HUGっと!プリキュア 第17話 哀しみのノイズ…さよなら、ルールー

先週、パップルさんのお仕置きを受けてクライアス社に回収されたルールー。
社で再調整、プログラムを戦闘用に、さらにアンドロイド用パワードスーツを使ってプリキュア殲滅戦に投入される。
これって「プリキュア」なのか?

ハリーの店では、野乃たちとハリーとが言い争い。
「あのタイプは初めて見たけど、クライアス社のアンドロイドや(大意)」
「騙されたんや」

「騙されてない」
と反論する野乃たちですが、騙されただろう(きっぱり
ただちょっと人間の心を持ち始めて、プリキュアを助けたりしただけで。あれ、味方?

裏切り者を放っておくクライアス社やないというハリー、何かと詳しいです。もしかするとハリーもクライアス社の元社員か。

とりあえず当てもなく探してみようという野乃たちの前に、綾●レイみたいな恰好のルールー登場、パワードスーツに搭乗して攻撃開始。

……とはいったものの、記憶が残っていた重武装ルールーはすぐに攻撃不能に陥り、苦しみ出しました。
てっきりプリキュアを巻き込んで自爆するかと思いましたが、クライアス社もそこまでは想定していなかったのは甘かった。
プリキュアの攻撃で、脆くもパワードスーツが崩壊。

「胸が痛い」と訴えるルールーこと「RUR-9500」
「これまであなたたち皆を騙した」
「騙されたとは思っていないから、いいの!」
パワーワードの応酬に、拳のぶつかり合い。ああ、なんかイースさんと似てるけどちょっとぬるいかも。
あの時は桃園先輩が、イースさんを死に追いやるほど殴りつけたからなぁ。現代には即さないってことか…

最終的に、はぐさんに頭なでなで、よちよちされてRUR-9500号泣。
アンドロイドが泣く?こりゃ重大な欠陥だ。クライアス社の技術もたいしたことないな。

号泣して、赤ん坊に戻った的な演出なんでしょうか。RUR-9500曰く「プログラムが上書きされた」
パップルさんにビームを撃って追い払うRUR-9500
胸が痛い、バグだというRUR-9500、いやルールー・アムールに「それは心だ」と説くプリキュアたち。
ルールー落ちた。

ロボが心を持つのは、SFの古典的ネタだと思いますが、これはこれで人類の危機です。
心を持ったロボが勝手に仲間を増やして、人間たちを支配するようになるかもしれません。
プリキュアでは、そこまでは言及しないようですが。

先週のような、雷(ビーム?)を上空から撃って処分すれば良いと思うんですが、パップルさん撤退。責任重大ですな。

変身を解いた野乃、薬師寺、輝木、ハリー、はぐさんと和解する様子を愛崎えみるに全部見られてしまったっ
次回、キュアえみ~る再登場。
「秘密を知られたからには、5人目のプリキュアはあんさんや!」ってことに、なるかもならないかも。

予告で、感情を持つようになってすっかり人間として振舞っているルールーを見ると、少し寂しくなるのです。
アンドロイドらしい、不愛想なルールーが好きだった…(ぇー

■RUR-9500
ルールーは、人間を管理するアンドロイド。一台だけ作るのは高くつくから、ほかにもルールー(と同等品)がいる可能性も(?)
とりあえず、あの機能がついていればええんや…(なにが
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HUGっと!プリキュア 第17話 哀しみのノイズ…さよなら、ルールー 復元感想

✝悔い改めて✝

HUGっと!プリキュア 第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」

HUGっと!プリキュアの第17話を見ました。 第17話 哀しみのノイズ…さよなら、ルールー ルールーを連れ帰ったパップル課長は不要なはな達との記憶を消去していると、パワードスーツを装備して戦闘タイプに改造しようと上司に改造されてしまう。 ルールーがクライアス社のスパイと知ったはな達はハリーからルールーがアンドロイドだと知らされる。 「確かに最初は狙いがあったのかもしれ...

HUGっと!プリキュア テレ朝(5/27)#17

第17話 哀しみのノイズ…さよなら、ルールールールーを連れ帰ったパップル、はなたちとの記憶を消去していた。それなら一層のことパワードスーツを装備して戦闘タイプに改造しよう。いや、そこまではと上司のワルノリに引き気味のパップル。 ハリーも気づかなかったがルールーは未来で作られた新タイプのアンドロイド。ハリーも見たことがない機種だったので気づかなかった。はなたちに接近してきたのはスパイ...

HUGっと!プリキュア 第17話「哀しみのノイズ…さよなら、ルールー」

ルールーちゃん、楽しい記憶消され中(ノ_・。) アンドロイドであることが正式に劇中で語られましたね。 戦闘用に改造されちゃうみたい(>_

HUGっとプリキュア第17話 感想

【哀しみのノイズ・・・さよなら、ルールー】 前回、終盤で思いきり話の展開が変わってしまったが、さて今回、プリキュアとルールーとの直接対決!! ルールーとしては新しいデータを取り込もうとしたけど、データを取り込んでいるうちにそれが結果として、過去の記憶を蘇らせる形となってしまった。 良い意味でだよ、作戦が裏目に出た感はあるね。 心が痛いのは人としての証拠、本当にアンドロ...

HUGっと!プリキュア 第17話感想

 今話の名セリフ:「ルールーの事が・・・、好きだもん・・・。今更、嫌いになんてなれない・・・!」(キュアエール)  「HUGっと!プリキュア」第17話「哀しみのノイズ・・・ さよなら、ルールー」の感想です。

HUGっと!プリキュア第17話感想&考察

何の番組か混乱しますが胸キュンなエンドカードですな…! HUGっと!プリキュア第17話 『哀しみのノイズ…さよなら、ルールー』 の感想です。

HUGっと!プリキュア #17「かなしみのノイズ…さよなら、ルールー」

その痛み、“悲しみ”にあらず。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR