FC2ブログ

ドキドキ!プリキュア 第36話 「ラケルはりきる!初恋パワー全開!」

妖精が人間に恋をするというネタは、シロップ以降封印されていたような…?
マジになって東映様に苦情を言ったキモヲタがいたという噂ですが、本当なのか。。

シャルルとラケルは、相田さんの「いつもありがとう」的な科白からして、頻繁に人間化していた模様。
もっと映せよ、シャルルを。

生徒会室に飛び込んできた、今週のヒロイン・八嶋さん。

  

八嶋さん:「ポンポンが…ポンポンが…」
なんだ、お腹が痛いんですか。アレか

と思ったら、ポンポンとは学校で飼育しているウサギのことでした。
学校中を捜しまわる相田さんたちとシャルル、ラケル。
ラケル、見事ウサギを発見。八嶋さんに褒められる。

八嶋さん:「ラケルくんは、もう私のヒーローだよ」
いるいる、そういう紛らわしいことを無神経に異性に言ってしまう男女。
ラケルがその気になって、発情してしまいました。

苦しむラケルを見て、不思議がるプリキュアチーム。
ダビィ:「それは、恋煩いだびぃ」
その発言からすると、ダビィには恋の経験があるようで。
まあ人間化するとあれだけの女性になるので、それなりの経験が…

ラケルは、ダビィと違って思春期のはじめあたりの年頃でしょうか。

  

夜中に発射してしまうことも、少年期にはよくあることです。


そんなラケル、上手く八嶋さんをデェトに連れ出すことに成功。
というか、八嶋さんの方が積極的に見えましたが。

  

アベック(古!)だらけの公園で、おまる型ボートに乗る二人。クイーンスワニー号だっけ?
八嶋さん:「ラケルくんは、普段なにしてるの?」
出たよ…。ワシにとっては一番痛い質問です。私事ですが。

ラケル:
  「百人一首を…」
  「君がため~…」
非常に良い雰囲気です。これならもう頂き!って思っちゃうな、アホなワシだったら。

一方、ジコチューな方々も、この公園でくつろいでおられた。
ベールさん:「”きゅぴらっぱ”とジャネジーの関係について…」
敵側でも、公式に「きゅぴらっぱ」と呼ばれてるアイちゃん。ファン活動が反映されたようで
なんか嬉しい演出でした。
「プリキュアに意地悪してくる」という可愛いマーモさん出撃。

おまるボート型ジコチュー。
排液を垂れ流して、池を汚す……やはりそれは排泄物ですか…。。。

迎撃するプリキュアチーム、今週はキュアダイヤモンドさんがラブリーパッドの販促です。
販促しようと思ったら、いきり立ったラケルがジコチューに体当たり。

  

形としては、ニチアサ伝統の「おしりパンチ」になりました。
ていうか、ラケルが暴走した時点でダイヤモンドさんのスカートがズルリと…とか期待(ゲス

  

まこぴーは何をやっているんでしょうか。ここまで堕ちるとは誰が想像しただろう。。
存在感ありすぎなのは、さすがにアイドルか。

とりあえず、ラケルの活躍でジコチュー撃退。
愛のパワーとかいう、ベッタベタでベタなネタではありましたが。

戦後、ラケルは顔面を赤く腫らしつつ八嶋さんのもとへ。

  

八嶋さん:「ボーイフレンドの原田くん♪」
八嶋さんはビッチでした。
いやいやいや、ボーイフレンド=彼氏、ではないですよ。ラケルだって「ボーイフレンド」だと思うし。
この枠では「彼氏」という言葉は生々しくて使えないってことでしょうか。
本来なら、平板アクセントで「彼氏ぃ」とか言う場面なのかもしれない。

ラケルの恋は\(^o^)/オワタ 
きっとラケルと八嶋さんがボートに乗ったこの池は、井○頭公園だったのでしょう(古いよ
一応、八嶋×ラケルのおねショタ本に期待(クソオヤジ

結局ラケルは六花が大好き、というオチ。
ドクン!って音が入っていたからなー。やっぱラケル、夜中に…
思春期によくある、少年の悲哀を上手く描いていた今回。
菱川さんとラケルの組み合せだと、洒落にならんということで八嶋さんは当て馬だったって事ですな(ひでぇ


次週、なんと番くん再登場か!?(;゜Д゜)

  

漫画家やめて、農業に?
嗚呼、食えなくなって農業に転身とか現代ではあるかも。
亜久里さんも、ニンジンが食えないとか…すっかり普通の小学生に。。あの説教キャラは何処へ。


■今週のシャルル

  

もうずっと人間のままでいれば良いと思うよ。



★お知らせ コメント消失について
最近、せっかく書いたコメントが、投稿したら消えてしまったという事例が発生しております。
(不穏当なコメントは、管理者として反映しない場合もありますが)
私(三十路)自身、投稿前にコピーをとってからパスを入力して投稿しております。
念のため、コメ投稿前にはコピーをとって、何時間たっても反映されない場合は再投稿を
よろしくお願いします。
お手数おかけしまして、申し訳ないですm(_ _)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

だから、ダイヤモンドさんの服がズルリ…

>オキクルミさん

こんばんはー。

報われそうにない恋に走るラケルを、大人な視点で見ていた菱川さんが印象に残りました。
顔面アタック以外は、あまり狼狽していなかったような…?他の方が書かれているように、八嶋さんにはいい人が…と思っていたようなフシも。。
狼狽は、相田さんに関することだけでは…という薄い本に影響されすぎなオサーンです。。

敵さんであっても「直接顔面ヒット」は避けているという話ですが、攻撃する方が顔で行くなら、とくに問題なしと判断されたのかもしれません。

ど根性ラケル!?

御無沙汰してます。

>「ど根性ガエル」

確かに、暴走通り越した、ラケルの猪突猛進ぶりは言えてますね。
その一途な「恋心」故の迷いのなさ、猛突進を敢行するラケルに対し、狼狽するダイヤモンドが可笑しくて可愛いです。
以前から思ってたんですけど、六花って冷静沈着で毅然としてると思いきや、意外と狼狽しやすいタイプですね。特に、アイちゃん誕生時の他の三人とのリアクションの差は一目稜線です。

「おしりパンチ」については、「おしり」が向いてるのは「おまる」なので、これはブロッサムの時ほど顰蹙買わなさそうです。

むしろ、ラケルによる「顔面攻撃」が問題視されそう。
前作と並び、第一作並に「顔面痛打」の頻度が高い今作。
「顔面への攻撃」はプリキュアにおけるタブーの一つですが、「顔面での攻撃」は大丈夫って事でしょうかね。

シャルルを映せ!シャルルを!(テム

>あささん

そうですねー。
初恋は伝えられず、後で「あれが初恋だった・・・?」くらいですよね。
モロに伝えて散華したアレは、断じて初恋ではナイ!

ラケルはやっぱり六花が好き、という方へもっていくのが、やや強引な感じもしなくもなく…。そのときに少年の姿だったら、東映様に苦情が。。

まこぴーがロゼッタさんにお姫様抱っこされてるシーン、あれは良かったですね。百合とかそういうんじゃなく(え

八嶋さんはワザとではなく、自然にそういう言葉やオーラが出てしまってるところが、魔性の女と呼ばれる所以かと。
学生の頃、こういう娘さんが少なくとも二人はいました。

イラというか落書きを褒めてくださり、ありがとうございます。
描きたいと思ったら、夜中でもなんでも描いてしまうタイプなので。。。。

妖精達の掛け合い楽しかったです。

眉を曇らせた六花も可愛いですね。

初恋は伝えられずに終わることが男性の場合は多いと思います。後になって思い返すとあれが初恋?ぐらいの感じです。

六花がラケルを庇って八嶋さんの前に立つ場面は涙を堪えきれないラケルも気持ちラケルを守りたい六花の気持ち。なんだか生々しい感情が溢れています。見ている私まで胸が締め付けられます。

キュアソードがロゼッタに「ありがとう」を言う場面のソード表情が会心の出来栄えです。今週はいいお顔が多かったです。(駄目じゃなくて台本に忠実なだけです)

八嶋さんの思わせぶりな態度はワザとかどうか分かりませんが、私は手が触れるとか顔を覗き込まれるなどの接近戦に弱いです。私が通う調剤薬局の薬剤師さんが上記のパターンで50センチぐらいしか離れていないのに・・・ドキドキです。

PS シャルルと亜久里のイラスト素敵です。とても可愛いですね。ふたりとも表情に優しさが溢れていていいなと思いました。

アクションミュージカル…

>ひよこさん

こんばんは。

なんか激しいミュージカルですね。。。
着ぐるみ、可愛くてエロいんですよね。みたいなぁ。。

さすがにあのオチは、はじめに見た時には「ひでぇ」と思ったのですが、ラケルにスポットをあてるとああ成らざるを得ないんですね。
恋をすると、思わぬパワーが出ることって割とありがちです。

ラケルのひと時

三十路さんこんばんは、ひよこです。1時間前に和歌山から帰って来ました。

目的はポルトヨーロッパで行われている「ドキドキ!プリキュア」アクションミュージカルです。

ラケルひと時の束の間デレデレして羨ましい限りです。
あの根性はすごい。私も初期の「ど根性ガエル」リアルタイムで観ていました。
池を汚すジコチューも恐ろしい。

見ているでしょう

>畑中 智晴さん

スタッフ様は、30代、40代、50代でしょうから「ど根性ガエル」を何らかの形で見ていると思いますよ。
私はあまり見ていませんでしたけど。。

よく考えれば

「ど根性ガエル」って、TBS系列下時代のABC製作の全国ネットのアニメでしたね。放送枠は土曜の夜7時、思えばこの枠が移ったのが今のプリキュアの放映枠である日曜朝8時半である訳で・・・
(そういった点でも、今話のスタッフの中に「ど根性ガエル」を見ていた(幼少期に地上波で見ていたかあるいはアニマックスなどのCSでの放映を見ていたか)人がいたのかも知れません)

ふ、古い…(笑

>畑中 智晴さん

どうもこんばんはです。

おしりパンチというか、腰パンチというか。
たしかにラケルが出っ張っているので、「ど根性ガエル」的な攻撃ですね。そんな程度で倒れるジコチューって。。。

この流れは・・・

お久しぶりです。

>形としては、ニチアサ伝統の「おしりパンチ」になりました。
これ実際にリアルタイムで見てましたが、おしりパンチというよりは、ラケルの姿が「ど根性ガエル」のピヨン吉に見えた、という事にしてあげて下さい・・・。

Unknown

>紙粘土さん

こんばんは。

年上女性に憧れる時期ってあるんですよね。
相手にされていなかったダビィが不憫ではありましたが。。。

番くんは、初の男性プリキュア(想像)でしたっけ。あれは良いキャラでした。

シャルルはもう戻らなくていいです

>円盤屋さん

こんばんは。
シャルル人間態と聞いただけで、目を血走らせるSKBおっさんです。

あまりに見事なオチだったので、むしろ爽やかですらありました。その分、八嶋さんのイメージダウンになってしまいましたが。。

数年前、手賀沼に釣りに行ったときに「誰かスワンボートに乗ってる」と思ってよーく見たら、巨大な白鳥だったことがありました。見た事がないくらいの巨大さでした。。

遊園地というと、船○ヘルスセンターか谷○遊園かという千葉の田舎者な私です。。。

映画の宣伝OPが始まると、そろそろ謎ときが始まるという期待を抱かせます。
次週のレジーナ再登場(?)が楽しみでしょうがないです。

「お子様は野菜が嫌い」という先入観というかネタというか…は、いつまでやるんでしょうか(^_^;)
大人でも野菜嫌いは多いのに(え

Unknown

こんばんは。

ラケルにとっては残酷な結果になってしまいましたが、こういうことを通して男は成長していくんですよね。

>番くん
ちょうど今こちらで再放送をやってて、前回キュアムーンライト登場編だったので次回が学園祭回なのでちょうど番が登場します。

変身は頻繁にすると新鮮味が無くなります。(謎)

変身体でも一瞬を見過ごさない三十路SEOさんこんばんわ。(笑)

妖精の恋花ネタは久しぶりでしたが、やはりオチが付いていましたね。(笑)
ポンポンは実家で飼っていた犬の愛称でした。
本名もありましたが、タヌキ顔だったので・・・(笑)
足漕式スワンボートでのデートは昭和の定番でした。(懐)
昔は各地の遊園地にもありましたが遊園地そのものが少なくなってきたのでアニメでも遊園地が描かれる機会が減った様に思います。(謎)
まこぴーも亜久里が普通になるのも伝統でしょうか?
映画の販促OPも始まりだしたので今月は大きな変化は無いと思われますが謎だらけのドキドキ!さんだけに読みにくいです。
来週は食育回ですが、お子様向けアニメでは必修回ですね。(笑)

大人なのにUNCO頭なありすさん…

>キュアセブンさん

どうもこんばんは。

ダビィと並んで映ってた、座ってる亜久里さんの太ももには目が光速でいきました。
どうも、次週予告にレジーナが映っていたようで。敵さんも少し変化が出るかもしれません。

映画…映画館が怖い持病なので、かなり損してます。。

涼しくなったり、急に暑くなったり、身体がついていけないですね。キュアセブンさんもお大事になさってください。

映画の番宣・・・

こんばんは。

今日のドキプリの見所は、亜久里さんの太ももです。
作画がよかったですが、敵幹部の変化が見たいですね。

映画は、もちろん見に行きます。

最近、体調不良が続き通院が多くなっています。
三十路さんも、時節柄ご自愛ください。

いるいる!!

>木…ミルク苺さん

八嶋さんみたいなタイプの女の子、よくいますよね。弱いように見えて、実はしたたか。本人は意識しているんだかいないんだかわかりませんが、私も引っかかったタイプです(引っかかる方が悪いとも言えますが
まあ、原田くんは下僕にしてもらえてるだけ、ラケルよりはマシなんでしょう。多少は美味しい思いはしているんでしょうから。

原田くんも八嶋さんに、だまされてるくさい

八嶋さんはウブな男の子を手なずける天才とみた。しおらしくふるまい、いかにも守ってあげたいと男子におもわせるのが上手なんだ、八嶋さん、しかも思わせぶりな言動をとるもんだから始末が悪い。おそらく原田くんも八嶋さんの演技にだまされ、それからうまいこと言いくるめられて、いまはすっかり八嶋さんの飼い犬になってしまったのではなかろうか。八嶋さんにとって「ボーイフレンド」という単語は「忠実な下僕」という意味で定義されているのかと。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR