FC2ブログ

14歳になっちゃた・・・ プリキュア SplashStar 第40話


美翔家。

舞に内緒で舞の誕生パーティーの計画を練る
美翔母、和也、咲。
舞にバレそうになった時の母と和也の引きつり笑いが
印象的です。


ダークフォール。

アクダイカーン様も、今までの敵幹部の失敗にイライラしてます。

アクダイカーン様:「何をしておるかキントレスキー!」

怒り爆発で吹き飛ばされるキントレスキー。

キントレスキー:「次が私とプリキュアの最後の闘いと
          なりましょう。この命にかえても  
          必ずや!」

学校。

咲:「というわけで、舞の誕生パーティーよろしく!」

仁美、キャッチャー、メガネ委員長、健太・宮迫:
「頑張ろう、おー!」
宮迫、すっかりレギュラーだな。
そこへ舞が。
何とか誤魔化す咲たちですが、メガネ委員長ばかりが
目立ってる気がする。

咲は、舞の好きなこと=絵を描くこと、という当たり前な
ことを聞き出します。
舞が、絵を描くことが好きになったきっかけというのが、
両親にその日あった出来事を教える絵手紙であったことだそうな。
回想の、幼い舞が、食べてしまいたいくらい可愛い。

その夜、咲は舞の絵を描いてプレゼントすることにして
描き始めますが・・・

フラッピ:「美味しそうな茄子ラピ!」

咲:「これ、舞なんだけど・・・」 どう見ても茄子です。

フラッピ・ムープ・フープ:「えぇーーーーっ!」

精霊にバカにされてやがる。そこへ、みのりが。

みのり:「描きたいものをよーく見るのがコツだって
      舞お姉ちゃんが言ってたよ」

翌日から、咲の「舞ウォッチング」が始まります。
登校中、授業中、休み時間・・・舞を怖い顔で観察する咲。
まんざらでもなさそうな舞が、ちょっと怖い。

咲:「よーし、特徴を掴んだぞ!」

早速、大空の樹の下で絵を描きます。そこへ、キントレスキー登場。
しかし、今は闘う気はありません。
咲の絵を見て、キントレスキーも汗をかきながら呆れまくり。

キントレスキー:「こんな細い脚で身体が支えられるか」

筋肉バカらしい科白です。

咲:「描き直せばいいんでしょ!描き直せば!」

なにも、泣かなくても・・・。

キントレスキー:「今夜は冷えそうだ。身体をこわさぬようにな。
          明日は万全の状態のお前たちを倒すのだからな」

咲:「はいはい。え?」

この辺のやり取り、とても敵同士とは思えません。
まるでお友だち気分で会話してます。

翌朝、咲の元へキントレスキーから決闘を申し込むという
手紙が届きます。絵を描くコツまで書いてあり、親切です。
キントレスキーの素敵な自画像も。

咲:「う、上手い・・・」

感心してるんじゃねぇ。

舞のところへも、同じような手紙が届いたという。
空気の読めないキントレさん、舞に咲が絵を描いてることでも
バラしたのでは・・・と思いましたが杞憂でした。

二人は、決闘の場所に指定された浜辺に急行。
キントレスキーは既に準備万端です。
もしもプリキュアがキントレスキーに勝てたら、潔く最後の
奇蹟の雫を渡すという。

変  身

キュアブライトとキュアウィンディ。

キントレスキー:「いくぞぉ!」

キントレスキーの身体が変化して、見るからに強そうな悪役に。
彼のパンチは、コンクリートの壁を溶かすほどの威力です。

キントレスキー:「ぬあたぁ!」

ブライト、ウィンディ:「えひゃぃ!」

キントレスキーの攻撃の跡は、溶岩のように溶けてます。
今までの敵幹部とは、桁違いの強さです。これにはプリキュアも
逃げの一手。

キントレスキー:「私がその気になれば、緑の郷など一瞬で
          消し去ることが出来るのだ」

やばい、プリキュアに勝ち目はありません。

ムプフプ:「スプラッシュターン」

キントレスキー:「どうりゃ!」

ブライト:「光よ!でやあぁ!」

ウィンディ:「風よ!はああっ!」

キントレスキー:「うおぉ?!」

肉弾戦ではないものの、凄まじい闘いです。
やれば出来るプリキュア。

キントレスキー:「嬉しいぞプリキュア。私の全てをぶつける相手。
          いくぞぉー!」

突撃するキントレスキーに容赦なく、

ス パ イ ラ ル ス タ ー ス プ ラ ッ シ ュ

必殺技直撃にも係わらず、

キントレスキー:「うわありゃ!」

必殺技を破った!・・・と思いきや。

キントレスキー:「天晴れだプリキュア。約束どおり、これは  
          くれてやろう」

奇蹟の雫を落としながら、粉々になっていくキントレスキー。
最後の最後まで、男らしかった。

キントレスキー氏 散華

ブライト:「元の姿に戻ったんだね・・・」

降りそそぐ金粉。早く集めろ!と思った私は欲張り男。


夕方の美翔家。

キントレさん死亡にも係わらず、暢気に誕生パーティー。

一同:「お誕生日、おめでとう!」

家族、級友からプレゼントをもらって喜ぶ舞ですが、
咲が絵をプレゼントしたときの異常なまでの喜びようは何?
ほかの人と差をつけすぎ。
えこひいきしつつ、ハッピーエンド。

 『ガンバランスdeダンス』のCDのCM直後にエンディングテーマ
  が流れ出す効果的な構成に、思わず吹いた。

次週予告。

何故かカレハーンとモエルンバ。生きていたのかお前ら?!
ミュージカルショーに栄転じゃなかったのか。
モエルンバのデコに何か付いていたのがちょっと気になりますが、
番組も終盤戦に入って、「まとめ」っぽくなって寂しい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

キントレさん

おおさきさん、こんばんはー。

キントレ兄貴・・・最終形態はどうかと思いましたが(笑)、潔さを貫いた男でした。
緑の郷などいつでも消せる力を持っていながらそれをせず、敢えてプリキュアさんとの勝負に徹したところが悪役っぽくなかったですね。果たし状の自画像が異常に上手かったり、多芸多才な男でした。。舞さんへの果たし状には何が描いてあったのか、とても気になります。。
愛される悪役というのも、プリキュアさんらしいですw

今回の舞さんは、本当に首傾げが多かったですね。
作画もまあ、そこそこではなかったかと。
みのりは・・・私は普段の髪型が好み(ヲイ
カオルお姉さんが夢中になるのも無理ないかとww

やはり、ジンクスは生きていた…

今さら先週の感想で、本っっっ当に申し訳ありません(大汗)。

キントレスキー、今回の名ゼリフ:………全部です(笑)。
とにかく、最終決戦前なのにゴーヤーンに腹筋のアドバイス、敵である咲にも絵のアドバイス、咲&舞への果たし状、そして最後の「約束どおり、これはくれてやろう」………三十路さまや皆さんのコメントにもあるように、最後まで”漢”を貫き通したキントレスキーの散り様に、思わず涙しました(笑)。こんな憎めない悪役は、昨今のアニメでもそうそういなかったでしょう。キントレスキーよ、永遠に…。

そして本来の主役だった舞も、ホントにかわいかったですね~。何度か見せた、あの「首傾げ」がたまりませんでした(笑)。でも、それ以上にかわいかったのは髪下ろしみのり(←ヲイ)。

タイトルにもあるように、今回の作画はどっちかというと微妙でしたが、それでもあの壮絶なバトルのおかげで帳消しになったというか、許容範囲でした。やっぱり、プリキュアのバトルはこうじゃなくちゃ!

次回は(っていってももう放送されてますが…)いよいよカレハーンとモエルンバが復活ですね!ただ、最近DVDで見てるのであんまり懐かしい感じがしないんですが…(笑)。

大きなお世話サマー

m-ohgiさん、こんばんは。

なんですか、その書き込みは・・・。
私はそれを見てはいないのですが、随分と乱暴なw
誰がどの番組を観ようと、勝手ですよねー。
Hな本を見る男性を毛嫌いするヒステリックな女性
みたいな意見ですね(どういう比較・・・

同人誌即売会などは、一種異様な雰囲気で、小さいお友だち向けでないものも沢山あります。ああいうのもやっぱり許せないんでしょうねえ。。。

気にせず、プリキュアさんを応援しましょうw

左遷ではありません(笑

大和侍さん、こんばんは。

>漢
キントレさんにピッタリの言葉ですね。彼は清々しい存在でした。うほ!いいアニキ(ぇ

>カレっちとモエルンバ
いえ、本当に穴埋めっぽいですよ?!3日にはミチカオがゲフンゲフン! カレハーンとモエルンバは、各地のイベントに栄転したのです。ドロドロンなんか、イベントに出してもらえませんから。。

>映画
おぉ!公開初日に行かれますか!姪っ子さんがいていいですね・・・。あ、でも後日お一人でも行かれるとの事。ファンの鑑ですね。私も最後の・・・いえ、応援に行かなければ。。
オッサン同士、頑張りましょうw(失礼な。。

差別

公式HPの゛けいじばん゛に「プリキュア」は女の子が観るもので男の子は観たり書き込みをしてはならない、そういうことをしたければ全てのキャラクターグッズを購入、各イベントに参加しなければその資格はないと。案の定たたかれていましたが。余計なお世話ですよね。蒲田とか東京ビッグサイトなどでのぷに系同人誌即売会ではほとんど30~40台の男ばっかりでした。

映画公開までカウントダウン!

久しぶりにカキコします。
キントレさんがウザイナーを使わずに、正々堂々と真っ向勝負!
真っ直ぐなキャラが時々笑えたけど、「漢」という
一文字で表現できる存在だと思います!(合掌)
次週はカレっちとモエが久しぶりの登場ですね。
それについての三十路さんのコメントが笑えたw

>満と薫が戻ってくるまでの穴埋めっぽくて…

>何故かカレハーンとモエルンバ。生きていたのかお前ら?!
ミュージカルショーに栄転じゃなかったのか。

どう考えても左s(ry…

いや止めておこう。カレっちとモエのファンに失礼だ。

エンディングの画面が音声付きの映画案内でした。
三十路さんのアドバイス通り、公開初日に姪っ子と観に行きます!
姪っ子と観に行った後、改めて一人でも観に行く決意です!(大きなお友だちだけど気にしない♪)

榎・・・じゃなくて美翔さんおめでとうー

夏パル都さん、こんばんはー。

>カワイソ萌え
これは舞さんの真髄だと最近悟りました。メイン回になるはずが、咲に持って行かれたり、キントレさんに持って行かれたり・・・。しかし今日の舞さんは、セクシーな感じが。。。
今週の欽ドン賞は、健太・宮迫に新作ギャグをプレゼントされた舞さんの「あ、ありがとう・・・頑張って聞くね・・・」に決定(笑

>キントレさん
最後まで、かっこよくて面白い奴でした。まさに「惜しい人を・・・」という感じです。キントレさん死亡直後に舞さんの誕生パーティーというのは、頭の切り替えが難しかったです。

>みのりたん
相変わらず、可愛いですねえ(ヲイ
とくに「果たし状」を咲に渡したとこが・・・。髪をおろすと、それなりに小学生に見える子ですねw

>カレハーン・モエルンバ
満と薫が戻ってくるまでの穴埋めっぽくてカワイソ萌えw モエルンバの頭にくっついていたゴーちゃんの子供みたいなのが無性に気になります。「久しぶりだな、プリキュア」とか言って登場してほしいです。間違っても、ゴーちゃんに操られたゾンビみたいな登場は勘弁・・・。

祝!カレっちも復活!

三十\路さんこんばんは。

まずは舞さんお誕生日おめでとうございます(正確には明日ですが)。

今週も面白かったですね!でも友人とも話していたのですが、舞の誕生日話なのに咲描写のが多い気がしましたね。そんな舞たんにカワイソ\萌え。

筋トレさんの最期は、「漢!」な散り方でした。ホントに惜しい人を亡くしました。

絵を書いている咲の前に現れたときも最期という感じや緊張感がなく絵の書き方までレクチャーする始末。マルチなんですね…筋トレさん。



あと今週はパジャマ姿のみのりたんが!(´Д`)マジカワイイ…(ォィ)

さすがは咲たんの妹です。実際にあんなパン屋があったら毎日行きますね!



来週はカレハーン&モエルンバが復活する模様。

楽しみです。なんだか随分昔のような感じがします。特に2話で「カレっちとよんでくれ。」 のセリフからカレハーンの復活を希望していたのですが…咲たのむ!一度でいいから「カレっち」と呼んでくれ!

あとモエルンバの額に付いてたゴーヤーンの顔は一体?
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR