墨なぎさ。何だかとっても男らしい。
でも、純情乙女な彼女。プリキュアの相方である雪城ほのかと、
憧れの藤P先輩が幼馴染で仲良しなことを気に病んでます。

そんな美墨さんの様子を見かねて…というか、恋を知らない
雪城さんは、美墨さんと藤P先輩をくっつけようとしますが。。

美墨さん:「そんなの、ありえなぁ~い!」

純情乙女な美墨さんは、逃げ出してしまった…。
雪城さん…なんて無神経な子なの!
怒りにまかせて雪城さんに、

 「あんたなんかプリキュアってだけで、友達でも何でもないんだから!」

プリキュア史に残ることとなる名台詞を吐いた。
ケーケンホーフな30代半ば男としては、美墨さんの気持ちは
痛いほどよくわかります。ついつい頭に血がのぼって
心にも無いことを言ってしまうもんです。

しかし、雪城さんはお子様。
悩んだ挙句、コミューンを美墨さんに渡し、捨て科白を残して
去ってしまう始末。もし敵さんが襲って来たらどうするのか。
雪城さん、無責任すぎ。
何とか仲直りしようと努力する美墨さんが健気です。
しかし、無責任な雪城さんは、そんな美墨さんを避けるばかり。

普通ならこれで絶交とかもあるんでしょうけど、プリキュアという
お仕事が、それを許しません。
早速、ゲキドラーゴさん襲来です。

「デュアル・オーロラ・ウェイブ!」

変身シーンがどこかエロスなのは、初代から始まった。

キュアホワイト:「闇の力のしもべ達よ」
キュアブラック:「とっととお家に帰りなさい!」

「プリキュア5」を見慣れていると、とても新鮮に聞こえる
口上です。
それはともかく、戦闘そっちのけで口論する二人。
が、命が危ないときに喧嘩してる場合じゃない。

黒・白:「プリキュア・マーブルスクリュー!」

とりあえず、うるさいゲキドラーゴさんを撃退。
散らばった鞄の中身を拾い集めると、ぷいっと別れてしまう。

帰宅した美墨さんと雪城さんは、「プリキュア手帳」を
取り違えてしまった事に気づきますが、そのまま盗み読み。
そこには……お互いを大事に思っている事が書き記されていた…
「盗み読み」というシチュエーションが、そこに書かれて
いる事に真実味を与える演出。

翌日。二人はぎくしゃくしながらも、「なぎさ」「ほのか」と
名前で呼び合う本当の友達になり、手をつないで走って行った。

…というのがあらすじ。
今更書くまでも無い事だとは思いますが。

これが、その後続くシリーズの「百合」の始まりだったように思える。
咲舞、のぞうらorのぞりん、こまかれetc.
視聴者の勝手な妄想なのかもしれませんが、大きなお友達の
思考(嗜好?)は、どうしてもそっち方面へ。。

「プリキュア5」に毒されている現在、これを見直すと
とても新鮮かつ原点を思い出します。

 やはりプリキュアは、ふたりだ

もちろん、私はプリ5大好きです。今までのシリーズと
比較しても、決して劣るものではないと思う。
むしろギャグとか戦闘シーンの激しさは、シリーズ中
一番かも。お色気で売ってる面もそうですが、型破りな
プリキュア5は面白い。

でも、原点に帰ってみると、美墨なぎさ・雪城ほのかの
功績はとても大きかったと実感します。
こりゃあ、人気出て2年目があるわけだと。
美翔さんたちは、先輩の存在感の大きさに勝てなかった
だけだと思う。
型破りな夢原さんたちには是非、「SplashStar」の
成し得なかった2年目を実現して欲しい。

何でいきなりこんな記事を書いたかというと、私の
「プリキュア5」の記事が「事実の列挙が多く、感想が
少ないので面白くない」という指摘を受けたから。
まあ要するに、先輩には練習台になってもらった
わけですな、ははは(石投げないで!)。
来週からは、少し視点を変えた記事が書ける…といいなあ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大切なのは

>tamai-keiさん

こんばんは。

この第8話に至る過程と、それに続く二人の絆というものが描かれたことで、「神」と呼ばれるようになったのでしょう。

SSでは、やっぱり「二番煎じ」を恐れて、回避したんでしょうね。結果的には、やっておいた方が良かったと言われますが。。
プリ5には、今後の型破りな展開に期待してます。

>妄想
それほど気に病むことはないですが、同じ失敗を繰り返さないことが大切だと思いますよ。
私もかつて、ネットのマナーでよく叱られたものです。「これは迷惑行為かもしれない」と気がつくのは難しいですが、それは管理人も一緒ですよ。

感想と今後

とあるプリキュアの話を作るサイトでこの回を話づくりの材料にしていたくらいなのでどれだけ衝撃的だったかがわかります。
この回のみではなくこの回に至るまでの過程を描いたからこそ神回と呼ばれる所以ですね。


SSはその回のオマージュを作りたいけど何らかの批判が来るのでそれなりに遠慮したのでしょうか。
同じ展開といわれようとも「咲、舞」と呼べるまでの過程を描くべきでしたね。この部分はプリキュア5でも言えることですが。


>妄想ネタ
大分遅まきながらですが、このサイトの管理人である三十路様やこのサイトを拝読している皆様(特に夏パル都様)に多大なる迷惑を掛けたことをお詫びします。
己のつまらぬ拘りのために墓穴を掘った関係上プリキュア5の感想を書くのをほとぼりが覚めるまでやめます(「なかよし」のプリキュア5の感想は書きます。私の記憶力の関係上)。

剣崎順

>夏パル都さん

こんばんはー。

>なぎほのプリキュアはもはや伝説ですね
そうですねえ・・・。DVDを見直してみると、やっぱり少し古さは感じます。
それでも、「この二人こそプリキュアなのだ」という思いが強くなります。

そりゃ、日向・美翔コンビも、プリ5の皆さんもプリキュアですけど、やっぱり「なぎほの」は別格な感じがします。早いもの勝ちってやつでしょうか。。

私も、なぎほの高校生プリキュアに期待していた一人です。でも、結果的にこれで良かったと思います。美翔さんや夏木さんにも会えたし・・・(他は?

>むしろOVAで作ってください…。
それ名案ですね。知られざる咲舞の素顔とか。。でもSSだとどうしても満薫が捨てられないので、それも織り交ぜて話を作ればOVA1本にはなるのになあ。。

ギャラクティカマグナム

こんばんは。



>プリキュア無印

もう3年前になりますね。なぎほのプリキュアはもはや伝説ですね。

関連商品が飛ぶように売れ、視聴率も高い位置をキープしていましたから…。

今となっては、2年目があったのも必然だったのでは?

いっそのことなぎほので高校生プリキュアがあっても面白かったかもしれないです(ただ、そうなると咲舞の出番が…)。

なぎさ可愛いよ、なぎさ…

今も等身大ブラックさんはずっと私の小汚い部屋を見守ってくれています。



>8話

各方面から『神回』と言われた伝説のエピソードですね。

ここがきっかけで互いを名前で呼びあう仲になりましたが、SSは最初から『咲、舞』でしたね。

『日向さん、美翔さん』は1話だけでした。

咲舞にも同じくらいの修羅場があっても良かったかも…。

むしろOVAで作ってください…。

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR