FC2ブログ

両手いっぱいのメモリー


う~、スランプだ。。
アニメ感想っぽいものを書いているけど、アニメが無い日はネタ切れになるという。
自由な発想でモノを書くという重要な能力が、削られる気がする。。
(プリキュアさんも過渡期で、新商品も無し)

そんな中、昨日1月21日、日付を見て「なんかの記念日だったような…」。
思い出してみれば、1993年1月21日は、ワシがバイクで大事故やった日でした。
あれからもう、20年経つんですなぁ。。

NSR80というバイクに乗って、夕暮れの街を飛ばしていたワシ。
対向車が右折してくるところに突っ込んで…記憶に無いのですが、ワシは数メートル
吹っ飛んだようです。ついにやっちまった!と思ってバイクのところへ行こうと…
右腕と右脚が痛い! あまりの激痛に、立つことも出来ませんでした。

道路の真ん中に座りこんでいるわけにもいかないので、這いずるようにして歩道へ。
通行人さんに「救急車を呼んでください…」とお願いしたのを覚えています。

病院へ担ぎ込まれ、診療台の上で服を脱がされたワシは、気を失いそうでした。
右腕が醜く変形していて、ひと目で酷い骨折をしているのがわかりました。
右前腕複雑骨折。全治1年。

即入院、一週間後に手術となりました。
手術を待つ一週間の、長かったこと。ベッドの周りに柱を組み、右腕を吊った状態で
一週間。身動きがとれません。初めてシビンのお世話に…
「見ている方が疲れた」とは、同室のオッサン。

ようやく手術を受けて、右腕を石膏で固められ。。
その時、折れた尺骨と橈骨を繋いでいた金具とネジが、画像のものです。
同年8月20日、一応骨がくっついたので、取りだす手術を受けたときに記念に貰いました。

同じところを二度、切開したので、傷痕は今でもムカデのように残って消えません。
傷痕の写真を載せると、個人特定されそうなくらい醜い。

今でも右手人差し指、中指、薬指が不自由です。正中神経に受けた傷のための麻痺。
整形外科医に「一生、治らんだろう」と言われた麻痺ですが、この20年でずいぶん
良くなりました。日常生活に支障が無いのだから、後遺症とも言えないかもしれない。

あの時被っていたヘルメットには、深々と傷が…
思えばあの時、死んでいてもおかしくなかった。
いっそ死んでいれば、現在の苦悩も無かったものを…とよく考えたものですが、
今はそんな事は考えていません。

今は、生きることしか考えていません。
不安障害を抱え、将来真っ暗なワシですが、人間そう簡単には死なないものです。
いつかは嫌でも死ぬ。ならば、少しでもこの世というものを見ておいた方が
得ではないのかな?
40歳、もう悟っても良い歳です。

そういえばあの事故のとき、当時好きだった20歳年上女性と喧嘩をして自暴自棄になって
いたのだった。あの時の女性と同い年になったのだものなあ。。
運転が多少、乱暴になっていたのかも。未熟者めが。

あの日の事故も女性も、ワシにとっては大切な青春のメモリー
(漫画とかだったら、雪空に女性の顔が浮かんだりするんだろうな、ハズカシー)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

今でも

>ユキヲさん

若くなくても、いろいろありますよね…。
四輪で事故ですか。私もオカマ2回掘られましたが、怪我はしませんでした。やはり安全性でいうと、二輪よりは四輪ですね。。

愚兄も言っていましたが、歳とともにスピードを出さなくなったそうです。
若い頃は、無茶な運転もしましたが、あれはあれで若さの発露だったかなぁと(^_^;)

事故=クビというのはキツイですね。
身体に気を付けて、安全運転なさってください。

若い頃

若い頃は、いろいろありますよね…
自分は地味に、目立たないように生きて来たつもりですが(笑)若い頃は事故もありました。
筑波山にクルマで走りに行ってた時、酷い事故をしましたが、辛うじて走れる状態だったので、勤め先のディーラーに直行しました。
自分に怪我は無かったし、親に心配掛けたく無い一心で…
クルマは、前がV字に潰れて屋根も潰れ、当然フロントガラスも割れていました。よく走れたモンです…
今は、年齢的なモノも有り、安全第一です。事故イコール会社クビですし☆

怪我も恋も、不安障害の苦悩に比べれば蚊に刺されたようなものです

>シャイニールミナスがいいのんさん

こんばんは。

あの事故で、1993年は棒に振った感じです。
でも、おかげで翌年は浪人生として勉強した甲斐あって、大学入学後に苦しむことが無かったです(推薦入学した人は、ことごとく辞めていきました)

片手片足を失ったら、誰でも絶望すると思います。立ち直ってリハビリするその男性は、大変な精神力の持ち主に思えます。笑顔の何万倍も泣いたことかと思います。。
シャイニーさんも、きっと同じだと思っています。私の怪我などぬるま湯です。不便を感じることも、ほとんど無いですし。

「傷痕は教訓なり」、まさにその通りですね。あの事故を経て、安全運転の大切さを学ぶことができました。
20上の女性に振られることで、無茶な恋はするなということを学びました(え
シャイニーさんが書かれていた「病気でも大切にしてくれる人が現れたら、大切にせよ(大意)」ということを、身にしみて実感しております。

ぬおーみゆき風呂!(*´∇`*)ありがとうございます!
考えてみると、星空さんともあと1話でお別れなんですよね。。実感が湧きません。。。

渡辺美奈代さんです(1988年春)

>あささん

事故は過去のものになりましたが、当時から抱えている不安障害は、ちっとも良くなっていない…
そういう絶望感や焦燥感は、いつまでも変わりません。

私のくだらん雑感も読んでくださるとは…ありがとうございます。出来るだけネタ投下したいのですが、基本が「日記」なもので。。

そんなに時間をかけてコメントを書かれるのですか。お気づかいありがとうございます(というか、申し訳ないです
gooブログは、あまりコメントを書くのに時間がかかりすぎると、消えてしまうこともありました。現在は解消されているのでしょうか。

応援してくださる方がいるということを忘れず、くだらん記事を書いていきたいと思います(^_^;)

恋も怪我もよく似た痛さ

こんばんは。
辛いですね怪我の記憶って。
怪我の過失を自責するとき、「…にならずに済んだ」などと納得させようとしても、思い浮かぶのは後悔ばかり。それで結局残るのは記憶と傷だけ。
同じリハビリ室で知り合った20代の青年は片足片手を仕事の事故で無くして絶望していたのですが、ようやく元気を取り戻し、良く喋るようになってリハビリの先生もほっとしていました。(ほっ)
人は厄災に弱く、試練と位置づけても厳しい現実に向き合うのは、古今を問わない人生の厳しさなのでしょうか…。
恋も遭遇する事象としては心に受けるダメージという面で同じなのかもしれませんね。
お怪我のほうは痕があるにせよ、リスクが少ないようで良かったです、人間って足の小指に棘が刺さっただけでも生活に支障きたしますよね。
「傷痕は教訓なり」ですね。
こちらでも、濃灰色の雪空でした。
寒いですけど、元気よくいきましょう。
雪の中でみゆきが雪見で温かい露天風呂入っている絵がいいかな~と、ささっと描きました。
適当な絵ですみません。m(_ _)m

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xokb6d2ih4t7gouqkbf73cqus4-1001&uniqid=9a337fdf-2fc9-4bb1-81ba-ff1999b830b0&viewtype=detail" rel="nofollow" target=_blank>https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xokb6d2ih4t7gouqkbf73cqus4-1001&uniqid=9a337fdf-2fc9-4bb1-81ba-ff1999b830b0&viewtype=detail

うしろ髪ひかれ隊?

良い事も悪い事も過去は過去。
と思いながらも割り切れない思いはあります。

三十路さんの記事を楽しみにしています。ネタとか関係なく、日常の景色や感じたままの記事も好きです。

私はコメントを書くとき一時間ぐらいかかります。
かなりの部分を削除しています。
脊髄反射でコメントして後悔することもしばしばです。

ブログを続ける事は大変な苦労があると思いますが応援しています。
プロフィール

四十路

Author:四十路
四十路
狡猾・残忍・獰猛
10万4?歳

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR