FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 第10話を見てみた

バンダイ様のプラモデルCMがなくなって、寂しいここ数話。
早くも第10話です。2クールという話ですが、とても最後までは放映出来なさそう。
途中で終わるのは嫌なものです(えー


ワープしたら失敗して、次元のワレメ「次元断層」に落ちてしまったヤマト。
割と不便な船だよね。。
宇宙船の墓場のような亜空間なのですが、妙に落ち着いてるオタクな真田さんが
頼もしいというか笑えるというか。

ワープ直前に、岬さんが出会った女性は誰なんだろう…

  

「出る」と言われていた幽霊さんでしょうか。
森雪さんに似ているような…あまり記憶に無いです。


同じように次元断層に落ちてしまったガミラス艦から通信。
戦闘機に乗ってヤマトにやって来たガミラス人、きっと化け物みたいな奴に違いない。
そんな予想を裏切る、肌は青いけど地球人そっくりな女性パイロット・ディッツ少尉。

ヤマトが波動砲で次元断層に穴を開けてくれれば、ガミラス艦は責任を持ってヤマトを
外に曳航する、と提案。
波動砲を撃てば航行も反撃もままならないという、割と不便な船だよねヤマト…。

そんなの信用できるか!という気持ちもわかりますが、艦長は提案を受け入れることに。
「男と男の約束だ」という艦長格好いいです。

約束どおり、波動砲発射後にヤマトを曳航するガミラス艦…には、親衛隊大尉が同乗。
ヤマトを裏切るように命令する大尉。やはり親衛隊は悪者扱いなんだなぁ。。
大尉の襟章が、裏返しのSSルーンだったのが「らしい」感じ。
※SSルーンは武装親衛隊(中佐以下)が着けていたもので、一般の親衛隊は主に連隊番号の襟章を
着けていました。まめちしき。

ガミラス艦の艦長は劣等人種ですが、軍人ではない親衛隊大尉の脅しなど眼中にない様子。
曳航を中断させた大尉を射殺し、ちゃんとヤマトを通常の宇宙空間に引っ張り出してくれました。

そこへ襲いかかる、ゲール少将率いるガミラス艦隊。
劣等人種の味方の艦もろともヤマトを倒そうという、ゲール少将が外道すぎワロタ。
外道の部下の艦は次元断層に飲み込まれ消滅、ゲール少将は大慌てで撤退。小心者すぎワロタ。

ヤマトの盾になって爆沈したガミラス艦の残骸に敬礼する、ヤマトクルーが非常に印象的。
沖田艦長とガミラス艦の艦長との絆が素敵な、第10話でした。

兄上を殺したガミラス人を怨む山本玲さんと、ディッツ少尉が取っ組み合いの喧嘩をするシーン、
妙にエロス(*゜∀゜)=3 ホンホンッ

  

薄い本ネタだよなぁ( 〃∇〃)
母艦が無くなってしまったディッツ少尉は、今後どうするのだろうか。
形の上では、捕虜ですよね。。このエピソードは、昔のヤマトにもあったのかしら。
さすがにこういう細かいところは記憶に無いな…ていうか、ガミラス人は地球人と同じ環境では
生きられないんじゃなかったっけ。
「地球側から戦争をしかけた」みたいな事を言っていたのが「???」

  
敵ガミラスも血の通った人間であるということが、ヤマト乗組員にもわかるという
なかなか良いお話でした。。
まこぴーの出番が無かったのが、ちょっと寂しかったデス。。
まこぴーの次元断層に波動砲を(ry
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

エネルギーが不安定すぎな気が。。

>ひよこさん

敵さんと協力して、敵さんを信じて、というのが新鮮な感動を与えてくれました。

メルダさん、今後どうなるのやら。。
そういえばもうすぐ劇場版六章でしたっけ。浣腸命令が出ていました(?)

おお、なかなか現代風なヤマトの模型ですね。
大きい地震が来たら、アンテナ類の多いヤマトは心配な感じもしますが。。
左下の方、アフロディテ様と親密ですか…早く元気になられると良いですね。

信じるために戦う

ワープの失敗で次元断層に落ちたヤマトと、同じく二等ガミラス人たちの艦艇と協力して断層から脱出する話でした。
沖田艦長も信じるために戦っていました。

これからメルダの存在がいろいろとヤマト艦内で波紋を呼びます。

今週の土曜日から劇場版第六章、予告だけでは先が読めません。

あと虫プロ系のスタッフが作った旧作もいいですよ。

おまけ
ひよこの部屋に飾ってある1/500ヤマトです。
http://star.ap.teacup.com/hiyoko808/648.html" rel="nofollow" target=_blank>http://star.ap.teacup.com/hiyoko808/648.html
左下のポスターの人は某人気DJで、現在療養中で間もなく2年になります。メイジャーランドのアフロディテ様の中の人と親密な関係です。

最近CMやっていないので、潰れたかt(ry

>円盤屋さん

こんばんは。

そろそろエアコン使いたいけど、家計が苦しいので我慢させられてます(=_=;)

いやーまだまだです。あの程度のキャットファイトでは、まこぴーのおぱーいには敵いませんのだ。。

大尉の射殺シーンは、暗くてよく見えなかったです。スローにしてまでグロを見ようとも思いませんし。。
ただ「親衛隊は悪」ということばかり、脳味噌に焼きつきました。

旧作の泥臭さも良かったですよね。
あれは玩具の宣伝もあったのでしょうか。バンダイ様のプラモデルも種類が多かったです(今でも売ってますが)

ドラえもんに出て来る、テレビにもラジオにもレコードプレイヤーにもなる「箱」、これってほぼ今のスマホじゃ…とか。宇宙戦艦は無理でも、70年代に想像されていたモノは、かなり実現してますよね。恐るべし科学技術…。

森雪さんの乙牌もかなり目立ちますが(見てるのかよ)、新キャラにお色気が分散したのは良い傾向かと。
あとは誰がTKBを出すかですね(ねぇよ

ワープ運転と言えばビーバーエアコン

次元は超えませんが設定温度になれば静かになる機能です。
流石戦闘機を作っている会社ですが家庭用はタイ製です。(笑)
自室のエアコンがこれですが最近はCMしていませんね。(汗)


ということで予想外のキャットファイトで非常に興奮した三十路さんこんばんわ。(爆)
大尉の射殺シーンを見せずに青い血が流れるシーンを見せる所が印象に残りました。
旧作が泥臭いアニメなら2199はスマートといった感じです。
でも旧作の当時はまだまだ勧善懲悪作品が多かったので泥臭さの中にも新鮮さがありました。
考え始めるときりが無い作品といえばドラえもんですが、一部は現実化されてきました。(汗)
もっとも宇宙戦艦自体があり得ない設定ですが・・・(^_^;)
お色気関係が森雪さんから新キャラに分散されているのに引きたて役のSKB担当がいないのが残念ですが、キャットファイトで良しとしましょう。(謎)

あの女性がエンジンかも??

>まるっささん

戦闘機の燃料は、どうなっているんだろう…考え始めるときりが無い作品ですねえ(^_^;)

次元のワレメに落ちる話は、オリジナルでもあったんですか。何があってもスターシャさんがいればOKなところが、旧作のステキな所かも?
メルダさんは、2199の新キャラですか。女性キャラのほとんどは新キャラみたいですね。

旧作は、毎回必ず波動砲を撃っていた印象があります。バトルが売りだったような。
2199は、いわばバトルの無いプリキュアさんみたいなモノですよ。ドラマに力を入れているところが、良いところかと。勿論、戦闘も見たいですが。。

キャットファイト(笑)。おっぱいの肉弾戦が、艦隊戦よりもゲフンゲフン!!
新作らしさが出せているのは、良い傾向ですね。

波動エンジン以外はOKだったのか

いや戦闘機はフツーに飛んでたのにちょっと違和感。もちろんヤマトが動けなかったのは波動エンジンの吸収機能が放出に反転したから?とは言え、ものすごいピンポイントな次元反転でありました(おい)。

こないだチェックしたけどすでにうろ覚えな旧作でも次元の狭間に落ちちゃう話はありましたが、それ以降はまったく違う話で、もちろんメルダさんなぞいらっしゃらず(涙)、脱出もガミラスとの協力とか関係なしに単に(笑)スターシャさんの導きでOK!だったかと。
旧作はシンプルで派手目、2199は地味目だが敵サイドのドラマに力を入れる展開を目にする印象があります。どちらだけが良いとか悪いとかの問題ではなく。

しかしキャットファイトすげぇ(笑)。それがあったからというわけではないですがw 単に物語をなぞるだけ、ではなくだんだんキャラを描けていっているアニメとして魅力を感じていっている今日この頃であります。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR