FC2ブログ

魔法つかいプリキュア! 第45話 想いは時を超えて…!友情のかたち!

今週は、いろいろな友情の形を表現していたお話。
コタツに入るマフラーを巻いた校長、なんちゃらクリニックに行った方が良いのでは…(ぇ
クシィとの思い出に浸る校長。。来るべき災いに備えて、禁断の魔法の研究に没頭しはじめ、親友であった校長から離れていったクシィ。

ふと見ると、少し離れたところにバッティさんが傷心状態でうずくまっておりました。
かつては戦ったバッティさんですが、ドクロクシー様を失った今、何を言えた立場だろう。そんなバッティさんをコタツに誘う校長。これも新しい友情の始まりか…と思ったところで、オルーバさんがスパルダさんとガメッツさんを連れて襲来。

オルーバさんは、「闇の魔法の本当の役割を教えてやるよ」と言っていましたが、理屈が多すぎてちょっとわかりにくかった。
かつてラパーパと戦い敗れたとき、オルーバさんはあちこちに「パズル」なる種を播いておいたそうな。
それが闇の魔法一派ということか。

フェリーチェさん相手に苦戦するガメッツさんに、君じゃ敵わないよと冷たく言い放つオルーバさん。
キュアフェリーチェこそ、マザー・ラパーパの力を継ぐ者。…ラパーパそのものではないようですが、シャイニールミナスさんみたいな一部分か、はたまた後継者なのか。

説明の長いオルーバさんの隙を見て、スパルダさんがクシィの本を奪い取る裏切り…というか、最初からそれが目的だったというスパルダさん。
あくまで闇の魔法の復活を目論んでおったようです。

オルーバさん(裸):  
  「虫ケラどもが…」

オルーバさんに戦いを挑むスパルダさんとガメッツさん。プリキュアさんたちが蚊帳の外です。
スパルダさんたちは、販促できないですからね。軽く元の蜘蛛とカメに戻されてしまいました。

人情のようなものが、闇の魔法の欠点らしいです。そういう感情が、ムホーの復活を妨げて不完全なものにしたと。
「友情、人情」の否定かオルーバさん。
感情に足を引っ張られて、物事がうまくいかないこともあるけれど、あくまで友情が大事なものであると主張するフェリーチェさん。
敵さんが現実的なことを言って、それを理想論ではないですけど否定するプリキュアさん、という構図はシリーズ通して変わらないですね。そういうところが熱い、この作品に心惹かれる要因でもあります。

馬車の力で屠られてしまったオルーバさん、デウスマストじゃなかったのか。。
それとも、最終局面で復活してやっぱりデウスマストでした!というのもあるかも。

スパルダさんの蜘蛛、ガメッツさんの亀、復活はしなかったけどヤモーさんのヤモリを連れて何処かへ帰っていくバッティさんの背中が寂しそう。これで再生怪人編は終わりっぽいです。

クシィの本を取り返した校長が、本の冒頭に自分へのメッセージが書かれていたのを読んで感涙。
災いに備えて禁断の魔法の研究をはじめたクシィ、校長を巻き込みたくなかったと。クシィの冷たい態度の裏には、そういう友情がこめられていた。。イイハナシダナー。
このあたりも若干、プリキュアさんが蚊帳の外でした(ぇ

……で、これまでの謎を明かした一篇だったわけですが、ちょっと説明が難しかったです。
オルーバさんも、そんなに大したことは言っていませんでしたし。
ムホーには「友情」のような感情がなかった、だから敗れたとそういうわけですな(大雑把
そういう感情のあった闇の魔法の方々には、まだ救いがあったと。

長文になってしまいましたが、お読みくださりありがとうございます。
次回はクリスマス回。ベニーギョさんのサンタ姿がセクシーで、エンドカードを見るに期待(と体の一部)がふくらみます。
この時期に敵幹部がベニーギョさん一人になってしまったのには、何か意味が? マザー・ラパーパに対する悪の女帝とか(あるある
疑心暗鬼になりつつ次回、今年最後の放送に期待せよ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

バッティさん格好よかったですね

>あささん

なるほど、オルーバさんも見方を変えれば仲間思いですか。「虫けらども」っていう言葉が、悪役っぽさを出していましたが。

ここ数年は和解ENDが多いので、どういう結論に達するのかが楽しみですね。デウスマストと和解ってのが想像できないだけに。。

魔法つかいさんは、シリーズ中で最も暢気な番組かもしれません。でも、予告を見るに年明けには激闘が待って…いるのかな。。?

バッティさん描線が昭和ですよ!理屈をねじ伏せるスーパーロボット風です。

オルーバさんにも心があると思います。オルーバさん仲間思いですよね。闇魔法組達にも暴力をあまり振るわないし。最終回で和解して欲しいです。ラパーパ様は誰も殺さずに自身を犠牲にしました。ムホーも闇魔法も情があると思います。我が儘も強情も心がある故ですよね。

伏線の回収は分かりやすかったです。シリーズでも中々ない丁寧さだと思います。しかも残りのムホーにも出番がありそうです。年始は激闘か?楽しみです。

てっきりラスボスかと

>もぐりさん

あら、オルーバさん神々しいですか。なんかBLに出てきそうだなぁ…と思いつつ見ていましたが(コラ
保護者クレームがきても、すぐには対応できないかもしれません。もう最終回まで作っちゃってあるでしょうから(^_^;)

散りぎわに、なんか火山(?)が噴火していましたが、あれは眷属の復活と何か関係があるのでしょうか。あの満足そうなオルーバさんの表情は、やることはやった、ということなのかもしれません。
しかし残り5話じゃあ、本当にデウスマストの餌になりそうですね。

今回は、闇の魔法一派のまとめ回だったと認識…して良いのかな。。プリキュアさんは、最低限のお仕事でしたし。クリスマスは、放映終了時期からして、クリスマス商戦は不利ですね。

まさかのオルーバ退場

正体晒したオルーバさん神々しいです!
一話で消し去るのは勿体ないような…
もっとも前回、知り合いの女児を幼くして、その生活を覗き見るという変態ぶりを発揮したので、保護者クレーム的に抹殺されたのかもしれません。

情を否定するオルーバさんですが、仲間の復活のためにきちんと仕事するオルーバさん、いいヒトです。
なんだかんだで眷属は全員出るということですね。
プリキュアに瞬殺されるか、デウスマストの餌になるかもしれませんが(笑)
とりあえずベニーギョさんを上回るエロいのも居たらいいですね。

おばあちゃんの同窓会から始まって、各々の絆の話をやった今回ですが、プリキュアさんらは蚊帳の外でした(戦闘面でも蚊帳の外感が…クリスマス商戦前に敢えてプリキュア無視の戦闘に力を入れるスタッフ恐るべしですね)
まぁいっつもベタベタしてるからいいのでしょうか?

我が家にはコタツがない…

>円盤屋さん

こんばんは。
なんか面倒くさいということで、いつ頃からかうちにはコタツがありません。列車にすらあるのに。。

>>62歳未満56歳以上
お祖母さんの自己申告だと、そうなりますね。朝日奈さんのお祖母さまなら、それくらいでもおかしくはありません。70すぎに見えるというのはNGですかね。。

オルーバさんは本当に消滅したのか?怪しい感じもします。このデウスマストが何者かわからん状況では。。
各地の混沌さんも、復活しない者も多そうです。残り5話ではどうにも。。
ドクロクシー一派のほうが、人間的だった…ということで闇の魔法も「情」が入るのがいけない、とオルーバさんが言っていましたが。魔法は感情が入るから良いのだというはーちゃん、微妙に説得力がないような気も。。

クリスマスのサンタコスのために、ベニーギョさんを生かしておいたのかもΣ(゚□゚;)  いや、イケメン眼鏡のサンタも需要はありそうですけど。
ここ数年は、クリスマスから状況が急変するイメージなので、次がその回になりそうです。

こたつ列車は三陸で走っています。

冬場限定でこたつは指定席です。
ちなみにこみなとは電飾列車です。
車内ですが・・・(笑)

と言う事で三十路さんこんばんわ。
おばあさんが小学生から50年経ったと言う事は62歳未満56歳以上でしょうか?
ずいぶん老けていますね。(-_-;)
それにしてもオルーバさんあっけなかったですね。(-_-;)
混沌は世界各地に広がりましたが、富士山が噴火していたのは・・・(?_?)
世界各地に拡散していましたが、スフィンクスとパルテノン神殿だけでは無いと思いますが・・・
感情があった闇の魔法の方々の忠誠心が良かったです。
友情というのはプリキュアさんには欠かせませんね。

クリスマスに向けての舞台は整ったと言う事でしょうか?
今年はプリキュアさんのクリスマスショーが無いのが寂しいです。
ベニーギョさんはそのままの恰好でも大丈夫そうですね・・・(?_?)

なるほど

校クシ本を、煤さんが所望されていると(やめてください?!)

>煤さん

言われてみれば、ナシマホウ界の代表って朝日奈さんしかいないんですよね。お祖母さんが関係あるといえばいえますが。。ここはひとつ、勝木さんと長瀬さんもプリキュア化するしか(ねえよ)
ナシマホウ界へ留学とか仕事とかに来ている人々の決起はありそうな。ミラクルライト振る役とか。

え?ベニーギョさんって17歳なんですか?(やめてください?!)
闇の魔法はもうなくなってしまったので、裏熟女Mu→Hoh(”熟”やめてください?!)

あれ、予告のはーちゃんサンタはスカートでしたっけ?短パンでがっかりしたような記憶が…いや、短パンならむしろご褒美な感じです(ニッチ)

校クシ

年末が楽しみですね(やめてください!?)

> 友情、人情
なるほど、魔法界やナシマホウ界も元々は色んな人たちが仲良くしてましたからね
しかし最終決戦に参加するナシマホウ界代表選手が
朝日奈さんだけなのはちょっと寂しい

> ベニーギョさんのサンタ姿
やっぱり17歳はピチピチでセクシーですね
闇の魔法……裏Mah→Hoh(やめてください!?)
ミニスカサンタでホウキに乗るはーちゃんが気になる感じです

あっけなかったですね

>キュアセブンさん

こんにちは。

オルーバラスボス説、かなりありましたからね。今回もやられ方からみて、まだ死んではいない気もしないでもなく。。

ベニーギョさんだけ残ってしまって、あと5話どうするんだろう。。まだ黒幕(デウスマスト?)も出ていませんし、今期はちょっと遅いかも?

バッティさん、前半戦の悪役ぶりがあったから、今回はなおさら良かったですね。悪役のまま終わらなくて、幸せなキャラクターだったと思います。

オルーバさん退場してしまいました

こんにちは。

オルーバさんが、あんなにあっさりとやられてしまったのは意外でした。てっきり、黒幕だと思っていました。

個人的には、ベニーギョさんとスパルダさんの女性同士の会話のやりとりが見たかったです。

バッティさんが立ち向かって行くところが、かっこよかったですわ。
これだよ、この熱い思いが前半にも終始描かれていたら、想いが強いプリキュア感が出ていたと思います。

Unknown

>nonbonさん

こんにちは。

敵さんの言うことも、あまり間違ってはいないと感じさせるあたりが「プリキュア」らしいですね。
ムホーと魔法はどう違ったんだろう…ムホーは情が全くない(現状)あたりかなぁと。最終局面で変わるかもしれませんけど。

>>災いに抗おうと
前半戦はなんだったんだ…と思わなくもないですけど(ぇ) ドクロクシー一派はボス(クシィ)への忠誠心をずっと変えなかったのは良かったです。再生怪人編も、意味がありましたね。

バッティだけあの姿、というのは違和感あったので、仰る通り最終決戦で何かしら係わってくるかもです。
オルーバもあっけなかったので、このまま終わるのかどうか。。

Unknown

こんにちは

オルーバによる友情の否定にも一理あるのでしょうが、一方でその強さも描かれたあたり、ムホーと魔法は本物・偽物の関係ではなく、根本的に異質なものだったのでしょうか。

ヤモーがドクロクシー人形を作った時は、病的なまでの忠誠心が実を結ばずに残念でした。
しかし災いに抗おうと作られた闇の魔法が、今回オルーバの創ったドンヨクバールを倒すことに繋がったことで、クシーやその配下の活動が一応結実した様に感じます。

バッティがコウモリに戻らなったことも、きっと今後に向けて意味があるだろうと思うので、最後の戦いに絡んでくるのではないでしょうか。

Unknown

>紙粘土さん

こんにちは。

プリキュアシリーズに限らず、友情というのはあらゆる作品のテーマになっていますね。
クサいくらいが丁度良いのかもしれません。

Unknown

こんにちは。

本作に限らず友情というのはプリキュアシリーズにおいて重要な要素の一つでしょうね。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR