FC2ブログ

走れ親不孝者(鬱注意)

「介護から逃げるな」
そんなお叱りも聞こえてきますが。
ワシは自分に出来るだけやればいいじゃないか、今まで必要以上に気負いすぎだったんだ。
そう思う今日この頃。

両親は、会う人ごとに「次男が本当によくやってくれる」と言います。
ワシとしては、それはあまり嬉しくなかった。
「よくやってくれる」→だからこれからもちゃんとやれ。
そういう思考回路で。
実際、伯母からは直々に「よろしく頼む」と頼まれました。

しかし、よく考えてみると、ワシが出しゃばったためにオヤジが何も出来ない病人になって
しまったのではないか…足を引っ張ったのではないかと。
ケアの美魔女さんも、なるべく父に自立させる方へ考えているようですし。

若い人と違って、あまり腫れものに触るように大事にしていると、本当に一生介護が必要な
老人になってしまう。そんな危機感を覚えはじめているのも事実です。
ワシが逃げているだけじゃない。

「俺が倒れたら、かえってオヤジはしっかりするんじゃないか」と、言ってみたことがあります。
「脅しを言うな」となじった母上。
あの言葉が、心に突き刺さって消えなくて。
ワシは死ぬまでコキ使われるんだな…と思ったものでした。

昨夜も、もう死んじゃおうかな…と、ワシらしくない弱気な心にとらわれたり。
あれほど「絶対に生きのびてやる」と思っていたのに、何でこの程度で。
貴様の執念などそんなものか?
案外、こんな程度で発作的に…というのも結構あるのかもしれない。。

「あなたが倒れたら、お父様も倒れるのですから」
そういうキビシイお言葉も頂きました。
だからこそ、倒れない程度に自分をセーブしないといけない。

親不孝者といわばいえ。
ワシ自身、生きることに精一杯なのだ。
何もしないわけじゃないんだから、それで良いのだ。

倒れるまで頑張らないと親不孝者、でも倒れたら家族全員が…そういうジレンマ。
もしかすると、ワシも鬱に近い状態なのかもしれない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

なんとかなるでしょう

といういい加減な気持ちも必要かなと。

>ユキヲさん

私は何も押し付けられてはいないのです。自分から進んでやっていたのが、ちょっと疲れちゃった、みたいなモノです。
家族も疲れていますから、ついキツめな事も言ってしまう場合があります。

そうですね、生きなければ面白くありませんし。
今、どうなるものでもありませんし。
後回しで良いものは、後回しで良いんですよね。

とりあえず、今は非常事態。戦時中のようなものかと。
腹がへるうちは、たぶん大丈夫です。ずいぶん痩せましたが、糖尿病・腎臓病予備軍としては、むしろ好都合でしょう(^_^;)

いつも励ましてくださり、ありがとうございますm(_ _)m

当事者以外

当事者以外…というか、三十路さんご本人以外、三十路さんを責める権利はありません。いや、三十路さんを客観的に見ている『もう一人の』三十路さんにさえ、三十路さんを責める権利は無いと思います!
第三者が自らの正義を振りかざして、渦中で必死にもがいている人間を責める、権利も資格も無い。
外野の無責任な『正義感の押し付け』は、即刻止めていただきたいです!

…スミマセン、熱くなってしまいました…

三十路さん。
身内を含め、周囲の辛辣な意見は真正面から受け止め過ぎないようになさってください。
まずは、三十路さんご自身が生き延びる事です!これは、お父上にもお母上にも言える事です。まずは、自分自身が自分自身で生き延びる事。

生きる事がツラくなってしまう時…諦めてしまいそうになった時は。『とりあえず、後回し!!』

何でも、ソレで乗り切りましょう。
流行語と、真逆です!『今なの??』と自問自答してみましょう。本当に、今の今必要なのか考える。今でナイなら、後回し!!切羽詰まって追いつめられた状態で、判断しちゃダメです!

生きましょう。まず、今を生きましょう。今を重ねて、今日を生き抜きましょう!

離れていて何もできない、かも

>すがりさん

嗚呼、その最悪です。「はい」しか言いようが無いですから。
伯母は病院に見舞いに来て、母親にお金を渡し、介護用品をいくらか送ってくれました。
それだけです。
まあ、次男がよくやってくれるから、口出し無用だと思っているのかもしれません。
悪く言えば丸投げですが、伯母に悪気はなくて、出しゃばりたくない、義妹(母)の面子にも係わる…とか思っているのかもしれません。

「あのときよろしく頼んどいただろ」とは言わないと思います。
希望的観測ばかりのようですが、伯母の人柄を考えると、そうなります。

ケアの看護師さんは、本当に親切で、しかも客観的に意見してくれるので助かります。
今、一番頼りなのが看護師さん、あと精神科医(父の)です。そういう外部からの意見を聞くと、なるほどなぁと。
家族内、親戚内で解決できるほど甘くはないですね。。

ありがとうございますm(_ _)m

いえいえ、ありがとうございますm(_ _)m

>まぐろ猫さん

こんにちは。

>>家族の枠内で物事を済まさない
はい。老人介護の看護師さんには週に2度来てもらっていますし、心療内科にも相談に行きはじめました。
家族という狭い中で物事を判断するのは、とても難しいです。
だから、重要な話は(別居している)長男を呼んで話し合うようにしています。
ケアや心療内科も、可能な限り利用したいと思います。

父の鬱病が良くなってくれば、私の負担もかなり減ると思います。時間はかかると思いますが、父を急かすことは厳禁だと心得ております。

自己愛は人一倍、強い人間なので私…恥ずかしながら。。たぶん、押し潰されてしまうことは無いと思うのですが、一昨日のように死んでしまおうかと脳裡をよぎったというのは、何か余程辛いのかなと思いました。

自分で自分を追い詰めないで、上手くまわして行ければ良いと思います。

励ましありがとうございますm(_ _)m

Unknown

>あさん

デイサービスやら老人ホームに入れる前に、癌を治さないといけません。
その治療に、鬱病が邪魔をしていますので、何とかしようとしています。
ボケたりして手に負えなくなったら、そういう手段もアリだとは思いますが。。なるべくそうはしたくないのです。

よろしく頼む→おまえに任せた→全部おまえがやれ→あたしゃ何もしないから

>>>実際、伯母からは直々に「よろしく頼む」と頼まれました。

伯母様の「よろしく頼む」にどう答えたのか気になりました。最悪なのが「わかりました…」です。
伯母様もなにか協力してくださるつもりなのでしょうか?もし自分は何もしない、するつもりもないで三十路さんに「よろしく頼む」とだけ言ってくるのは無責任な印象です。だったらよけいなこと言ってくるなよって感じです。
うがった見方かもしませんが、心配なのは今のうちに「よろしく頼む」と伝えといて、もしなにかあったときは三十路さんに「あのときよろしく頼んどいただろ」みたいな態度をとるんじゃないだろうかということです。そのとき三十路さんが追いつめられないかと。
杞憂かもしれませんが、親戚よりも他人(ケアの人とか区役所の人とか)のほうが親切だったのが自分の体験ですので・・・

差し出がましいお願いですが…

こんばんは。
差し出がましいとは思いましたが、私も経験があるので書込させていただきます。

先ずは「家族の枠内で物事を済まさない」

そして、「心療内科や市内の保健所(心の相談室等)に声を届け続ける」

を出来る範囲で行ってみてはいかがでしょうか?

三十路様も不安障害という病を抱えており、出来る範囲でと軽く…とお怒りに成られるかもしれませんが、家族の絆が鎖へと変わり、心が疲れ果ててしまう前に、専門家に助けを求めて下さい。

専門家がお父様とお母様の補助を行い、自分の時間を持つことで不安定さが少しでも立て直すまでは、他者愛よりも、自己愛を大事にしてください。

鬱においても、一人だけの時間を持ち、自分の好きなことをする事は副作用がない、心の栄養剤です。



ドキドキプリキュア!劇中に置いても、自己中心的な考えはしてはいけないという後にハートの闇はほぼ消えますが、やはり小さく黒い部分が残ってしまうという描写があります。 

自己中心的な部分「も」あるのが人間として普通です。


色々我慢し続けて、爆発してしまう前に、とても難しいことをお会いしたこともない、他人の私が言うのも申し訳ないのですが、ご家族以外を中に出来る限り入れて、抱え込まないように。

ご自愛ください。



Unknown

介護のディサービスとか、老人ホームに入れたら、いいのでは?

Unknown

>トモちゃんさん

どうもこんばんは。
いつも見てくださっているとのこと、ありがとうございます。

厳しい言葉、私よりもオヤジの方が言われているような気がします。私はまだまだ甘いんです。

何をもって「厳しい」とするか、も問題ですね。
第三者から見て、というのと自分が感じるというのとでは違います。
後者は個人差がありますから、難しいところです。

励ましありがとうございますm(_ _)m
倒れない程度に、気持ちを強くもって生きていきます。

Unknown

こんばんは。
いつもブログ見させてもらってます。


厳しい言葉をかける人は三十路さんがどれだけ苦労されてるのか考えないのだろうかと思いました。

どうか頑張り過ぎないで欲しいです。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR