FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 第23話を見てみた

途中のCMの、ヤマトガールズコスプレの女性たちに全部持っていかれた…。。。
オッサンのコスプレでなくて助かった…
というのは置いておいて。

しかしまあ、こういうのアリなの?という超展開でした。

前回の最後で、ガミラスがヤマトに向けて(?)発射したビームは「波動砲」。
旧作のデスラー砲は、たしかデスラー艦から発射するんじゃなかったっけ?

デスラー総統のところに抗議に来るスターシャさん。
波動エネルギーを兵器に転用するとは正気の沙汰ではないと。
ならヤマトも責めろと反論する総統閣下。
「え、え?」と困惑するスターシャさん、今まで何やってたんだ。。
デスラーとスターシャの関係は何だろう…元夫婦とかなら笑えるのに。


あの砲撃から身を守るため、亜光速でガミラス星に突入するという凄まじい戦法をとる沖田艦長。
割合簡単に突入できたのには、ちょっと肩すかしというか防御弱いよと思ったのですが…

総統府めがけて突っ込んでくるヤマトを見つつ、ギムレーの役立たず!と罵る高官。
別に艦隊を保有していると公言していたギムレー。ちゃんと裏がありました。
総統閣下は、ガミラス帝星を捨てて「デウスーラ」という艦で脱出、タラン長官の宇宙要塞へ。
デウスーラというのが、旧作のデスラー艦なのでしょうか。

ヤマトを迎撃するガミラス艦、正面に回り込んだ途端に体当たりされて爆沈するところが可哀想。
波動防壁強すぎです。
そのまま総統府に突き刺さるヤマト。やりすぎシールです。(古!

ガミラスの内部でビーム砲を撃ちまくって全滅させる展開から、大きく変えてきた2199。
無駄な殺戮は避ける。そういう現代に即した思い切った変更だと受け取っておきます。

要塞の一部を切り離し、ヤマトの突き刺さった総統府に落下させて潰すという
外道ぶりを発揮する総統閣下。
デスラー総統としては、イスカンダルへ移住することが何よりも大切らしいです。
そこまでイスカンダルというかスターシャに拘る理由はなんだ。夫婦喧嘩か

それを知った総統府の高官の怒り、これが指導者のやる事かー!と叫ぶヒスさんの顔がかなり怖かった。

落下してくる要塞の一部を、総統府を貫いて波動砲で撃つヤマト。
スターシャさんが見たら激怒しそうですが。
ヒスさん:「ヤマトがやってくれた…」

  
  ヒス、替われ

シュルツさんの娘さん、優遇されてるなぁ(^_^;)
フィギュアも出るはずだよ。。

これでもかと、今度はデスラー砲でヤマトごとガミラス星を撃とうとする総統閣下。
困惑して止めようとするタランさんは、かなりマトモな神経の持ち主のようで。
自分の帝国だから、自分が撃たねばならないと言うデスラー総統の悲しそうな表情が印象に残りました。

主人公たる古代くんは、森雪さん救出のために戦闘機でユリーシャさんとともにガミラスに向かう。
結果的に、お付きのノランくんの計らいで脱出させてもらった森雪さん…を拾う古代くん。
ちょっと格好悪かった。
森雪さんの代わりに、デスラー砲のエネルギーを暴発させて散るノランくんの方が、古代くんよりも
100倍かっこよかったという…(つ∀`)

デスラー砲の暴発で、総統閣下は死んだのだろうか…それだと話が終わってしまうので、
何らかの形で脱出したのでしょう。
暴発に巻き込まれるギムレー、「なるほど、これが死か…」も強烈な印象。最後まで冷静なところに
彼の真の大物ぶりを見せつけられた気がします。神経が鈍いのか?とも思いましたけど。。
モデルのヒムラーとはかなり違いました。

結局今回は、スターシャさんに冷たくされたデスラー総統がヤケを起こして全てに終止符を打ったという、
かなり個人的事情だったような印象。これが超展開か。。

生き残ったガミラスの人々と、ヤマトとの関係がどうなるのか。
残り恐らく3話。イスカンダルへ行ったヤマトに何が待ち受けているのか。
超展開の後だけに、気になります。
地球に帰還するまでを、まとめて1話でやりそうな気もするところで以下次週。


■今週のサービスシーン

  

ドレスをびりびり裂く森雪さん。パンツのラインがくっきり…
ノランくん:(こりゃホンマ勃起もんやで…)と思っても、ワシに責めることはできない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あれってメロドラマ…?(^_^;)

>あささん

>>この世は不細工には冷たいのです
たしかに。私もブサイクで何度損をしたことか…でもある程度の歳になると、お金がブサイクを凌駕します。

ガミラス帝星を撃とうとするデスラーも、自分の行動に対する責任から逃げない、一生背負っていくと言っていました。格好いいです。

>>誰からも必要とされないことは死んでいるのと同じです
それは違うと思います。生きているということは、そんなに簡単に否定できるものではありません。生きているということには、必ず何か意味があると思います。その意味を探そうと、必死に生きています(偉そうですみません

2199では(も?)デスラーは、悲劇の人になるのかもしれません。

映画版も、TV版が追い越してしまうらしいですね。水樹さんのお歌も聴いてみたかったです。。

デスラーとスターシャのメロドラマは良かったです。

美人が眉間を曇らせる。苦悩する表情にグッときます。

ヒルデも美人だから優遇されているのです。この世は不細工には冷たいのです。

正直なところ登場人物のほとんどが腹が座っている。自分の行動に対する責任から逃げない。運命に殉じる姿には憧れすら感じます。

恋焦がれている人が死を決意しているのに放って置くことなど出来ないですよね。雪の心に残らないように自分を殺すノランは真の男です。

誰かの役に立ちたい誰かに必要とされたい。自分自身が無価値ではないことを証明したいからか愛なのかわかりませんが・・・・。

私が病気になって10年です。家族から指摘されるまでも無く「役立たずの甲斐性無し」の自覚があります。

誰からも必要とされないことは死んでいるのと同じです。誰かが少しでも必要としてくれたら勇気が湧きます。

デスラーに捨てられたと感じた人達(ミーゼラ・セレステラさんなど)の痛みはデスラーの敗北を決定的なものにするに違いありません。

PS 新しい主題歌初めて聞きました。ずっとレンタルで観ていました。レンタル版は変わらないのです。(EDは一巻毎に変わる)最終巻の発売がずれた為ここから先はTV版を観る事になります。

いろいろと新しいですね

>円盤屋さん

こんばんは。
うっ…読まれている…さすがSKB同士(こら~

今週はSKBなシーンが少なかったような気がします。
切迫感が足りないのは、やはりメカが速く動き過ぎるというのもあるのかなーと思ってます。
あのガラスの割れる音は定番でしたね。どこのガラスが割れているんだ?と突っ込んだ記憶が(笑
旧作に拘ってしまうのは、オッサンの心情として仕方が無いと思います。それを敢えて新しくするというのは、スタッフ様の腕の見せ所ですね。今のところは上手くいっていると、個人的には思います。

古代君は、顔は今風で良いのですが、イマイチ格好よくないんですよね。。女性キャラに負けてしまっている面はあると思います。

11PMですか…時代を感じますね。私の世代だとトゥナイトで山本監督が…というのでしょうか(80年代
遅い大学受験の頃、勉強をサボってギルガメを自室のテレビで見てました。おかげでDQN大学しか行けませんでした(責任転嫁

来週は@ですか。お疲れ様です。
今度のジュエルペット、プリキュア、ヤマトの感想が書けるかどうかは、金曜日に親父の検査結果を聞いてから…(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

理解しがたい回でした。

これだけ旧作と違うと頭の中が混乱します。(汗)

ということで三十路SEOさんこんばんわ。
サービスシーンはこの場面を絶対使うと思っていました。(笑)
旧作は空しさが残った回でしたが、2199はSKB心が残る回でした。(爆)
あまり切迫感が無いので戦闘場面でも軽く感じてしまいます。
旧作ではガラスの割れる音を多用していましたので・・・(笑)
これだけ女性が活躍すると、古代君の立場が薄すぎます。
残り3回でどれだけSKBなシーンが出るのでしょうか?(爆)
旧作の頃はSKBな番組と言えば11PMでしたが、自室にTVを設置して見れる様になってすぐに終了したのであまり見れなかったです。(懐)
サービスシーンですが普通は簡単にドレスは破けないですが切り目を入れれば別です・・・(汗)
来週のヤマト2199は生で見れないので録画して見ますので返信が遅れます。
プリキュアさんは大丈夫ですが久しぶりに@が付きます。(謎)

狂っているように見えるけど、理由があるのではないかと

>ひよこさん

こんばんは。
あのUFOみたいなのが映ったのを見て、嗚呼、ひよこさんの模型だと思いました。

デスラー総統は、狂っているのかもしれません。その原因が、イスカンダルとかスターシャさんにあるような描写が、ちょっと気になりますが。

政治家より芸術家というのは、芸術家崩れのヒトラーっぽいですね。政治家、とくに独裁者みたいな人は、そういうものなのでしょうか。。

ガミラスの高官たちは、それほどヤマトを憎んでいる様子が無いんですよね。デスラーもそうですが。
だから、ガミラスを滅ぼすという展開にはならないのでしょう。

総統府を貫いて、落下物を撃つという発想が超展開すぎて苦笑してしまいました。。

CMのコスプレさん、おっさんじゃなくて本当に良かったです(^_^;)

予想を上回っていました

>まるっささん

仰るとおり、2199はこれで良いのだと思います。ヤマトは無駄な戦いをしないヒーローですね。物足りない感じも無くはないですが。。

2199の、戦争が始まった理由がよくわかりません。先に手を出したのが地球だったという事実もありますし。
ガミラスを滅ぼして悔やむという名シーンが無くなってしまう…。。
いろんな思いが渦巻くのも、旧作の影響でしょうか(オサーン

シュルツさんの娘さん可愛いなぁ(ちょ

デスラーは正気か?

三十路さんこんばんは、ひよこです。昨日はポルメリア級母艦の仮組をしていました。

「ヤマト2199」いよいよ佳境です。それにしても第二バレラスの構造物の一部(重量6000万トン(マクロスの3倍強))やデスラー砲を首都星バレラスへ向けるなんてデスラー総統は正気でしょうか?ある種のカリスマ性はあるが指導者としては失格です。政治家より芸術家の方が向いているかも。

実際の歴史上の人物たち
室町幕府第8代将軍 足利 義政
ルイ16世
ローマ帝国の第5代皇帝 ネロなど政治家より芸術家肌の人たちだが。

ガミラスの敵である「ヤマト」に救われるとは皮肉な展開です。
デスラー総統府、あの建築物の高さは10km強かな(ヤマトと比較して)

これから超展開の連続です。

CMのコスプレのお姉さんたちが気に入りました。

意外と予想つかなかった!?

旧作の殲滅から今作の救済といったまるで正反対の展開の変更。でもこれはこれでヤマトがヒーローしてて良いんじゃないかな、と思いました。

ただこれだと旧作でのこれ以降の
『ガミラス人の種族の存亡のための侵略行為』(というか2199での侵略理由って?)
『先に手を出したのがガミラスとはいえ、地球もまたガミラス人に故郷を失う悲しみを与えた』
といった痛み分け的な?雰囲気がなくなってしまうわけで・・・いや続編あるかどうかも判りませんが。

そういった面での収拾とあとは真ヒロインのヒルダちゃんがどうヤマトと関わるのかを楽しみにしたいです。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR