FC2ブログ

都営新宿線とか福島正実さんとか


中卒浪人2年目が決定していた平成元年(1989)4月はじめ。
当時のワシは、今では考えられないくらい元気で、電車に乗ってあちこち出かけていました。
都電の話は前に書いたので、今度は別のネタで。

当時のワシは、いろいろ理由があって都営新宿線という地下鉄によく乗っていました。
電車の行先は、笹塚、京王多摩センターetc.
反対の千葉方面は、まだ本八幡まで開通していなかったかも(?)
市ヶ谷で有楽町線に乗り替えたりしていたので、あまり記憶にないです。

都営の電車よりも、乗り入れてくる京王6000系電車が好きでした。

  

当時は「京王帝都電鉄」と言っていたのでした(現・京王電鉄)。
「京王帝都」の方が格好いいのに。
まあ「帝都」というと、『帝都物語』に出ていた嶋田久作さんが軍服を着て目からビーム出してた
ような、あやふやなイメージしかないのですが。。
「京王線」と言うと、大抵「京葉線?」と聞き返されます。言いにくいよ京王線…

わざわざ京王6000が来るのを待って乗ったりしたもんです。

京王線というと、ワシの中では福島正実さんです。
今では信じられないことですが、昔の本には作家の住所が書いてあったのです。
尊敬する福島正実さんが、京王線沿線に住んでおられたと知って、かの街を歩いてみたのも
良い思い出です。

京王新線経由でその駅まで行って、地図と電柱の地名を頼りに福島さんの
お住まいがあったという街を歩いてみたのでした。
昔といっても、福島さんが亡くなってから13年しか経っていませんでした。
今思えば、13年前なんてついこの前だよなぁ。。

駅からかなりの距離を歩いた記憶があります。
「この道を生前の福島さんが歩いていて、そして今、自分が同じ道を歩いている」
ぽかぽかと暖かい春の高級住宅街。


  

ワシが福島さんとこの世に生きたのは、たった3年余り。
毎年命日には、彼の著書を読むことにしています。
(沖縄海洋博というのが、なんとも時代だ)
書棚には、主に神保町や早稲田の古書店をまわって探し出した「福島本」がいっぱい。
気が付いてみると、ワシも福島さんが阿修羅のように仕事をされていた年齢になっているという。。
なんか駄目な人生を送ってるなぁワシ。

2006年10月、父上の仕事の手伝いとして車で出かけたとき、仕事が終わってからまだ父上は
用事があるというので、ワシだけ篠崎駅で降ろしてもらって、都営新宿線に乗って帰宅しました。

  

本八幡駅に着いてみると、反対の線路に懐かしい京王6000系がスタンバイ。
あまりに懐かしくて、写真に収めました。

6000系は、2011年3月で引退したとのこと。
憧れの福島正実さん、あの日の住宅街。思春期の甘酸っぱい記憶を蘇らせてくれる
この電車がもう無いという事実が、とても寂しくやりきれません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

記事内容とは無関係ですが(汗

>おたくけんしろうさん

私はネタバレOKですが、映画を見に行く予定の方もおられますからね。。
キュアマリン、ご活躍でしたか。さすがに今でも人気があるようで、嬉しいような妬けるような。。
やはり、科白の無いプリキュアさんも…仕方が無いことではありますが、ちょっと寂しい気もします。

名車ですね

>円盤屋さん

こんにちは。太ももビームを出す方が悪い!(えー

5000系はさっぱりわからん、東京西部私鉄オンチですが、6000系がなくなったと知ったときにはそれなりにショックでした。あたらしい♪電車のって♪は良いですけど、こういう温かみが無い気がするんです、最近のアルミの電車。。

>>福島正実記念SF童話賞
福島さんは、SFの各方面でご活躍でしたから。働き過ぎたのかな…という病気でもなかったですが。。

南海は、「20000ズームカー」が大好きです。もう新しい車両に替わってしまったと思いますが…。
ちなみに南海ホークスでは、門田選手が好きでした(古!

47歳でしたからね・・・

>あささん

昔の駅員さんは、切符を切るハサミを使いすぎて、箸が持てないくらいになるまで練習したそうです。今や全部機械の改札ですから、時代を感じます。

路面電車…荒川線は残るのだろうか…古きものが悪しきものではないと思うのですがね。。

>>希望者のみメール配信
そういう21世紀なモノは、よくわかりませんわ。。

登録すると、それなりにしがらみがあります。無理はしなくて良いです。ただちょっと怖かっただけで。

プリキュアオールスターズ

プリキュアオールスターズニューステージ2を初回からみてきました!!、詳しいネタバレはさけますが、三十路さん愛しのキュアマリンが結構目立ってました、セリフも結構ありました。ただ大人の事情かなんなのかまったくセリフのないプリキュアもいました。

6000系は事業車では健在です。

5000系の中古は各地で走ってますが、少し減って来ました。(汗)
富士急の5000系は京葉線の205系に置き換えられつつあります。

ということで目から絶対領域ビームの三十路さんおはようございます。(笑)
福島正実さんといえば福島正実記念SF童話賞にその名が残っていますが第29回は久しぶりに大賞作が無かったですね。
6000系は平成になってから製造された車両もあったので20年ほどで解体されたものもありました。(泣き)
阪急や南海は50年前の車両が未だ現役なのに代替が速いです。

40代は気力体力の充実した年代。筆がのっていたんでしょうね。

小学校のころ環状線の駅で切符を切るのを眺めていました。カチカチ鳴らすリズムが好きでした。
環状線弁天町駅には交通科学博物館があります。それが契機で鉄道が好きになりました。

私は路面電車が好きで京都・大阪・福井・広島で乗車したことが有ります。京都は失われ次は大阪ではないかと言われていて寂しいです。

漫画などでも作者の自宅にファンレターを送る仕様でした。現在は小学校でも連絡網が廃止され希望者のみメール配信される時代です。こちらも寂しいです。

PS 良くは知らないのですが、私も勝手に見ています。登録したほうが良いですか?
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR