FC2ブログ

チラリズムしちゃった・・・ プリキュア SplashStar 第35話


夕凪中ソフト部は、いつの間にやら地区予選の決勝戦。

咲:(先輩たちにとって最後の試合、絶対に勝つ!)


ダークフォール。

トレーニングしまくりのキントレスキーに、
ゴーヤーンもタジタジ。

ゴーヤーン:「いくら鍛えても、負けては何の意味も
       ありませんねえ」

キントレスキー:「勝つため以外の練習は、全て無駄だ!」

・・・負けるための練習って、あるんだろうか。


決勝戦開始。

フラッピ:「舞~、急ぐラピ!」

コミューンを振って応援用ポンポンを出します。販促です。
が、振るときに見えた舞さんの太ももに、視線は釘付け。
なんか最近、太ももで売ってないか、プリキュアさん。

それにしても、観客席の端とはいえ、そんなに大っぴらに
フラッピたち4匹を出しちゃっても大丈夫なのか。

ピッチャー咲は、いきなり連打を浴び、サードとの連携の悪さ
も重なって初回に1点失います。
キントレスキーもフード姿で観戦してます。

キントレスキー:「ランナーが出て焦りが見える。精神力が弱い!」

しかしこのピンチも、トリプルプレーという神業できり抜けます。
凄い精神力!!

キャプテンの泉田先輩:「咲、まだまだこれからだ!!」
そう言いながら、バッターボックスへ向かいます。
落ち込み気味の咲に篠原先生は、去年、泉田先輩のエラーの
せいで負けた試合の話をします。
先発投手にここまでプレッシャーかけてどうする。

結局、最終回まで0-1のまま。
関係ないですが、咲のピッチングシーン、OPテーマのシーンを
使いまわすのはどうかと思った。
夕凪中、最後の攻撃。1番打者の泉田先輩がヒットで出塁するも
2番、3番と連続三振。

アナウンス:「4番、ピッチャー、日向さん」

ピッチャーで4番打者!
強豪相手に1点で抑えているのだから、このようなガキ大将的
ポジションもアリなのか。
しかし、咲はセンターフライに倒れ、ゲームセット。

落ち込む咲に、泉田先輩は優しかった。来年のキャプテンを
任せる、という内示までもらってます。

誰もいなくなったベンチで、舞の慰めの言葉に、

咲:「先輩たちのために、どうしても勝ちたかった・・・」

号泣する咲。それを優しく見守る舞さんであった。

キントレスキー:「ぬるい!!」

いきなり現れて、神経を逆撫でする筋トレおじさん。

キントレスキー:「二人の会話を立ち聞きしたことは謝る。しかし
         勝つ事こそが全てだ!勝つ事よりも全力でやる事
         が大切などと抜かす、貴様のチームメイトにも
         呆れるわー!」

初めて悪役らしい科白を吐きやがった。
激怒した咲たちは、花と鳥のプリキュアに変身し、戦闘開始。

相も変わらず、ウザイナーに劣勢なプリキュア。

キントレスキー:「これでわかったか。勝つ事こそ全てだ!」

ブルーム:「大切なのは、皆で力を合わせて大きな目標に
      向かって頑張る事!!」

敵幹部さんたちは、良い子へのメッセージが何よりお嫌いです。
キントレスキーとて、例外でなく。ウザイナーそっちのけで
肉弾突撃してきます。

ムープ、フープ:「月の力!」「風の力!」

せっかく、肉弾戦が観られると思ったのに・・・。恨むぜ、ムプフプ。

必 殺 技 炸 裂

キントレスキー:「こ、これほどとは・・・!」

キントレスキーが戦線離脱したため、後方のウザイナーは
たまりません。必殺技をまともに喰らって死亡。


敵をブチのめして気が晴れた咲は、うって変わって笑顔に。
代償行為とは、このことか。
疲れ果て、バスで帰ろうとするチームメイトに、ランニングで
帰ろうなどと押し付けます。
それを優しく見守る舞さん・・・作画が崩れて異常に目が
でかくなってるし、その後の咲の男前な表情・・・。

ちょっと締めが甘くなりつつ、次週へ。

次週予告。

文化祭!やっと来た、やっと来たぞ!主役は舞さん!!
いつも美味しいところを持って行きまくりの咲ちゃんに
逆襲だー。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

2年目・・・

おおさきさん、こんばんはー。



まあ、あんまり勝ってばかりいると、かえってリアリティが無くなりますしね。負けるが勝ちでGo!ですよ。

咲はキャプテンから、来年のキャプテンを任せる、というような事を言われていました。やはり、2年目やる気あるみたいですねw



キントレスキーは、何だか不思議な存在です。悪役なのか、律儀なのか。。泉がどうのこうのより、闘いの勝負が大事みたいです。太陽の泉のありかなど、誰も知らないのですから。。



作画は、前半、舞さんがスタンドで応援してる間は良かったんですけどねえ・・・。最後が。。

1週遅れ…まるで夏の関西地方

今さら先週の感想で、本っっっ当に申し訳ありません(汗)。



今回の話は、第3話に見られるような「筋書きのある」展開にはなりませんでしたね(笑)。やはり、たまにはこういう展開も必要なのでしょう。裏を返せば、今年達成できなかった目標を、来年咲たちが達成する…つまりは咲&舞たちの2年目も?とも読み取れますね。



キントレスキーは、確かに悪役らしいセリフも吐きますが「2人の話を盗み聞きしてしまったことは謝る」というところからも、「紳士な悪役」という感じが今回の話でより浮き彫りになった気がします。



最後の咲たちを見つめる舞の作画に関してですが、確かに異常なほど目が大きかったのは気になりましたが、全体的に絵が良さげだったのでまぁ良しとします(笑)。

なかよし

001さん、こんばんは。



「なかよし」を立ち読み・・・。

私にはとても真似出来ません(汗



もうキントレスキーさんが出ているのですね。アニメに出ていないところもありますか。。ネタバレが怖いのは、漫画版の泣き所ですね。



では、アニメを楽しみに観ることにしましょうw

漫画感想

今日やっと「なかよし11月号」が立ち読みできました。

「プリキュア」ですが、キントレスキーが登場しました。

咲の筋トレ、舞の絵など結構見所が満載でした。

一部アニメではまだ出ていない所がありましたので、そこは書き込みません。かなり重要なことだと個人的に思いました。

来月は休載です。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR