FC2ブログ

プッツン…という感じかな…


青空に、寝ぼけた月が出ている午前中。
父上の退院後初の通院です。運転手なワシ。

ケアの美魔女と、主治医の連携が上手くいっていないらしく、主治医が美魔女を呼びつけて
叱責しておりました。

入院前のように運動する(無理してでも)ことが一番先なのに、大事にしろとは何事か。
そのように聞こえました。

父上の、あまりに軟弱な態度に立腹したか主治医。
このお医者、あんまり良くないんじゃないかなと、疑心暗鬼になりました。
父上にセカンドオピニオンを勧めたのですが、聞き入れられなかったのも後の祭りです。

直腸癌のステージは、病理検査の結果「3期b」。進行癌です。
はっきりいって、ワシが想定していた中では最悪の結果。

キツイことを医師が言うたびに、父上がワシの方を何ともいえない悲しい顔で振り返るのが
とっても辛かった。や、やめて…

主治医は、抗癌剤治療を勧めます。
副作用の嘔吐は、大抵の患者さんが避けられません。
それを、通院でしかやらないという主治医。

ワシは、複数の不安障害の中に、嘔吐恐怖症を抱えています。
自宅での嘔吐には、さすがに対応できません。ワシ自身がボロボロになってしまう(経験あり)
(この機会に乗り越えれば、という無神経な事を言う人は、めっ!!)

なるべく早く、抗癌剤治療を始めたいそうなので、12月はじめには答えを出しておいてくれと主治医。
病期にも、抗癌剤にも打ちひしがれて待合室に出ました。

ケアの美魔女と父上と話しているうちに、強烈な不安障害発作を起こしてしまいました。
待合室の長椅子に寝ころびましたが、処置室のベッドを貸してくれたのでそこで3度目の服薬。
美魔女も、心配そうでした。

父上が、「俺が運転して帰る」と言いだす始末。
ワシの緊張の糸が切れた途端、父上が立ちあがった感じ。
しかし、それも一時的なもので。
結局は、1時間ほどしてワシの回復後、ワシの運転で帰宅しました。

自分が辛いのは良いが、○○(本名)とお母さんに負担をかけるから…
父上は、抗癌剤治療を拒否しそうな感じです。
でも、それだと転移・再発するリスクは3割~4割。危険です。
抗癌剤をやっておけば良かったと、後悔するのは目に見えてます。
いったい、どうすれば…

自宅に、ケア美魔女が来てくれました。
嘔吐の処理は、お父さんが自分ですれば良い、私も病気になった時にはそうしてます云々。
抗癌剤治療を勧める美魔女。

結論は、もう少し先です。今日結論は出さなくて良い。
長男(兄上)とも相談して決めようということになりました。

決してキツイ言い方はしない美魔女。
ずっと彼女の首や乙牌を見てました…(ゲ^_^;ス)
意外と若いんじゃないか美魔女。もしかして30代半ばくらい…?
ええのぅ…(そんな場合か
見てるだけです。分相応というヤツはわきまえてるつもり。


嘔吐恐怖症とストーマ交換を両立させないと、抗癌剤治療は受けられません。
「オヤジの命とどっちが大事なの!?」
というお叱りもあるでしょう。医師はきっと、そう言うと思う。
少年時代からのトラウマが克服できず、面目ない。

でも、美魔女の言うように、何とかやりようはあるのではないかな。。
父上を生き延びさせる(確率を高くする)のが、家族のつとめ。息子の責任。
母上には、負担をかけたくないですが。。

今日の激しい不安障害発作で、この2ヵ月ほどの緊張の糸がプッツリ切れてしまった感じ。
この2ヵ月で痩せたのに、さらに食事が思うようにとれず。体温も高い。予期不安か。
火事場の馬鹿力が、潰えてしまったのだろうか。
しかし、ストーマ交換は待ってくれません。明日です。3日おき。

今一度、この痩せた身体に力を…!


  
  

中将から降格かな…
  
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

>あささん

昔のコメントですか?
う~ん、記憶にないです。ということは、そんなに私が嫌がるようなモノではなかったということですきっと。
覚えてるのは、中傷とか脅迫だけです。

私が見捨てるとか、そんな偉いもんじゃないです(^_^;)
夜中にうんこしてる、普通のおっさんですよ。あささんが動けたのは、あささんに力があったからです。

リアル、ネットとも、応援してくださる方が沢山いてくださって、どれだけ勇気づけられたかわかりません。
本当にありがとうございますm(_ _)m

今日は兄と話しました。そのうち書くと思いますが、兄の意見を聞いて、抗癌剤はやらない方で決めました。
兄は、私がもう限界近いことを、よくわかっているようでした。それでも、私を認めてくれて…
今日は実りある一日でした。

9年目も、新しいプリキュアさんを軸に書けたらいいなと思っています。
どうぞよしなにm(_ _)m

8周年おめでとうございます。

私が昔残したコメントには三十路さんに話すべき様な内容で無い物が有ったと思います。当時は今よりも不安で孤独でした。周囲に家族は居るのですが話が通じず外国に居る気分でした。

コメント欄でも人と上手く会話できないと感じたときは絶望しました。けれども三十路さんは見捨てませんでした。それが契機となって園児や小学生相手のボランティアに出れるようになりました。

言葉には人の心に触れる力が有ります。旅人が北極星を拠り所に進むように言葉は人を導きます。

私は三十路さんやお父様に適切な言葉を差し上げることは出来ませんが三十路さんの周囲には沢山応援されている方が居られます。

私は物事を3割でも7割でも出来れば良しと思っています。少しでも出来れば最後は目的を果たせるからです。

話し合いが実りあるものでありますように祈っています。

えっちな視線が抑えられない(^_^;)

>シャイニールミナスがいいのんさん

おはようございます。

ようやく退院して、家に馴染むかどうかというところで大きな問題が立ちはだかりました。

ケアの美魔女さんは、ここまで頑張れたのだからあと少し(押し付けはしません)という考え方もあります、と言います。まったくそのとおりで(ホレタ

「今日より明日なんじゃ」という北斗の拳に出て来る爺さんじゃないですが、もし数年後、最後の時を迎える場合に「抗癌剤をやっておれば、こうはならなかったかも…」と後悔するのが一番嫌なのです。全力を尽くしたと、少しでも心が軽くなるように。。

父親は、嘔吐の処理を自分でやれば良いし、私は耳詮でもして寝てるという手もあります。ケアの人は、週に3回来られるそうなので、抗癌剤をやっている間だけでもストーマ交換をやってもらう事も考えるべきかと。
勿論、親父が自分で出来れば良いわけですが。自分では出来ないと思い込みすぎてるんですよね…

明日、兄が家に来て相談することになっていますが、今の私の気持ちとしては、抗癌剤治療を受ける方向へ動いています。
なんとかなるなる!治療は半年間、休みながらやるわけですし、もしあまりキツイようなら中止することもできます。やってみもしないでギブアップでは、やはり後悔しそうです。

私ひとりで抱え込むつもりはないです(^_^;)
駄目なものは駄目、嫌なものは嫌、出来ないことは出来ないとはっきり言っています。嫌と言えるニッポン。
父親も、ワシに無理強いはしませんし、昨日主治医に叱られた(ように思った)ことで、頑張ろう、病気と戦おうという姿勢が見え始めている気がします。

両親の命が最優先で、なんとかするように…数年後、あの時抗癌剤やっておいて良かったなあと言えるように。
アドバイスありがとうございますm(_ _)m

えーすの水着…変身後に老化するのも、これから秘密が明らかになるかと思うとワクワクします。
そういうキモヲタ的な楽しみは、失わない方が良さそうです。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

本格的に寒くなってきたので、兄貴もどうかお身体大切になさってください。
なんか、私のうんこ記事に関して書かれていましたが、コメしようとしたら消えてました…(^_^;)

岐路と吐露とエロ

こんばんは。
一気に来た問題は塊になって襲ってきますね。
切り通しを進む目の前の大岩はいつも立ち向かってきますね。
まるで人間に課せられた進路疎外は嫌味のようです。
ここで引くか、大岩をどけるか?
大岩はどけるとなると、非常に辛いはず。では少しずつづ削って時間を掛けてもして、活路を開く事をするか?まるで退くか?
悩む所です。
ですが、何かあるはずです。
まず、責任感を半分、せめて三分の一にしましょう。
過去のこだわりもありますが、何よりも「今」です。
ドライに問題解決へ少しづつ知恵を絞り動くのも大切ですね。
父上様の嘔吐に触れる機会を減らすなら病院附属の通所リハビリ施設で毎日のカリキュラムでまず、療養行為として生活力復帰でストーマ自力交換訓練を兼ねてやってみるのも方法です。通所は毎日送迎してくれますので、昼食、入浴なども充実している所もありますので、ケアマネージャーさんと費用の面で介護保険とかで相談してみて下さい。
決して三十路さんが単独で苦しんではいけません。
兎に角模索です。情報もお住まいの地域にあると思いますので、抗癌治療する場合の想定で御家族と話し合ってください。施設利用の事情もお優しい父上様のようですのできっと解ってもらえると思います。
不安は常にありますが、明るくいきましょう。

と、アホ長文(返事は要りません)ですみません。
ここはえーすにあの水着を、で、汚い5分絵うんこ絵で励まそうと思いましたが、お前もしっかりしろよでした~。(^O^)

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xokb6d2ih4t7gouqkbf73cqus4-1001&uniqid=d4729613-75f7-46f0-8c6f-8795e53b941a&viewtype=detail" rel="nofollow" target=_blank>https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xokb6d2ih4t7gouqkbf73cqus4-1001&uniqid=d4729613-75f7-46f0-8c6f-8795e53b941a&viewtype=detail

我が乙牌愛に一片の曇り無し!です~。
m(_ _)m


プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR