FC2ブログ

頑張っちゃった・・・ プリキュア SplashStar 第46話


二人でダークフォールに乗り込んで、キャラフェを
奪還しようと決意した満と薫。

満:「もう、咲たちと会えないわけじゃないけどね」
薫:「帰って来るんだから」

気休めです。二人とも、いつの間にか人間らしくなりました。
死地に赴く前に、せめて咲と舞、みのりに会いたいという
気持ちが現れまくり。

みのりが絵を描いて見せてくれました。
みのり:「ほら、こっちが薫おねえさんで、こっちが
     満おねえさん」
満、良かったね。初めてみのりに名前を呼んでもらえて。
みのりを見る薫の表情・・・すっかり「デレ」です。

みのり:「皆でまた、絵を描きにいこーよぅー」
満、薫:「ええ」
しかし、二人の暗い表情を咲と舞は見逃しませんでした。
帰り。
みのり:「絵を描きにいくの、約束だよ?」
満、薫:「ええ」
・・・満サン、薫おねえさん、さっきからそれは駄洒落ですか?

何か、言いたい事があったのでは・・・心配する
咲と舞。予感は当たりました。

トネリコの森。
ダークフォールに行こうとした満と薫は、咲と舞に見つかりました。
咲:「なんでひとこと言ってくれないの?!」
満:「ダークフォールを知り尽くした私たちが、キャラフェを!」
舞:「もう、嫌なの。前に二人がいなくなった時、誰も
   二人の事を憶えていなかった。あんな寂しい思いは
   絶対に嫌!」
トラウマです。

皆で力を合わせて、という意見が出ると、
薫:「みのりちゃん・・・」
咲が倒れれば、みのりが悲しむ。それだけは!
・・・薫、お前やっぱりみのりをゲフンゲフン!

しかし結局、「皆で戻って来る」という皮算用で、四人で
ダークフォールに乗り込むことに。
フラチョピ:「フィーリア王女、行ってきますチョピ」
(コロネの中の)王女:「くれぐれも気をつけてください」
え?!あんた行かないのか!

ダークフォール。
咲:「こんなに広いのに、どうやってキャラフェを探すの?」
フラッピ:「あっちラピ!」
あっさり見つかりました。キャラフェは岩の上に。
モロに罠くせぇ。
満:「ゴーヤーンの気配はないわね」
キャラフェを取りに行こうとして、地下から出たゴーヤーンの
手に、満が脚を摑まれてしまいます。何とか振り払いますが・・・。

ゴーヤーン:「お待ちしておりました、うっへっへ」
四人はいつの間にか、アクダイカーン様の御前に。
アクダイカーン様:「こざかしいわ!」
満と薫をふっ飛ばします。 怒りをこめた、

 デ ュ ア ル ス ピ リ チ ュ ア ル パ ワ ー

ブライト:「満と薫を、よくも!」
アクダイカーン様:「満と薫?我がために動かぬならば、存在
           せぬも同じこと」
満、薫:「!!!」
勘当された。

アクダイカーン様:「プリキュア、お前たちさえいなければ、全てを
           滅びの世界に出来る。ふおあぁ~~!」
パワー発射。
バリアで防ぐプリキュアですが、アクダイカーン様のパワーに
かなうはずもなく。
プリキュア:「えひゃい!」

それでもブライトは、肉弾特攻しますが、簡単に指一本で
弾き返される様が何だか可愛い。
ウィンディ:「風よ!」
アクダイカーン様:「ぐはぁ!」
初めてウィンディが戦力になった!
しかし決定打には程遠く。

アクダイカーン様:「満、薫、逆らっても無駄だとわからぬのか」
満:「この命があるから!」
アクダイカーン様:「命だと?命などいずれは無に帰す
           儚く弱いものだ」
満、薫:「命には限りがあるからこそ、強い!」
・・・二人とも、番組の最期がわかってる。

アクダイカーン様:「我は全てを滅ぼす!」
満、薫:「でも、この命を与えてくださったのは、アクダイカーン様」
アクダイカーン様:「ち、ちがう!我はただ、全てを滅びに
           導くために、貴様たちを作ったにすぎぬ!」
ブライト、ウィンディ:
 「滅びどころか、満と薫という素晴らしい命を生み出した!」
カレハーンたちの立場無し。

アクダイカーン様:「なにぬね!」 怒り爆発。
一目散に逃げ出す四人。
嗚呼、慣れ親しんだダークフォールのアジトが崩れ去る・・・。

そして、崩れた岩の向こうから巨大なアクダイカーン様が。
果敢に挑むプリキュアですが、全く歯が立ちません。

アクダイカーン様:「全て滅びよ!」
ムプフプ:「スプラッシュターン!」

ブライト:「光よ!」
アクダイカーン様:「ほげぇ!」
そして・・・

 ス パ イ ラ ル ス タ ー ス プ ラ ッ シ ュ

アクダイカーン様:「どうりゃぁ!」
スパイラルスターが破られた・・・。
しかし、満と薫がバリアでプリキュアを守ります。
四人でバリアを張るも、吹き飛ばされて、そのまま次週へ。

次週、最後の戦士にして黒幕登場。
咲:「あ、あんたは・・・!」


しかし、EDをはさんで無情にも

yes!プリキュア5

の宣伝。
「みてみてみてね!」
何だこの暢気な声は。
ヘソ出しルック復活に、スタッフさまのヤケクソぶりを見た。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ちょっとダレました

おおさきさん、こんばんはー。

今回はあまり印象に残ることが無かったような。。
せいぜい薫おねえさんの、みのりへの反応とか
それくらいで・・・。
とくに後半は作画が。SSはあまり作画が
悪い事は無かったんですけどね。。

満と薫が駄洒落を言うはずがないんですが、
あの場面、2度も「ええ」があったので
茶化してみましたw

今回は初めて「プリキュア5」の映像が
流れたので、そっちに気を取られてしまいました。。
ヘソ出し・・・大丈夫なんでしょうか。。

いよいよあと1か月…

大変遅くなりましたが、先週分の感想を。
といっても、この回は殆どバトル中心でしたから、特にツッ込むことがないんですよね(笑)。



ただ、ある場所でも書かれてましたが、満&薫は「ダークフォールは知り尽くしてる」と言いつつも、あっさり罠に引っかかってしまった辺り「お2人、説得力がないんですけど…」と思いました。

>みのり「また絵を描きにいこう!」
>満&薫「えぇ…」
>それはシャレですか?
確かに、私も見ていてそう思いました(笑)。



今回は上でも書かれていますが、作画もアレでしたし、何より「プリキュア5」の映像が初めて流れたことから、完全にS☆Sはそっちのけな感が否めませんでした(汗)。プリキュア5の印象としては、ちょっと流れてた「BGMのノリ」と「ヘソ出しルック」を見る限り、初代プリキュアへの原点回帰という感じですね。

Unknown

夏パル都さん、申し訳ございません。
さんが抜けてました。
本当にスイマセン。。。








吊ってきます。

Unknown

こんばんわ!
自分も夏パル都と同じく、最終話が終わった頃には
自らの秘孔を突き、天高く拳を突き上げているでしょう(笑)

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!

夏パル都さん、明けましておめでとうございますw

いよいよ残り3話となりました。
プリ5の宣伝が入るようになってやっと、SSが
終わるのだ・・・と実感しました。
私も同じく認めたくなかったですから。。

でも、やっぱり古い番組から忘れていく運命
なのでしょう。咲、舞・・・そういえば、そんな
いい子がいたなあ・・・とか。

きっと最終回にはジーンときてしまうでしょう。
それはSSファンなら大体同じ?
別にキモくはないですよw

あと、夏パル都さんの咲たん中毒は、何を今更・・・
って感じでw
あと3話、頑張って応援しましょう。

愛着ですねえ

暇人さん、こんばんは。
お返事遅れました。。

そうですよね・・・。
やっぱり1年間楽しませてくれた咲と舞ですから、
終わってしまうのは寂しいです。。
残り3話、頑張ってほしいものですね。

コミック2巻は、出るのかどうか・・・。
個人的には、ビジュアルファンブックをきちんと
発売してほしいですw

実感が無い

どうもこんばんは~

そして改めて明けましておめでとうございます(遅っ!)



いよいよ残りは今月を残すのみ…。

ここまで佳境に来ても、プリキュア5の番宣があっても、まだ終了するという実感が沸きません。

ただ単に現実を認めたくないだけです…多分…。

咲舞を忘れる事は無いでしょうが、徐々に記憶が薄れる事を思うと悲しくて仕方ありません…。

もちろんプリキュア5が悪い訳ではありません。

ただ…今こそ悟りました!私はS☆S(咲たん)依存症です!

我が生涯にこれ以上の作品なしー!!(某世紀末覇者風に)



本当に最終話には大粒の涙を流すことでしょう。

以上キモい男のカキコミでした。

Unknown

お久しぶりです。
あと3話でスプラッシュスターが終わってしまうと思うと、寂しいものです。
新作プリキュアを早く見たいという気持ちもあるのですが、やはり愛着のある咲や舞がテレビから卒業してしまうのは悲しいです。
コミックの二巻も是非発売してほしいですね。

待て!次週

天使湯さん、こんばんはー。

今週はどうも、作画はいまいちでしたし、お話としてもどうも・・・。
「yes!プリキュア5」の宣伝の方が目立ってましたからね・・・。

あと3話、気合の入ったお話に期待してます。
ゴーヤーン・・・キモいですねえ。

次週を待て!

次週を待て!!ですね。
確かにカレハーン達の立場は無いですね。(苦笑)

次回のあれがゴーヤーンの本来の姿なんでしょうね。

Yesプリキュア5は楽しみです。
こちらの世界でも、プリキュアは「伝説の戦士」に
なるみたいですね。その伝説とは一体何処からきて
いるのかな?謎ですね。
プロフィール

四十路

Author:四十路
10万4?歳

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR