FC2ブログ

文化放送『吉田照美のやる気MANMAN』20年に幕


1987年4月6日にスタートした、ラジオの文化放送の
看板番組『吉田照美のやる気MANMAN』が本日、
20年間の放送に幕を下ろした。

私は第1回目放送から聴いていたので、とても寂しく
鬱になりそうな感じ。

パーソナリティーの吉田照美(写真右)と
小俣雅子(同左)。
この二人の名コンビが、多くのリスナーに愛され、
20年という金字塔をうち立てた。
(真ん中の黒服の中将は誰だ?)

ラジオにも「聴取率調査週間」というのがあり、
この番組は55回も第1位を獲得している。
これほど惜しまれて終了したラジオ番組は、あまり
ないのではないか。

1992年~99年2月まで、定時制やら大学やらで
忙しく、ラジオから遠ざかっていた。
1999年3月、26歳で大学を卒業した青年は、
ふと、カーラジオのスイッチをひねった。
すると、流れて来たのは・・・

かつて慣れ親しんだ吉田・小俣コンビの声だった。
青年:「ま、まだやってたのか!」
青年は驚きつつ、再び「やるマンリスナー」に返り咲いた。

それから8年・・・
今年の3月3日、幕張メッセでのイベントで、青年は
吉田・小俣両氏と初対面。
2002年と2003年のイベントで、公開放送は観ていたが、
事実上の初対面であった。
感動の初対面からひと月も経たずに、番組はフィナーレを迎えた。

番組終了の話は、昨年末には出ていたのだが、実際に
終わってみると、なんとも形容し難い痛みに苛まれる。

ただひとつ言える事は、『やる気マンマン』は
一人の青年の生活の一部に、完全になっていた・・・ということ。
心にぽっかりと開いた穴を、どう埋めたらよいのか、
まだ気持ちの整理が出来ないでいる青年であった。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR