FC2ブログ

茜色のふたりの刻 (富士山)



海に行った。
この海は、失恋の海(東京湾だろが

失恋をしては、よくこの海に来て泣いたものだった。

たとえば、2001年の今頃・・・若かったな、あの頃は・・・。ただ好きだというだけで、自分の暴走を止める事が出来なかった。子供のように泣いたあの日を、今でも忘れない。

そして今年の3月・・・。自分の生き方を否定されて、立ち直ることが出来なかったものだ。一時は、その女性を恨みもした。だが、それが彼女の優しさだと信じようとした。いや、信じたかった。その人の名は、(ピ~~~!)強く、美しい女性(ひと)よ。

三十路の心の中にいる大切な人・・・今まで沢山の失恋をしてきたけれど、みんな三十路の心の中に生きている。今でも大切にしている。
この海に来ると、いつもそんなことを思い出すのである(洒落になってない
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR