FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 第8話を見てみた

デスラー総統閣下が演説する党大会モドキ。
モロにナチ党大会で笑ってしまったのですが…デスラー総統閣下は、伍長閣下のような
小物ではなく、まさに絶対的な独裁者。
テロンの船(ヤマト)をひねり潰すショーを、高官たちと余裕の観戦。

そうそう、やかましい高官を穴に落とすんですよね。昔の映像だと、落とされる男も
座っていたような気がしましたが、記憶違いか。。
総統閣下:「下品な男は不要だ」
気に入らない者は粛清する。独裁者らしい描写です。


その総統閣下に「戦って死ね」と命令された劣等人種・シュルツ大佐殿。
「デスラー魚雷」なる補給を受けて、ヤマトに挑む…!

放送時間中にツイッターを見ていたのですが、デスラー魚雷が黒い雲のように言われていて
「???」。録画を見て、ようやく納得。
真田さんのオタクっぽい専門用語がよくわからなかったのですが、エネルギーを吸収して
増大するデスラー魚雷(ガス)と、目の前に迫る恒星の挟み撃ちに遭うヤマト絶体絶命。

その恒星は、赤色矮星と呼ばれていたので比較的温度が低かったものと思われ。
恒星に接近、ガスが恒星に飲み込まれ(飲み込もうとした?)消滅。
艦長はこれを狙っていたのか…ていうか、艦長具合悪そうです。

幼い頃に見たヤマトで、恒星に接近しすぎて身体に悪いと佐渡先生が言っていたのを思い出しました。
佐渡先生といえば、冒頭のシーン。

  

おおお(*゜∀゜)=3!!!…と思ったら、艦長かよ。
もう少しサービスしてください。


シュルツ大佐の船に追われてるヤマト、恒星のフレアーを波動砲で吹き飛ばし、一瞬開いた穴を抜ける。
後に続くシュルツ大佐の船は、無残にも…
大佐殿、死は覚悟で特攻したのだろうけど、最後まで気の毒な男でした。

  

娘さん可愛いのに(しつこい

戦死者は二階級特進、遺族は名誉ガミラス人に。
総統賛美なツイートが目立ちましたが、どうなのかなぁ。
シュルツ大佐に名誉挽回のチャンスを与えたようには見えましたが、結局は捨て駒です。
総統閣下ともなると、末端の将兵まで気が回らないのはわかりますが…。
そこがデスラーだよ!と言われればそうなんですけど。

高官は、ドメル中将を送っておいたとのこと。
宇宙の狼? 砂漠の狐・ロンメル将軍がモデルですな。

兵器開発担当らしい高官が、波動砲を見て「今、開発中の武器と似ている」。
波動砲に匹敵する兵器は、デスラー砲かしら。
波動砲との撃ち合いとか、小規模なワープで…という名シーンがいずれ見られるのか。
今後の戦闘も、とても楽しみ。


ヤマト2199というアニメは、昔のヤマトと少し違って戦闘が売りではないみたいで。
新見さんが人類の移住に適した惑星の調査をしたいと進言、そんな時間は無いと一蹴する艦長。
自分たちの任務は、あくまで地球の再生であるという強い決意を感じさせる良いシーンでした。

敵も血が通った人間である、という描き方にも好感が持てます。
昔のヤマトも、結局は「戦いは悲しいだけだ」という話に行きついたと記憶しています。
そういうところもしっかりと継承している2199、何クールあるのかわかりませんが、
じっくりと見続けたい作品です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

惑星X

>まるっささん

惑星Xのことは、どうもよくわからんようですね。エリスのことはわかってきているようですが。

ワープでもなければ、他の惑星への移住も無理ですねえ。地球人類全てを移住させるのも、かなり難しいでしょう。箱舟的なモノに…

最近の科学的知識を入れつつ、古いところは古いままというアンバランスさ(?)も心地よいアニメです。

ヒルデは、この後出番があるという噂ですけどね…

グリーゼのために

最近いろいろ技術が進んで太陽系外の惑星もどんどん観測されてますしね・・・その割には地元(笑)の惑星X(神戸大発表)については確定できてない?という東大モトクロス部(←あるのかどうかは知りませんが)っぷり・・・。
しかしヤマト以前はワープ航法も無かったのにどう移住するつもりだったのだろうか・・・何十何百万年後の子孫向け?
ともあれこうやってどんどん最近の知識を入れて行くところがちょっとした科学アニメっぽくて良いです。

ヒルデちゃん・・・このままヤマトのガミラス侵攻の際、モブ的に殺されること無く(おい)ちょっとはヤマトサイドと接触があればいいのですが・・・。

円盤とプラモですかね…

>円盤屋さん

数年前に出た、ダイキャストのヤマトの復刻版を出して飾ってます。子供向けな造形がヤマトらしい皮肉。。

基本的に新作アニメで、旧作の要素も採り入れている…という感覚で見ています。
女性キャラは、森雪しか記憶にないです。。ワープのとき、下着まで透けていたとは(SKB
核の話は、旧作にはありましたっけ。遊星爆弾が、もう核みたいなもんですからね。。

OPの合唱も良いですけど、ささきいさおさんのバージョンは忘れられません。

慣性かなぁと

>にゃんさん

スペースシャトルと同じように、自由落下の状態だったら恒星に吸い込まれないのもわかりますが…そうすると艦内は無重力にならにといけないし…あまり細かいことを気にすると楽しめないので、私は深く考えないようにしています。

シュルツの艦は、ヤマトが波動砲で開けた穴をくぐろうとして、下からフレアで焼かれたように見えたのですが。そう解釈して、「それでいいや」と思ってしまういい加減視聴者です。。。

ニヤニヤしてる保安部長は、たしかにカワリーノに似てました。書こうかと思ったのですが、浮遊大陸のときも書いたし…クドくなりそうなので端折りました。

商魂はもう少し控えめの方が・・・(汗)

旧作はお子様向けのおもちゃのCMだったのに、2199はヲトナ向けですから・・・(汗)

ということで引き続き娘さんかわいいのにが三十路さんらしいですね。(笑)
ヤマト2199は昨日も福井の帰りに滋賀のSAで見ていましたが、基本に忠実な様で結構違いがあります。
戦闘シーンもそうですが特に女性キャラはまるで違いますね。(謎)
でも一番違うのは核の問題に触れられないことでしょう。(汗)
シビアな所はソフトになっています。
ヤマトは初代が終了してから人気に火が付いてリメークが繰り返されていますが来年で初代が放送されてから40年になりますからねぇ・・・(汗)
OPは初代の方がテンポが速いので迫力を感じます。
遅い方が歌いやすいですが・・・
ヤマトの音楽はクラシックと同じで永遠不滅の音楽だと思っていますよ。

恒星フレアに波動砲

このシーン見ていたけど、補助エンジン停止するしこのまま波動砲撃ったらヤマトは恒星の重力に吸い込まれると思いましたよ。
しかし、シュルツの艦は恒星フレアの直撃を受けてないのに熱で溶けてしまったのに、ヤマトは溶けないなんて、どんだけ頑丈な艦なんんだ。
しかしシュルツが頭がよかったらガス生命体を放った時点でデスラー防衛網のガミラス側へ回り込んで波動砲を撃った後のヤマトの前面に主砲一斉斉射でヤマトを恒星に墜とすのだけれど。
しかし、それやったら物語が続かなくなるからな。
ところで、7話のコメントが打ち切られていたから書けなかったけど、この話で出てきた保安部長の伊東真也が『プリキュア5』のカワリーノにそっくりだったので、中の人もカワリーノの人だと思ったけれど、残念ながら『ジリオン』のJJでした。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR