FC2ブログ

『まとちゃん』 結城心一


こんばんは。
最近、更新を怠っている三十路です。
え?
なんで更新を怠っているか・・・

 ぶ っ ち ゃ け ネ タ が ね ぇ っ

これはもう、ブロガーの宿命みたいなもんで。
なんとかプリキュアネタを絞りだそうとするんですが、
どうも今の時点では、ネタバレとかなんとか、
新シリーズへの過渡期でもありますし、書きにくい
のであります。

仕方ないので(失礼だな)、漫画本の感想でも・・・。

『まとちゃん』

・・・「まことちゃん」ではありません、念のため。

著者の結城心一さんって、どっかで聞いた名前だ・・・。
と思っていたら、フィギュアファンの間で有名な
『週刊わたしのおにいちゃん』で有名な方でした。

なんで私が「まとちゃん」を購入したかといえば、
ネットのメルマガで勧められるままに買ってしまった
のです。
とはいえ、勧めてくれた書店では買わず、地元の
駅前の本屋さんで買いました。
いや、送料とか高いんですもん。

能書きはこれくらいにして、感想。

 か わ え え 。

ヒロインの「まとちゃん」こと馬頭子は、メガネっ子小学生。
名前の由来は、オリオン座の「馬頭星雲(ばとうせいうん)」
天文好きな親父さんが名づけたそうな。
しかし、まとちゃんはいつも昆虫を見て、触って、
ぶっちゃけキモい小学生になってしまいました。
キモいというより、

 変 態

です。虫が好きだけど、愛してはいないそうで・・・。

制服、スク水、体操服姿を披露するあたり、どういう
方々がこの漫画のターゲットなのか、よくわかります。
いえ、昆虫が好きな方以外にも・・・。

まとちゃんと、級友と、昆虫と、虫嫌いな先生とが織り成す
ギャグの世界。
昆虫と”萌え”を融合させたところに、この本の面白さが
あります。たとえば、可愛い女子小学生と不気味な昆虫。
この取り合わせはちょっとしたアイデアですぜ、旦那。

1,000円もする漫画本ではありますが、
そういう属性のある方には安い買物ではないかと。
え?私ですか?
か、かわいいけど・・・かわいいなあ・・・(なんだそれ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR