FC2ブログ

だから、冬の夕暮れは

先日の初詣の帰り、踏切にさしかかったのですが。
そこには、引退寸前の電車が置かれていました。
(2013年、いきなり鉄ネタかよ)

写真を撮ろうかとも思ったのですが、何の電車が置かれているかわかると
ワシの住所を特定されかねない(それくらい特徴的な電車)のでやめました。
真夜中に眠る電車は、とても迫力があって。
鉄の塊が眠る様は、独特の雰囲気を醸し出しておりました。

しかし、帰り道に信号待ちをしていたら路肩に…酔っ払いさんが口から出したらしいモノが(やめい
良い気分台無しだよ~(^_^;)
だから年末年始は嫌いなんだ。

それは置いておいて。
冬の夕暮れの電車も、16歳の初恋を想起させてとても良い雰囲気。

  

少年の多感な頃、いつも電車の最後尾に乗っては車掌さんの一挙手一投足を
憧れのまなざしで見ていたものでした。

当時は割と元気だったので、将来は私鉄の車掌さんになろうと思っていました。
しかし、ロゲ会長が苦手なため、というか病気のために断念。。。

そういうのが、現在のワシの趣味に反映されていたりするのかなと。


  

あうあうあうあ。禁断の趣味が濃すぎる。


それはまた置いておいて(そればっか
高校、大学ともに夜間部だったせいもあるのでしょうか。
夕暮れには、特別な思い入れがあるのです。
……大学へ行く途中に急に海を見に行っちゃったりとか…サボって…

学生になる前、不登校~中卒浪人の頃も、自転車で夕暮れの街を走るのが好きでした。
帰りを急ぐ子どもたち、主婦、勤め人。。
帰ろう。これから一家団欒が待っている。

天体望遠鏡を構え、星の時間を待っているときに見上げた夕映え。

ワシのときめきは、いつも夕方から。

今でも秋や冬の夕映えを見ると、いろいろな思いがこみ上げてきてぶわっとなるのは
ワシが今でも多感だからなのだな…と思うようにしています(オッサン…
多感な四十路オサーンを、今年もよろしくお願いします…
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます

>ふじのおかさん

こちらこそ、宜しくお願いします。

あー、先頭車両にも乗りました。でも運転士のような責任の重いことはできないと、中学生の頃から思っていました。

人身事故…しばらく肉が食えなくなるという噂ですが…駅員さんも肉片集めに駆り出されるので、怖いですね。

そうです、○団と109です。よくわかりますね(笑

なで肩・・・マジョリーn(ry

>円盤屋@桑名さん

こんばんは。

私もMサイズはキツイです。
体重50㎏の頃は着られたのですが…おかげでかなりの服を処分しました。

女性の乗務員は、バスだけかと思ってました(汗
スカートというのは、男性の妄想なんですね。。。

車両を見ただけで、住所までわかります?沿線とかはわかるかもしれませんが。。。。(滝汗

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

私も小さい頃は電車の先頭に乗りよくかぶりついていました。運転士の背中は当時の憧れでもありました。

現在は鉄道好きも重なり鉄道関係の仕事をしていますが今考えると運転士にならなくてよかったかなぁと・・・
というのも、何かトラブルがあった時(人身事故等)自分が対処できるのかと思うと、私はすぐテンパるので多分無理です。一生のトラウマですよね。。。

学生時代バイトで地元の鉄道会社の制服を着れたのでそれだけで満足です。。

ところで画像の制服は左が営○、右が109電鉄でしょうか笑

なで肩に成りたい・・・(汗)

禁断はワタシの方が濃すぎるとお思いますが・・・(汗)
Mサイズの服が着れる体が欲しいです。(爆)

ということで三十路さんこんばんわ。
思い入れは大事ですよ。
一般常識を超えない範囲でなければ・・・(笑)
残念ながら車両を見ただけでワタシは分かってしまうので駄目なようですね・・・(謎)
制服はどうしても女性の制服に目が行きますから・・・(汗)
最近は女性の運転士さんや車掌さんも増えてますが、スカートじゃないのが残念・・・(違)
男の制服と違って地味なデザインでも華やかなのが羨ましいです。(滝汗)

いや、マニアなだけですから・・・

>あささん

私もイカリ肩ではないですよ?
制服には、肩パット入っていますから、誰でも似合います。

夕暮れ、帰ろう…という、どこか寂しい雰囲気が大好きです。
天文ファンとしては、星の世界になるのが嬉しい時間です。

その描いた日野さんを、ご自身のブログにアップすると、皆さん喜びます。

ちなみにプロフィールの星空さんは、ツイッターのお友達が描いてくださったものです。。

制服が似合う男、三十路さん素敵です!

なで肩の私にはスーツが似合わないのです。

消防士やファーストフードでも制服ってカッコよく見えます。

ちなみに関西には「電車でGOGO」なるお店が・・・。

夕暮れ時の感想には激しく同意します。
窓の明かりに家族を感じますね。

月を見上げるとき月もこちらを見ている様に感じたり、夕暮れから先は心が揺れますね。

PS 書初めならぬ「日野あかね」模写に挑戦しました。ど下手ですが楽しかったです。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR