FC2ブログ

ジュピター


先週末は月が出ていなかったので、夜半には昇ってくるようになった木星の観望。
丁度、おとめ座のスピカと並んで輝いているので美しいです。

北寄りにはうしかい座アークトゥルスも明るく輝いていて、チカチカまたたいていたので「こりゃシーイング悪そうだなぁ」と思いつつ、主砲の10cmF8反射赤道儀を組み立てて寒さに慣らしておきました。



1時間以上待って、木星の高度が上がったところで望遠鏡を向けてみます。
やはりシーイングが……流水の中のものを見るようにゆらゆら。筒内気流かと思って、団扇で鏡筒の中を扇いでみましたが、効果がないようで。
今日は駄目かなと思って見ているうちに、揺らぎが収まってきました。
なんだったんだろう、あの揺らぎは。ベランダ観測所だと、家の中からの温かい空気の可能性もありそうです。

望遠鏡の焦点距離が800mmですから、6mmの接眼レンズをつけて133倍で見る木星は、なかなかシャープ。
5mmのアイピースで160倍にして見てもシャープです。細部を見るには、これくらい倍率を上げても良いかもしれません。
縞模様の不規則な様子も見え、これから好条件の春にかけての観望に期待を持たせてくれました。

画像は低倍率アイピースを使って、コンパクトデジカメ(画像サイズ最大、ズーム)でコリメート撮影したものです。
小口径で見る木星っぽく写りました。眼視ではもっと小さくシャープですが。

地球の直径の11倍ある木星も、可愛く見えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR