あなたのこと目が離せない


電気機関車シリーズ第1集
懐かしいですなあ。平成2年1月31日発行。

発行当日は、中学浪人?年目をやめるべく定時制高校に入学願書を出しに行ってきた日でした。
あの日と翌日2月1日にかけて大雪で、願書を出した後、自転車を必死でこいでこの切手を買いに行ったことが、昨日のことのように思い出されます。
翌日はたしか、膝まで埋まるような大雪になり、私の生きている範囲では一番の大雪。

試験に合格し、定時制に入って、汚泥にまみれて、ぜってーこの野郎は許さねえという奴にも出逢いました。
私は一度恨むと一生恨み続ける性質なので。幼少期まで遡れるくらいです。

恋もしたなぁ。その恋も汚いことだらけ、ウブな1●歳はからかい上手な女生徒に転がされ、苦悩の渦中に巻き込まれ…でも気持ちよかった。

アルバイト…郵便局で配達やりました。
手紙に貼ってある切手を見て「今度、こんな切手が出たんだ。デパートに買いに行こう」とか思っていました。
いつの間にか時給を減らされていて、ボスと揉めた記憶も。。責任感が足りていなかったと、猛省する現在です(遅

脱線しましたが、入学願書を出した翌日は田村英里子さんのシングルカセットを購入した記憶が。生まれて二番目のレコード購入でした。
『プロセス』、どうぞ!(出ねぇよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR