FC2ブログ

読まないでください


雨です。
蒸し暑いです。

雨雲が灰色の空にたれこめているのを見ると、

 「嗚呼、死んだらあの雲の彼方へ行くんだな」

と思う。
ちょうど2年前、恩師が40代半ばで癌死
したのを思い出す…先生が呼んでいる。。
そう、鬱です。

便秘が解消し、痔も良くなったのに、何故。
生まれつきなのか、後天的なものかはわからない
けれど、私の心に巣食う「死」への
恐怖がよみがえるのです。

季節の変わり目は、得てしてこういう風に
沈没しがち。
でも、そんな事を気にしていたら生きていられません。
気持ちが暗いなら、せめて部屋を明るくしよう。

最近、こういう気分のムラは、随分減ったのだけど。
たまに顔を覗かせます。

秋になると、また少し違います。
秋は、恋の季節(そうか?
東京湾に映る夕映え、澄んだ黄昏の空。
すべてがあの人色に染まってみえる。

そして、己の無力さを思い知り、鬱に…
結局、鬱には変わりないじゃん!

去年の5月の修羅場以来、私は「恋」を忘れた。
 「好きってなに?」
 「そんなもの、哀しみを背負うだけ」
 「分不相応」
こういう感情に囚われてる。
別にいいのさ、そんな事。

問題なのは、「明日をどう生きるか」。

こんな事を書いてる私は、頭がおかしくなったのだろうか。
いえいえ、三十路という男は、元々こういう奴です。
ペシミズムの塊。
死ななければ治らないな、これは…
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

純情青年親父の恋物語

セラフィーさん、こんばんは。

いえいえ、りんちゃんにシンクロするような状況じゃないですよ?
こんな奴があんな恋したら、きもいっすよ。
「うわーん、きもいー!」

問題はもっと根深くて、生死を分けるようなものです。これはもう、私の宿命でしょう…

純情親父の・・・

りんちゃんにシンクロしてしまいましたか?(^^;
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR