FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 第18~19話を見てみた 

今回は1時間スペシャルです。
というか、最後の艦長の「電話をかけるとプレゼントが…」云々に全て持っていかれた感じも。。
ああ見えて、沖田艦長はお茶目だからなぁ。こういうパロディをCMに使うのは、個人的には
大好物です。意見は分かれると思いますけど。

亜空間ゲートの先に、大マゼランへの出口があるかどうか命がけで偵察に出る篠原が格好良かった。
今まであまり目立たなかったロンゲですが。
(学生の頃は、ロンゲというだけでその人物を信用しない偏見を持っていたワシ)

しかし、出口までの間にはゼーリックが集めた1万を超える大艦隊が。。
デスラー総統を暗殺し、自分が国家元首になろうと目論んでいたようですゼーリック。
ゲーリング国家元帥も、伍長閣下の後継者になろうと必死で、アドルフに解任されてたもんなぁ。

しかし、ドメルさんを罠にハメて大喜びな様子は、しっかり親衛隊に見られていた。。
モニターに総統閣下が現れ、皮肉を言う場面は胸がスッキリする名場面。

  

すかさず後ろからゼーリックの心臓のあたりを撃ち抜く、ゲール少将が格好良かった。
なんか親近感を覚えるんですゲール少将。小物臭がなんとも。
彼には何か勲章を与えるとか、昇進させてやるとかがあっても良いと思う。

ヤマトはといえば、強引に亜空間ゲートを突破する作戦に。
あまりにガミラス艦隊が密集していたため、砲撃できないというのは上手く考えたと思う。
ゲートの大マゼラン側の出口のところで、ヤマト180度転舵。
波動砲発射という容赦の無さに、思わず笑ってしまいました。
しかし、狙いはバラン星の中枢であって、あくまで敵を殲滅するために撃つのではないというところに
艦長の「ヤマトの武器は、身を守るための武器だ」という姿勢が貫かれていて爽快です。

だというのに、艦長を責める岬さん…というかユリーシャさん。
なんで真田さんはユリーシャさんにああも嫌われるのか謎ですが。
地球人類が、救うに足るものかどうか、イスカンダルの人々に試されているのかもしれない…
そんな艦長の言葉に、ただのドンパチアニメではない深さを見ました。

しかし、なんで波動エンジンではなくコスモクリーナー(?)現物を持ってきてくれなんだ…
それやったら番組が成り立たんやろ、という声も聞こえてきますが。

で、引き続き19話ですか。
ドメル将軍は無罪、デスラー総統閣下から謝罪されていて、彼がかなり信任あつい将官であることが
よくわかりました。
ドメルさん、進んでヤマト撃沈の命令を頂戴しました。

しかし、主力艦隊はバラン星のあたりに取り残されたまま、数ヵ月戻れないという。
戦力をズタズタにされながらも、何とか部隊を編成するガミラスさん。

兵士は古参の将校と、若者たち。それとガミラス人ではない志願兵。
まさに大戦末期のナチ武装親衛隊を体現した部隊。
ガミラス人でなくてもきちんと扱うドメルさんは、フェリクス・シュタイナーを思わせる名将。

うおっ!三段空母懐かしい!!
昔メカコレでよく作った…当時は緑色の艦ばかりだったけど(塗装技術はなかった)。
赤い、デスラー戦闘空母みたいな艦も出ていますが、デスラー砲がついてない。。
ドメルさんの艦には、ドリルのようなモノがついていましたが、何に使うのかお楽しみ。


イスカンダルへ近道するには、七色星団という危険な宙域を通らねばならない…
普通なら回避コースをとるところですが、またまた艦長の無謀っぽい作戦で七色星団まっしぐらなヤマト。

ヤマトの艦長なら、危険を冒してでも七色星団を通るであろうことを読んでいたドメルさん。
猛将同士の読み合いというか、かけ引きがめっちゃ格好いい!
二人の指揮官が再び激突。
今から来週が楽しみですね…って、来週はお休みorz

数えてみると、残り7話しかないんですが。
とても地球に帰還するまでは描けないような。でも今回、大ワープしたからあるかも?

それと、「ヤマトの諸君…」という総統の姿が見られないのが残念。
旧作では、あの憎々しさが良かったのに。。
2199の総統閣下は、出不精というか座ってばかり。痔になんぞ。
「この星にしがみついてどうなる…」という謎科白が印象的でした。

1時間スペシャル、息もつかせぬ面白さでしたけど…

  原田まこぴーを出せーーーッ!!!

伊東ですら、ちらっと映ったのに。
まこぴー見ないと元気にならないですよいろいろと(ぇー
原田まこぴーに憧れるというのは、母性みたいなものかなーと思ってみた今回でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おは高校野球です

>あささん

>>一般人が良くならないと世界は変わらない
政治家が悪いから一般人が苦労するのかもしれませんし、たまごが先かにわとりが先か、という話のような(^_^;)
国家に国民が目と耳を塞がれて騙されている…というのが日本のような気がします。。

敵さんにも感情移入できるのが、2199の良いところだと思って見ています。
そう、爆発ひとつひとつよって大切な生命が失われているのですよね。あささんの見方は、当然だと思います。戦争、ダメ、ゼッタイ。

40になると、死の病に侵されるのではないかという恐怖がわいてきます。若い頃には感じなかった、死というものが身近に感じられて怖いです。

シュルツさんの娘さんマダー?

>ひよこさん

あの国歌、何かと話題になっていました。そんなに有名なお歌なのか。。
忠誠心を見せることで生き残ろうとする、テロンとは別な生き方もアリなんだなと思いました。

「帰ってきたウルトラマン」のお話は(見た事ないのですが)、古き良きSFを思い出させるような。勿論小説ですが。

>>ヤマトとドメル艦隊との死闘です
戦闘をしない2199で、どこまで描かれるのかとても楽しみです。

Unknown

>A.Naさん

はじめまして。

模型の「戦闘空母」は緑色っぽい配色で、それを元にデスラー戦闘空母が作られたのかなと思っていました。

シュルツと同じ人たち、忠誠心もやる気も十分なようで、ドメルが認めているところが快いです。
442というのにも、由来があるのですね。

三十路さん!おはようございます。

ガミラスも地球も力(武力や権力)でしか従わない一般人がいて互いに敵が居るから纏まっている。結局のところ一般人が良くならないと世界は変わらない。

武人達が潔く使命に全てを捧げて闘っている。立場が違えど死ぬには惜しい。

国権を守る手段として武力が必要だけど敵も同じ生命だと思うと悲しいです。

映像が美しい。爆発の一つ一つに多くの戦死者が居ると思うと怖い。志願兵の覚悟が怖い。

凄く面白かったのですが次回以降の死力を尽くした戦いを想うと上記のような気分になりました。アニメでも真剣に視聴すると感情移入してしまい楽しめなくなりますね。

PS 「人類絶滅まであと・・・」あれが好きです。私はあと何日だろう?

ザルツ人の居場所

後半の19話、集結するドメルの艦隊。

その中のザルツ人の義勇兵の4人、周囲から二等ガミラス人と罵られてもガミラスの国歌を唄いガミラスに自分たちの居場所を求めている所に複雑な心境を感じました。
ザルツ人は外見がテロン(地球)人と似ている為に特殊任務を任されます。

「帰ってきたウルトラマン」の34話「怪獣使いと少年」を思い出します。北海道から東京へやって来た孤立無援な少年、彼の心の支えの正体が宇宙人だった。

18日はいよいよヤマトとドメル艦隊との死闘です。

Unknown

>デスラー戦闘空母みたいな艦

というか、最初に戦闘空母が登場したのが、第一作目の七色星団での戦いで、その後デスラー砲を搭載した同系艦(第一作目の戦闘空母より一回り大きい)がデスラーの座乗艦として、『新たなる旅立ち』に登場した、というべきでしょう。

>ガミラス人ではない志願兵

冥王星基地のシュルツたちと同じザルツ人で、義勇兵B特殊戦軍第442特務小隊。

442と言えば、元ネタは第二次大戦中の日系人だけで構成されている戦闘部隊、第442連隊戦闘団です。

どこまでなぞるか楽しみです

>にゃんさん

ドメルの最期がどうなったとか、記憶にないんですよね…旧作ではそんなことが。。
内容が複雑で映像を見ないとよくはわからないですが、ドメルはヤマトと心○するつもりだったようですね。

ヨーロッパの戦いや、太平洋の海戦も参考にしているみたいで。
2199ではどう描くのか、18日以降楽しみです。

三段空母は、昔作ったプラモと少し違うかな?と思っていましたが、やはり設定変更ですか。
そもそも何で三段なのかよくわからないのですが(笑
まあ、格好いいから良しとしましょう。

見ていなかった人も多いのでは?

>円盤屋さん

こんばんは。
あのプレゼント企画には吹きました。5人しか当たらないんじゃ、当たった人はオークションに(ry

内容的には1話半…くらいでしょうか。後のCMが異様に長かったですし。でも今までになく濃かったです。

たしかに波動砲を撃つには、昔はもっと時間がかかってました。重みがありましたね。
2199でも、滅多に使わない重みを出していますが、砲塔の動きが速いのと同じ感じがしないでもないです。。

なんでしょう。原田まこPが好きなのか…乙牌の大き過ぎる女性は、あまり好みでは…でもまこPには不思議な魅力を感じます。SEOとして(え

バランから七色星団まで

旧作では、バラン星到着前にドメルが宇宙怪獣バラノドン(笑)にヤマトを襲わせますが、ヤマトはこれを波動砲で撃破。
実は、このバラノドンはバラン星の生物で、これをガミラス星人が調教して合体させたものでした。
しかし、バラノドンがどうやってバラン星の重力を振り切って、真空の宇宙を飛べたのかが、今から思えば不思議でした。
そして、バラン星ではドメルが人工太陽を落下させてヤマトを叩き潰そうとしますが後少しというところで、ゲールがデスラー総統に告げ口をし、デスラー総統からの命令で、ドメルは人工太陽の落下を諦めるが、その隙にヤマトは波動砲で人工太陽を撃破し、その破片でバラン星のガミラス基地が破壊されました。
その結果、ドメルは軍法会議にかけられるが、デスラー総統にヤマト撃破の最後のチャンスを与えられて三段空母3隻とドリルミサイル搭載機を積んだ戦闘空母1隻の合計4隻の空母と円盤型のドメル艦隊旗艦で、七色星団を舞台にヤマトに決戦を挑むのでした。
そして、七色星団の戦いは、
旧作では、三段空母は第一空母が戦闘機、第二空母が急降下爆撃機(笑)、第三空母が雷撃機、戦闘空母がドリルミサイルを装備した艦載機で、ヤマト撃破に挑むが、真田技師長とアナライザーの機転で密集隊形で攻撃にやって来た(しかも後方に待機させて艦載機で支援させればよい三段空母3隻まで連れて(爆笑))ドメル艦隊の空母4隻を撃破されて、全ての空母を失ったドメルは旗艦をヤマトの艦底に固定してゲールと共に自爆するという話でした。
これ見てドメルは、ミッドウェイで4隻空母を失った南雲長官のように思いました。
そんな旧作の内容に対して2199では七色星団での決戦はどうなるのか?
20話の放映をお楽しみに。

余談になりますが、旧作と比べて気になったのが2199の三段空母です。
この空母の上段飛行甲板に、なぜか斜め飛行甲板が付いているのが不思議です。
元々、斜め飛行甲板は飛行機がジェット化して高速になったため、着艦時に艦橋に衝突しないように考案されたものです。
なので三段空母(しかも宇宙空母)だと、上段の飛行甲板を着艦用に、中段と下段の飛行甲板を発艦用に使えば、艦載機を減速させれば艦橋に衝突することもないので、斜め飛行甲板は不要だと思うのですが・・・。

最後のプレゼントにはやられました。(笑)

ああいうオチがあったとは・・・

ということで三十路さんこんばんわ。
今回は笑点を録画して視聴しましたが実質1話半でしょうか?
「ヤマトの諸君…」がないのもそうですが、個人的には波動砲を出すときの音楽がOPアレンジでは軽快過ぎて重みがないので、旧作の様に「無限に広がる大宇宙」(女性ソプラノ)がいいです。
ドリルの正体はおそらく旧作と同じなのでナイショにしておきましょう。(謎)
新見さんも少しだけ牢獄内で出ていましたが原田まこぴーでないとSEOとしては不満なのですね。(爆)
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR