FC2ブログ

窓をあけてドアをあけて(鬱注意)

不安障害、まだまだ気が抜けない状況が続いております。

さっきも夕食後、「これは駄目かもしれない」と恐怖を感じ、急いで服薬。
大事には至りませんでしたが、ここ数日は小康状態を保っていたのでショックでした。

まあ、「ダメかもしれない」と思った時点で暗示にかかっているわけで。
気を逸らそう、紛らわせようとあがけばあがくほど、引きずり込まれる蟻地獄。

近々心療内科へ行くので、先生に相談してみよう。
もっとも主治医とてどうしようもないとは思いますが。

「ダメかも」と思ったところで、踏み止まれる力がほしい。
苦しいことではあるけれど、これはもう経験を積むしかない。
自分を甘やかせば甘やかすほど、自分のできる範囲が狭まってしまう…

ただ、現状自らに鞭を打っても逆効果だとも思う。
じっと我慢する時と、エンジンかける時、メリハリが大事。

理屈では、交感神経と副交感神経、セロトニンがどうとかわかっているけど、
そのような知識があってもコントロールできないのが「病」というものなのでしょう。

「気の持ちよう」と言われると、大抵の患者さんは怒ります。
しかし、気の持ちようで改善できるというのも、あながち間違いではありません。
「病気」でない人には、それが比較的容易にできるというだけの話。
訓練次第で、「病気」の人にもある程度は出来るようになると、私は信じています。

1994年、21歳~22歳の若者だった頃によく聴いた歌。
高校は出た、でも浪人して予備校通いをしていた頃でした。
吐き気に苦しめられながらも、前進することのみ考えていた若さは、かけがえのないものだった。
とにかく大学に入りたい、その一心でした。

当時の友人は、21世紀に入ってからほとんど私から縁を切った。
「病気」について、無理解な発言をされて立腹したことが多かったのです。

しかし、友人にしてみれば「こいつに何か言ってやれることは何だろう」と
悩んだ末の発言が多かったと、今ではわかる(勿論、そうでない人もいたけど)

精神的に参ってしまっている人には、何を言っても通じない。
ただ、自分の苦痛と戦っているわけで。
バスに酔って苦しんでいる人に「飴なめる?」と言っている弁当屋の娘さんのような(ぇ

いや、あの「飴なめる?」というのも、苦しんでいる人を特別扱いしない優しさの
あらわれであると思う。

かける言葉に困った末に、一般的なことを言わざるを得なかった元友人には
悪いことをしたものです。
せっかく手を差し伸べてくれたのに、「健常者の無理解」だと邪険に振り払ってしまった。
本当は、応えるだけの力も勇気も無かったのです。
(自分の弱点をはっきり指摘されれば、怒るのが人情でもあります)
友人を失ったことは、高い授業料であった…

一方で、あれはあれで仕方がなかった、という気持ちもあります。
自分なりに苦しんで、何かを掴もうとしていた時期でもあったし。
私はパニック発作で苦しんでいる様子を、友人たちに見せることはしなかったし。

発作に苦しむ患者を見れば、とても「気の持ちよう」とかそんなレベルでないことは
先日のオヤジの反応からもよくわかります。

その上で、薬の力を借りつつ対策を考える…容易な事ではありません。
とうぶん、苦痛は続くと覚悟しなければ。
いや、そんなことを忘れ去ってしまえば楽になるのですが、それが出来ないのが
「病気」なのだと思います。

大事なのは、人生を悲観しないこと。
無茶に前進しようとする、という意味でなく。
上手く病気を付き合っていく、というくらいのパワーを常に発揮できるようになりたい。


※ここに書いた考え方は、あくまで私個人についてのものです。
不安障害やその他の患者さん皆に当てはまるものではなく、病気の種類、病状によって
大きく状況が異なるということを、念のために書いておきます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

よくあることです

>あささん

イライラすることは、誰にでもあることです。
予定外のことを要求されれば、「え?」ってなりますし。そのこと自体は、珍しいことではないと思います。

私とあささんの病気は、というより人それぞれ違うわけですから、この記事で私が書いたことが誰にでも当てはまるものではありません。最後に注記しています。

あくまで「私個人」が暗示にかかりやすく、そのために悪い症状が出ることは否定できないということです。
気を紛らわすとか、良い暗示(おまじないとか)をかけることで、「私個人」は発作を抑えられるようになりたい…と思っているだけで。
あささんの病名を聞けば、とても暗示とか気のせいとか言っていられません。お医者さんとよく相談して、治療なさってください。

私は決して積極的に行動はしていません。していたら、今頃治ってるかと(^_^;)
人生は失敗し続けて、できるだけ同じ失敗を繰り返さないように悪あがきするもの…じゃないかと思うのですけど。。

長いけどお許しを・・・。

今日私は難波へ出かけました。

夕方に電話がかかってきて用事を頼まれました。最初の電話で断ったのに何度もかかってきたので凄く辛かったです。イライラして大声を出したり頭が熱くなったり。予定に無い行動を取ることが難しいです。

症状が出ているときは話し合いも難しいです。自分をコントロール出来ません。

精神病患者以外の人に病気の事を言いたくありません。伝わらないからです。それは症状だからとか気にしすぎとか良く言われます。

暗示とか気のせいとかとは違うと思います。

なんでとかどうしてとか思いますが抜け出せないです。

三十路さんは積極的に行動されるので参考になります。失敗日記ですが挑まれたからこそ失敗したのだと思います。

PS 西脇唯さんの写真に見覚えが・・・持っていた。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR