FC2ブログ

皆既月食観望…2015年4月4日


ツイッターが使えないので、状況がわからないのですが、私の観測場所では、まるっきり月が見えません。雲が薄くなっている部分もあるのですが、かなり雲が頑固です。灰色の空とにらめっこが、もうしばらく続きそうです…


■追記
という状況が続き、皆既食も過ぎたし寒いからもう諦めようと思っていたところ、雲の薄くなったところに皆既から復円する部分食を見ることができました。
21時25分撮影。厚い雲をかきわけて、ようやく見えた感じです。
欲をいえば、欠けた部分が赤く写ってくれたら…というところ。デジカメのモニタには赤っぽく写っているように見えるのに。

その後はベタ曇りに戻ったので、残り1時間ありましたが切り上げました。
あ、なんかサムネだと赤っぽく見えますね。



1989年2月20日の皆既月食のときと同じく、執念です。

これを書いていた21時58分、さらに影から抜け出した月が見えて撮影。



執念というか、意地だよなあ。。

ベランダ観測所で

口径8cm反射が泣いてるぜ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

西日本はお天気が…

>あささん

こんばんは。

雨と風で、桜も散り気味ですよね。桜吹雪が舞っています。
天体観測、それも日食や月食というのは「その時刻」に晴れていないとアウトで、そこから喜びや悲しみが生まれるんですよね(しみじみ
あの曇りようだと、まず諦めますよね(^_^;) 粘り強いと言いますか、往生際が悪いと言いますか。。

欠けた部分(太陽光線による地球の影の部分)には、地球の大気を長く通り抜けた光が屈折して入りこむのですが(大気がレンズの役目)、波長の長い赤系統の太陽光線だけが入りこむため、月食中の月が赤く見えるのです。月面に立って見ると、きっと地球の周囲が赤いリングになった皆既日食が見えると思います。夕陽が赤く見えるのも、同じく大気の中を長く通った光が目に届くためです。太陽が頭の上高く見えているときは、大気の影響が小さいので、白っぽく見えます。絵に描くとわかりやすいですが。。

大阪は雨です。雲だらけ・・・。

三十路さんこんばんは。大阪の桜も雨で散ってしまいそうです。天体観測などの自然が対象の観察は難しいですね。三十路さんの粘り強さに脱帽です。

きっと長年観測を続けてきた三十路さんに雲が遠慮したのだと思います。

何故欠けた部分が赤く写るのですか?良ければ教えてください。

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR