FC2ブログ

宇宙戦艦ヤマト2199 

「あれ…こういう話だったっけ…?」
というのが、『宇宙戦艦ヤマト2199』第1話を見ての感想。

ツイッターには「40代ホイホイ」という投稿もあったのですが、40丁度の青二才には
少し難しかったかな。
まあ、ワシが見てたヤマトは1970年代、幼い頃だったし。
愚兄(今年47)が見たら、とても懐かしいと思うかもしれません。

一番強烈に印象に残ったのが、遊星爆弾が都市部に落ちる場面。
都市が一瞬にして吹き飛び、巨大なきのこ雲が…

現実世界で核戦争の危機に瀕している極東。
何か洒落にならないモノを感じたのは、臆病なワシだけだろうか。
似たような事を、「ビビッドレッドオペレーション」のはじめにも書いた気が。。

同じように艦隊が砲爆雷戦をする「ガ○ダム」と違って、妙にリアルな恐怖感をおぼえた。
「ガン○ム」は、あまりにも現実離れした印象だったせいかな。
ヤマトも「ありえねぇ」というシーンが多かったけど、こまけぇこたぁいいんだよ!!(AA略
どうして横からビームが見えるの?とか空気が無いのに爆発音がするの?とか、
惑星は常に直列しているの?とか、こまけぇこたぁ(ry

第1話の最後に、太平洋戦争末期に沖縄沖に沈没した戦艦大和の残骸が、夕陽とともに
映し出されたのだけど、これだけはワシにも本当に懐かしくて涙が…。

この残骸がバリバリと崩れて宇宙戦艦ヤマトが発進していくんだよな…
「2199」では、少し設定を変えているみたいだけど。

調べてみると、ガミラスがナチス・ドイツすぎて「大丈夫?」。
上手く直撃を避けながら、似せているような感じ。
似ているだけで大騒ぎする人(主に外国の方)もいるので、ちょっと心配ではあります。

なにはともあれ、新作「宇宙戦艦ヤマト2199」発進おめでとうございます。
新設定も多いみたいなので、一部、懐かしさを感じつつ新作に期待しています。


※コメントについて
返答に窮するコメントが続きましたので、いったん〆切ります
いただいたコメントは、保留とさせていただいております
申し訳ないです
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>紙粘土さん

こんばんは。

「2199」は、昔のヤマトと比べるとかなり設定が見直されているようですね。

初代ヤマトって1974年でしたっけ。我々の兄世代がリアルタイム世代ですね。

こういうアニメでは、ヤマトとガンダムが礎をきずいたと言っても過言ではないかと。
今また新しいヤマトが見られるのは、オッサンのひとりとして嬉しいです。

Unknown

こんばんは。

オレも「ヤマト2199」見ました。今回のは基本的には昔のリメイクですが、細部が若干違うみたいですね。

オレはヤマトが始まった年に産まれましたが、当時小学校1年生だった兄がリアルタイムで見ていたというようなことを行っていました。

アニメブームの火付け役とも言うべきヤマトが今の技術でリメイクされて毎週見られるのはありがたいです。もしあの頃ヤマトがなかったらアニメを取り巻く環境も違うものになっていたでしょうね。

厳しすぎます

>ひよこさん

死亡シーンに規制をかけるのですか。
残虐・グロテスクすぎるもの以外は、良い気がしますけどね。。

昔のガンダムなんか、学徒動員兵が死ぬシーンがありましたが、今は駄目かも。
いや、「学徒動員」自体がわからないかも。。

死亡するシーン

ここ10年くらい放送コードの影響か軍人や民間人の死亡のシーンが減った気がする。BPOやPTAが怖くて製作ができるか。
「ヤマト2199」の1話、陽動作戦遂行の為に多くの艦艇や兵士が捨て駒にされるのだが。

OVA「銀河英雄伝説」の52話での多くの両陣営の艦艇内の兵士が次々とむごい最後とげるシーン(肉体が千切れ飛んだり、全身火だるまになるなど・・・)。「ガンダムSデステニー」の1話のシン・アスカの家族が戦火に巻き込まれるシーンなど。

「ヤマト2199」でも劇場版と異なる意味でやってほしい、毎日放送の竹田PDなら理解するかも。

あ、これ1クールなんですかorz

>m-ohgiさん

こんばんは。

>>なにか複雑な気持です
戦う双方に家族があり、家族が戦死などしたら悲しむ…ということを教えてくれるのは素晴らしいことだと思います。

あー、そんなサイドストーリーみたいなヤマトもあったような気が…あ、あれは真田さんの妹だったかな(うろ覚え

SplashStarは、今再放送しているようですが、さすがに単独でリニューアルは無いでしょうねぇ。。。
それよりも、ディケイド的なものはやらんのか?という話題がTwitterに時々出てますね…。。

こんばんは

>あささん

昨日はすみませんでした。
今日になっても倦怠感と熱感が取れず、風邪か、それとも…という感じです。

ロシアの隕石落下ですか。それは思い出さなかったです。
某国の核兵器のことばかり考えているせいでしょうか。

あくまでアニメの上で人が死ぬには、むしろ良いことかも?生命の大切さ、平和の大切さを若者も中年も再確認できたら良いと思います。

艦隊の動きが速すぎるのが、ちょっと玩具っぽく見える原因かなと。
もう少し重量感のあるように描いたら、もっと素晴らしいと思いました。

劇場版 ヤマト2199

こんばんは。
2週間期間限定の劇場版の再構成のようです。
最近までの劇場版を観ると宇宙間の戦闘で最初に火蓋を切ったのは地球側、またガミラス側の幹部たちにも家族や家庭があり、可愛らしい、ステキな女の子たちが登場してくるので、波動砲などで全滅させてしまうのは、なにか複雑な気持です。(これから楽しみにされている方はごめんなさい。)
話は変わりますが、「ふたりはプリキュア スプラッシュスター」第45話で消滅させられる前、キントレスキーがミズ・シタターレにプロポーズするシーンがありました。
昔やった「ヤマト」のTVスペシャルで進の兄の古代守とイスカンダル星のスターシャとの間に女の子が生まれ、劇場版でヤマトクルーの一員に養子として育てられるが一年間で16,7歳位に成長、ヤマトクルーになって敵組織に潜入して活動するが、敵総統に射殺され、叔父の進の波動砲の手によって文字通り、宇宙の藻屑と消えていった・・・。

Гプリキュア・スプラッシュスター NEW STAGE」
(仮題) 
力(オル)、ミ(チル)、サ(キ)、マ(イ)
キャラ・コスデザインかわいらしくリニューアル
みんなの前に消滅したはずのキントレスキーとミズ・シタターレの娘と称する、同じ年頃の少女が現われた・・・。(ナンチャッテ)

実現されればうれしいんですけど・・・。
長文失礼しました。

U。・ェ・。Uノ~コンバンワンです♪三十路さん。

コンピュータ映像がもたらす現実感と科学的な事実との不整合さが目立ちますが愛嬌です。

先日の隕石落下を見た後だからか遊星爆弾が怖いですね。戦いを避けたい気持ちはありますが問答無用で襲われたらどうしたら良いのか?切実な問いです。

冒頭の戦場で作戦遂行の時間を稼ぐために命を散らす兵達。最近のアニメでは人が死ぬことが少ないため受け入れられるのか心配です。

劇場版級の完成度です。いや劇場版か?このような製作方法は有効ですね。絵柄や役者が変わっても実写版より好きです。

PS 先日は空気が読めないタイミングでコメントを残してしまいました。ご自愛ください。

再放送でした

>円盤屋さん

こんばんは。

たしか愚兄よりひとつ上では?愚兄は、この歳になると早生まれとか関係ないと言っていますが。。

乙牌にはあまり興味がわかないアニメですね。
今風作画では、乙牌でかいのが当たり前ですから。。

あー、やっぱり40代ホイホイですか、ヤマト2199…
私は若造なので(えー)、新作を見る気分で見たいと思います。酒は薬と相性が悪いので。。

復刻版ですけど、ヤマトの合金製の玩具(というか模型)持ってますよ。数年前に、つい懐かしくて買ってしまいました。
昔は愚兄が、紙工作でアンドロメダとか作って遊んでいました。
戦艦ごっこなんか一緒にやっていましたが、私の艦隊は最後に必ず波動砲で全滅させられるのが納得いかなかったです(笑

…と、森雪が

>ひよこさん

こんばんは。

ひよこさんも、昭和40年代生まれ、私より上で大谷さんより少し下…ヤマト世代ですね。

新設定が多いので、懐かしいというよりも新作アニメを見る気持ちでいます。
作画が今風なので、「誰?」という人もいますが、追々わかるかなと。

そういえば日曜日はバンダイ様の日ですね。
これで景気が良くなるといいのですけど。。

旧作はリアルタイムで見ておりました。

三十路さんのお兄様と同い年ですので・・・(汗)
あれ、森雪船務長の話題が出てくると思っていたのに・・・(謎)

ということで珍しく乙牌の話題を出さなかった三十路さんこんばんわ。(謎)
昨日から始まりましたが、毎日放送系で放送なので違和感があります。
それまでの作品はすべてよみうりテレビ系列でしたので・・・
あとストーリーはともかく、コラボ商品に日本酒とワインがあるところがヲトナ向けですね。
特別純米の日本酒で1升びんで8400円は高杉です。
箱代とラベル代が大半と思われます。(謎)
オフィシャルページも焼鳥屋のバナーがあるなどヲトナ向けです。
旧作はお子様向けのおもちゃなどプリキュアさんほどではないですが、小学生も意識していたようです。
とてもお子様向けの内容ではなかったのに・・・(汗)
でも森雪船務長の乙牌は昔ながらのグラママスなサイズでした。(爆)

さあ楽しみましょう

三十路さんこんばんは、ひよこです。
ちなみに私は西原久美子さんや大谷育江さんより少し若いです。リアルタイムで初代「ヤマト」を観ていました。当時の手で作画されたOPが懐かしい。

昨日は名古屋の某所で強風の中で行われた「ドキドキ!プリキュア」ショーを見たあとで「ヤマト2199」を観ました。第1話から関係ないテロップが入り少々げんなりです。
独自に解釈された設定。これからが楽しみです。

日曜日はバンダイの猛攻撃です。「戦隊」「仮面ライダー」「プリキュア」「ヤマト」、BS11では「ガンダムSデステニィーHD版」などいろいろと楽しませてくれます。

来週の日曜日に「ヤマト2199」第五章を観てこよう。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR