FC2ブログ

響け!ユーフォニアム2 第13話 最終回

全国大会を銅賞で終わった、北宇治高校吹奏楽部の皆さん。
田中あすかこと黒パンスト六花副部長(仮)(え)たち、3年生はとうとう引退です。

新3年生のデカリボン優子先輩が新部長、夏紀先輩が副部長に就任。
ああ、これはこの年の金賞はないな(ぇー

新生吹奏楽部のへろへろ演奏を聞いても、「なんですかこれ」とは言わない滝先生。
部員が入れ替わって、リセットされるのが良いところだという副顧問のオバサンの言葉に、にっこり微笑む滝先生。

結局、高坂さんと滝先生との関係には決着がつきませんでした。
第3期のお楽しみでしょうか(?)

吹奏楽部で催した「卒部会」
この2期分の思い出が走馬灯のように流されて、もう3年生は死んじゃうんじゃないかと…。
在学生の演奏を聴いて、涙する中古先輩と小笠原はーちゃん元部長(仮)、に対して終始、微笑んで見ていた六花(仮)

前髪ぱっつん眼鏡先輩(合宿でお手玉してた)が、妙に気になります。
いや、好きとかそういう…のかも。。

あれよあれよと卒業式になだれ込む、準急展開。
別離を惜しむ先輩と後輩たちの中で、そういうのが苦手な六花(仮)は、一人で帰ろうと…
思いのたけをぶつけようと、六花(仮)を探して雪の舞う校内を走る黄前さんを見て、「なになに?恋の相談?」と茶化す六花(仮)、冗談めかしていますが、結構本気だったりするな(確信

恋の相談…「そうです!」と言い切った黄前さん。

黄前さん:
  「私、先輩のこと苦手で嫌いだったかもしれない」
  「でも、今は大好きですから!!(泣)」
  (以上大意)

こ、これは…キマシ(ry
もっと早く、あすか先輩に告ってほしかったな黄前さん。というのは半分冗談で(半分?)
田中あすかと黄前久美子は両想いで終わりました。キマシ(ry
父上の思い出のノートを、黄前さんに渡す田中あすか。「私にはもう、必要ないから」と。

田中あすかのノートに記されていた曲のタイトルは「響け!ユーフォニアム」
結局、このアニメの主役は田中あすかだったんじゃん?!

彼女が大学に合格したのかどうか描かれませんでしたが、全国模試で上位に入るくらいだから、京大あたりに入ったと想像させます。

第3期で、3年生になった黄前さんが部長になって全国で金賞、というのを想像していましたが、しっかり「終」って出たので、もうそれはなさそう。
なにしろ田中あすかが主役でしたから!
彼女のいないこの番組は、コーヒーのないク●ープですから。

  響け!ユーフォニアム 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR