FC2ブログ

おやじ、涅槃にはいかせない


あ、いや、そういう古い話題をテレビでやっていたもので。
1983年(昭和58)、懐かしいですなぁ。。

毎日の散歩も、ときどき休みを入れないと腰が…(オサーン
なので、今日は夕刻ラジオを聴き終ってからオート三輪で黄昏の街を走っておりました。

信号待ちをしていると、左後ろから駅に向かって歩いて行く女性。
どこか垢抜けないファッション。
右手に持つ青いビニール袋は、アニメイト様のもの。

オタクというと、眼鏡にリュックのブーデorガリガリというイメージですが、
女性も多いのですよね。
不潔ではないけれど、不思議な模様のロングスカートとか、あるある!
まあ、ファッションに関してはワシは何も言えませんが。。
なんか勇気を貰った気がしました、オタク女性ありがとう。


  

部屋の整理が進みません。
お嫁に出せるモノは、大体出してしまったし…。
今月はまだいいけど、来月はかなりお金に困りそうなので、さらに大きな決断を
しなければならないかもしれません。

週末には、いよいよ父上が入院します。
翌日には手術(6時間)って、なかなかハードです。しかも手術翌日から歩行訓練とは。。
人工肛門にも慣れないといけないし、これからの父上の余生はずっと闘病です。
出来得るならば、転移が起きませぬようにm(_ _)m

 

シャイニー兄貴も祈念してくださっています。ありがとうございますm(_ _)m
ワシの縁結びのことまで…恐縮であります。

今日、ふと思ったことをひとつ。
ワシは今まで、自分は弱い人間だと思って生きてきました。
でも、ある意味ワシは強いのかもしれません。
複数の不安障害に冒されつつも、ここまで(人の助けを借りながらも)生きてきた。
発病が10代…かそれ以前に遡るわけで、もし20代後半~30代に発病したら、発狂していたかもしれない。

禁煙も、何度目かのトライだったけどあっさりやめて5年。
(タバコは、吸い続けている人の方が強いとも思うけど)
確かに脆弱な人間ではあるのだけど、どこかに「しぶとさ」を秘めているのではなかろうか…。

家族の危機である今、ワシがどのような働きをするのか、自分でもわかりません。
いっとき寝込んで、やがて立ち上がる…というのがありがちなパターンかなと。

かつて家庭内暴力で泣かせたオヤジのために(衝撃の告白)、自分に何ができるだろう。
そんな問い掛けが、心の中を行ったりきたりしている今日この頃です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

場所によりますか。。

>円盤屋さん

おはようございます。

腰痛もありますが、背中、腰、尻、脚、足まで痛みが繋がっているのですよね。もう筋肉が弱りまくりなのだと思います。すぐに足の裏や指がつりますし。

人工肛門は、慣れればどうということはないそうですが、やり方をよくお医者さんにきかなければいかんと思ってます。
対応トイレなんてものがあるのですか。あまり聞いたことがありませんが…

地元のアニメイトは4年前に閉店しました。(泣)

駄目だった所もあるようです。

ということで三十路さんこんばんわ。
ワタシも腰痛持ちですが、最近は脚の具合も良くないです。
立ち仕事の所為もあると思いますが・・・
お父様は手術後はオストメイトということでこれは大変です。
渡哲也さんは直腸癌からオストメイトになってからもう20年以上になります。
まずご近所のお買い物の時には対応トイレがあるかを確認した方がいいと思います。
無理せず出来ることからやって行きましょう。

外ヅラ良くて家では怒りっぽい(最悪

>あささん

暴力、暴言etc. 私の暗黒の時代でした。

腰が痛い原因はいろいろありますが、どうなのかなぁ。。
以前、整形外科でレントゲン撮ってもらった時にはなんでも無かったですが、あまり痛いようならCTを撮ると医師が言っていました。それで異常がなかったら、坐骨神経痛ではと。
骨というより、背中やお尻の筋肉の痛み・疲労のような感じですが。

私は発病時がはっきりせず、1991年8月に初めて病院に行ったときも「遅い」と言われました。
98年に今の心療内科に移るまで、私の病気は「不安神経症」という古い名前がつけられていました。
今の医院で初めて「パニック障害」「不安障害」という病名を知りました。遅かったですね。

とにかく今は、出かけやすい夕方の散歩、あるいはバイクで出かけることを日課としています。脚腰を少しずつでも鍛えないと、痛みがかえって治まらないと思います。

若い頃のようには、いきませんね。。。

血気盛んな頃の三十路さんはどんなだろう?

たしかに衝撃の告白ですね。私は北斗の拳のハート様と同じ暴力が嫌いで血が苦手です。

義母が昨日腰椎の手術をしました。人工骨に入れ替えるのですが3時間ぐらいかかりました。三十路さんは腰が悪いと書かれていますがお気をつけください。

私はおかしいなりに判断をして自立して行動できますが病院には付き添いが居ないと行動できない人が大勢居ます。医師の話だと投薬が遅れると症状が進行して元に戻りにくいと言っていました。三十路さんは発病時に通院できたから良かったのでは?

家に閉じ込めておくだけでは悪化してしまうらしいです。
本人が嫌がっても外にでることが必要らしいです。

心乱れることが続きますが絶えられない試練は課せられないと信じて生きています。
プロフィール

四十路

Author:四十路
四十路
狡猾・残忍・獰猛
10万4?歳

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR