FC2ブログ

事故と骨折と激ヤセ


1月21日・・・毎年この日が来ると思い出す、痛~い思い出。

1993年1月21日。成人式からたった6日後のことである。
数日前、当時好きだった女性と喧嘩してしまい、気分は最悪であった。
21日は、友人にノートを貸す約束をしていたので、仕方なく学校に行った。定時制高校だったから、夕方である。帰り道、三十路はバイクで飛ばしていた。夕闇がせまる道を飛ばすなど、危険であることも分からないくらい自分を見失っていた。

直線の道路で、見通しもいい。いっちょ飛ばしたれ、とアクセルを開けた。そのとき・・・対向の乗用車がいきなり右折してきた。三十路がそこを通り過ぎるときには、その右折車は曲がりきっているだろうという考えが、ブレーキを少しだけ遅らせた。
右折車は、止まった。三十路は完全に進路をふさがれた。慌ててシフトダウンしながら急ブレーキをかけたが間に合わず、乗用車の後輪に激突した、らしい。らしいというのは、その瞬間の記憶がないからである。

激突後、数メートル吹っ飛んだ記憶はある。三十路は「とうとうやってしまった」と思った。跳ね起きてバイクのところへ行こうとしたが、無理だった。
右腕と右足に激痛が・・・。
立つことも出来ない。しばらく座り込んで痛みに耐えていたが、通りがかったトラックにクラクションを鳴らされ、身体を引きずるように道路の端に移動した。

右手がおかしい・・・指がおかしな格好になったまま動かない・・・骨折か・・。通りがかりの人に救急車を呼んでもらった。
乗用車の運転手が出てきた。若い女性だ。「大丈夫ですか!?」って、大丈夫なわけがない。

救急車で病院に担ぎ込まれた。午後6時30分ころだったと記憶している。
診察台の上で服を脱がされた。三十路は自分の右腕を見て、気絶しそうになった。腕は無残に変形していた。誰が見てもひどく骨折している事は明らかだった。「北斗の拳」で、ケンシロウに腕相撲で負ける木人形(デク)狩り隊のギュウキみたいだ・・・と思った。

エックス線像は、尺骨、橈骨ともに真っ二つに折れていることを写し出していた。
医師によると、手術は1月29日とのこと。
病室に運ばれ、右手の甲にドリルで穴をあけられた。そこに針金のようなものを通し、腕を吊るのだった。その方が出血しないし、痛くないので良い、との事だった。体勢は、仰向けのままである。そのまま手術日まで、8日間待たされた。地獄のような8日間が過ぎた・・・。

手術は無事に成功した。
骨にドリルで穴を開け、金属のプレートとネジで折れた骨を固定した。写真のモノが、三十路の腕に入っていたモノである。肘は直角に固定され(石膏で固められた)た。ギプスが取れたのは、手術から4箇月後の5月下旬だった。学校を休むわけにはいかなかったから、苦手な電車で通っていたが、次第に身体がおかしくなるのを感じていた。
8月20日、この金属プレートとネジを取り出す手術を受けた。

この事故と怪我と療養の日々が、三十路の精神状態に悪影響を及ぼした。この年の夏は、91年以来2年ぶりの大不調に見舞われた。食事を受け付けなくなり、激痩せした。入院寸前まで行ってしまった。
まさに、三十路の黒い歴史の1ページとなったのである。

今でも事故現場を通ると、あの頃の苦しい思い出と、喧嘩していた女性の事を切なく思い出す。あの頃は幼かった・・・と今にして思う。冷静さを欠いて事故を起こすなど、運転免許を所持している資格がない、と言ってもいい。あの頃の事を思い出し、ムカデのような手術跡を右腕に見るたびに、「いかなる時でも冷静に運転しなければならない」と心に誓うのである。
今でも、右手の人差し指と中指と薬指に、麻痺が残っている。勉強の代償にしては、高すぎた・・・。

全くの偶然であるが、昨夜はその女性の夢をみた。懐かしいというか、せつなくてやりきれない気持ちがよみがえった。優しかったあの人・・・。幼かった三十路を、受け止めてくれる大きな人だった。そして・・・(以下略
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

痛いですよねえ

骨折は、なかなか治らないですね。

三十路も完治するまで1年以上かかりました。転んでも、右手は絶対につくな、と言われていました(笑



Mさんは、犬の散歩をされているようなので、それを続けたらきっと良いと思いますよ。無理に痩せようとすると、かえって太ってしまったり・・。



126cc以上のバイクは、お金がかかりますね。なんだかんだ言ってもやはり、暑さ寒さ・雨をしのげる4輪車が便利なんですよねえ・・・。

一年中晴れで、気温24℃ならバイクでもOKなのですが(んなアホな

私もやっちゃいました

こんばんは。

骨折はシャレにならないですね。私も昨年の自爆事故で見事に真っ二つになりました(苦笑)。



一応、完治はしましたが細かいところはまだ治癒中みたいで腕立て伏せは避けています(正月太りでただいまダイエット中)。



昨年は車を買ったこともあってしばらく単車を降りようとも思ってます。保険も凍結すれば等級を保ったまま中断できますし安いとはいえ税金・自賠責(5年分2万7千円)で3万近く飛ぶのはキツイです。

でも、2年に抑える方法があるか・・・?

今年は少々、私自身の人生を考えた方がよさそうです(爆)。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR