FC2ブログ

バンダイ スタートレイン


はい、鉄です(え)。
かつてはスーパーで見かけた食玩の鉄にも、目をやっていたオッサンです。
というか、アニメ関係(セーラームーン先輩)の食玩を手にする前から、この種の
モノに手を出していた鉄オサーン。

2005年頃、バンダイ様から「リアルトレイン 鉄道図鑑」という食玩が出ていました。
Nゲージサイズの模型を買うと、オマケでガムが入っているというやつ。

動力もライトも無いけれど、私はこれが好きで結構買っていました。
先日、部屋の掃除をしたら出て来たので、ネタにしてみる。

トップ写真は、山手線。

あれ…?

  

これかな?
数年前(大震災前)に御徒町に行ったときに撮ったものです。

リアルトレインは、その後「スタートレイン」として発展的に消えました。
山手線は、スタートレインになってからのものです。


リアルトレイン時代の新幹線0系。

  

東海道新幹線0系。

  

山陽新幹線。

カラーバリエーションですね。
金型をつかいまわs(ry

注目は、ライトの部分。
リアルトレインでは、ライトの部分がくぼんでいて、黄色く塗装されています。
ぴかーと光ってるイメージ。

それが、スタートレインになると、マイナーチェンジが。

  

奥まったところに金色のライトが見えている仕様。
緑色のラインも、若干薄くなりました。(どちらが実車に近いかわかりませんが)
屋根上のアンテナも、若干小さくなりました。

  

比較。
窓ガラスが完全に透明に。各部のマーキングが充実しているそうですが、
ぶっちゃけ虫眼鏡で見ないとわかりません。とくに老眼の始まりのオッサンには(ぅわー
台車にも、リアルにしようという工夫が見られます。

好みにもよると思いますが、やっぱりスタートレインの方がいい。
現在は絶版で入手困難なので、バンダイ様には是非、再販してほしい食玩です。
300円~400円って、コスパ高すぎます。


ちなみに、私が唯一乗ったことのある上越新幹線は、Nゲージで持ってます。
さすがに出来の次元が違う。

  

丸い顔は同じですが、案外形が違うものです。
私が乗ったのは、「あさひ」だったか「とき」だったか…

余談ですが、昔の「RZ350」というバイク、カウル(風防のようなもの)が丸くて
「新幹線カウル」と呼ばれ、不評だったことを思い出した。
可愛いのにね(そういう問題か

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

外車しかないのですね

>キュアセブンさん

こんばんは。

アプリリアですか。あのメーカーで125ccというレプリカだと、国産車の250ccの新車が買えるくらいの値段でしょうね。それだけ出して、乗る価値があるかどうか…4ストに慣れてしまうと、やっぱり楽ですしね(^_^;)

50ccでは、とても125ccのスピードに敵わないです。50ccに乗っていて、125cc(カワサキAR125)にぶち抜かれたのが、免許を取るきっかけでした。。

中古市場でも、2スト車は事実上のプレミア価格で売られていますよね。足元見てるなーと。。。。

最後の2スト125cc・・・

こんばんは。

今、新車で買える2ストロークバイクは、確かアプリリアのRS125というレプリカですが、いかんせん値段が高いのですが、装備や足回りは400ccに匹敵するぐらいです。
足つきもやや悪いですが、加速力はあると思います。高回転を維持しなければならないので、町乗りはスクーターの方が便利かな。

自分も、RZ50とかRS50には乗りましたが、2スト125ccは乗ったことがないので、乗ってみたいなあと思います。
スクーターの2ストは、中古でリード100、アドレス100、グランドアクシス100等がありましたが、最近はあまり見かけなくなりました。

125ccの2ストに乗ってました

>ユキヲさん

2ストは、排気ガスが汚いですからね。
それでも、スクーターくらいは残ると思っていたのですが…4ストにすると高価になるので…スクーターも消えました。。

ロードレースは、一度見たいと思いつつ、見ることなくバイクを降りてしまいました。
90年代前半は、世界選手権を見ては大興奮していました。ユキヲさんの世代で全日本だと、平忠彦さんとか。

RG500γ、今乗ってる人がいるとは。。かなりマニアックですね。私は125ガンマとかTZR125とか乗りましたけど、加速は素晴らしかったです。

2ストは…

90年代後半に、おそらく排ガスの関係で絶滅したようです。自分は2輪免許は無いのですが、高校~専門学校卒業頃まで2輪の全日本選手権レースを見に行ったりしていました。
2ストの排気音は、独特な弾けるような感じがたまらなく好きです!最近、偶然スズキのRG500γ(社外チャンバー付き)に遭遇したのですが、排気音と紫煙に懐かしさが込み上げて来ました。

どうも、おひさです

>暇人さん

ナナハンキラーと呼ばれたRZ350、詳しいですね。
新幹線カウルと呼ばれたのは、モデルチェンジしたヤツです(^_^;)

2ストはもう、絶滅してしまったんでしょうか。。
かつては(1990年代)2ストスポーツ車に乗って、ガンガン回したものですが…

お久しぶりです

おお!RZ350は当時ナナハンキラーと言われた、ヤマハの名車ですね。2ストは憧れますね。メンテ大変だと思いますが・・

ええ、もう・・・

>リリアンさん

軍オタは大学生から、バイクは高校生からで、小学生からの天文や切手は、しばらく興味を失っていました。
ちなみに、太もも、アニメは30歳から。。。。
鉄道はいつからだったかわからないです。

高校や大学に行くと、価値観が変わって興味の対象も移るものです。女の子は私も追っかけました(ちょ

こういうオタク趣味は、続けられるだけ続けるつもりですが、現実世界の環境が変わったら、やめると思います。。。

趣味が多彩ですね

鉄道、軍隊、天文学、オートバイ、ふともも、アニメ。いろいろなことに興味があるのですね。私は鉄道は小学生のときは大好きでしたが別に嫌いになったわけではないのですがだんだんと興味を失っていきました。思春期は女の子やギターやバイクとかに興味の対象が移っていったのと、受験勉強が忙しくなってなかなかじっくりと趣味に時間がとれなくなってきたのと、いろいろと理由はあるのですが三十路さんのように昔からの趣味をずっと続けられるというのは純粋に好きということなのでしょうから素敵なコトだとおもいます。つづけてください

長い間応援ありがとう

>あささん

ああ、島本先生の漫画ですか。アニメ店長の(?)

ディーゼル機関車とはまた渋い。
渋いゆえに、キモヲタとして引かれなかったのかもしれません。
ぶっちゃけ駅とかでカメラ構えてる人は、マナーが悪かったりしてよろしくないと聞きます。

私って、プリキュアオタクだと思われがちなんですが、実は幅広い趣味の持ち主でして。だからプリキュアファン=ペドとは程遠いとよくわかります(意味不明だ…

同じ時代に生まれ・・・同じ時代に青春を生きたのだ!!  良い台詞だな。

国電パンチは炎の転校生(サンデー島本和彦)に出てくる技です。

DE10形500番のディーゼル機関車などを飾っていました。鉄ヲタって言うと引きますが、懐かしくて好きや子供のころから何となく好きぐらいなら大丈夫です。

当時チョコエッグが流行っていて周囲も色々飾っていたため余り目立たなかったのかな?

私個人としてはマニア・オタクぐらい夢中になれるって素敵だと思います。

(*´◇`*)ノ~おやすみ♪

タッキー?

>あささん

リンかけは愛読したクチです。連載から少し遅れてですが。。

ガチャポンの鉄道模型なんてありましたっけ。カプセルプラレールなんてのはありましたけど。
ガチャは、何が出るかわからないから面白いわけですが、私の肌には合わないです。。。

>>老若男女問わずに受けがいいのが鉄道のいいところです
えー、そうですか?鉄ヲタって、一般人の方々から白い目で見られているような気が。少なくとも「自分は鉄です」とはリアルでは言いません。。

運転士には憧れませんでしたが、電車でGOはやりました。プレステで、学生の頃。専用コントローラーまで買っちゃって恥ずかしい。

関東はまだ暑いっす。溶けてます。
日中ともに、冷却期間が必要なのかもしれません。冷静に対処するようにしないと…。

エ○電(こら~

>円盤屋さん

こんばんは。

飯坂電、たしかにE電ですね。
今、そんなこと言ってる人いないと思いますが。。

しなのマイクロははじめて聞きました。やはりマイクロエースがメジャーですね。出来はイマイチなものも多いようですが。

山手線はともかく、新幹線も…円盤屋さんは乗り鉄さんでしたっけ。JSKしながら電車に乗るというのは(え

>>K'SEI GROUP
このロゴを付けているのって、新京成とか北総くらいでは。
小湊鉄道は、踏切を渡ったことがあるくらいです。「海士有木」という駅名はポイントが高いです。

小湊のバスは、千葉駅前でもよく見たような気が。千葉市でもよく見る、赤っぽいバスですね。
しかし、袖ヶ浦ナンバーってなんで嫌われるんだろう。。。

リンかけに対抗して!滝沢国電パンチ ( ゜▽゜)/コンバンハ

ガチャポンの鉄道模型を集めていました。
(正確にはガチャポンを色々集めていました)
一つ200円でも結構散財しました。
今ならネットで買えるのに当時は知らなかったので・・・

車の助手席に飾っていました。老若男女問わずに受けがいいのが鉄道のいいところです。
(プリキュア等は人を選ぶので飾り辛いです σ(^_^;) )

男の子なら誰でも一度は運転手にあこがれるのではないでしょうか?私は「電車でGO」というゲームに嵌っていました。自動車のラリーみたいに定刻を守って走るだけなのに面白です。

滋賀にいたころ庭にレールを引いてる方がいましたが、一般の家ではNゲージでもレイアウトに制限が有ります。
ゲームなら全国の路線を走れるのでお勧めです。

PS リンかけをご存知とは以外でした。大阪はすっかり涼しくなりました。日中共に頭を冷やせばいいのにと思います。でも改めて日本人で良かったと思いました。中国人として生きていくバイタリティは無いな (´ヘ`;)

E電は福島にあります。

いいでん(飯坂電車、福島交通飯坂線)ですが。(笑)
一応乗車済です。

ということで三十路さんこんばんわ。
マイクロと言われるとマイクロエースになりますが、しなのマイクロと言う会社もありました。
もう倒産して無くなりましたが製品は持っています。(汗)
ちなみに画像の模型の本物は全部乗車しました。(笑)
京成グループだとワタシは友人が木更津に居るので小湊ですが、「K'SEI GROUP」ロゴを使ってないので知らない人は同じグループと思っていない人がいるかもしれません。
小湊鉄道バスは千葉市内にも路線を持っていますので袖ヶ浦ナンバーでも都会を走っているバスと言っていいと思います。(謎)
ワタシは都市部に住みながら田舎の私鉄が好きですので・・・(汗)

E電世代

>ユキヲさん

国鉄、懐かしいですね。
当時は国電とか言ったものですが…E電は普及せずに消えてしまいました。

南武線とか101系とかわからないんですが、国鉄電車は私鉄電車よりも重量感があった気がします。
走る音もズズズズズ…という感じで(高架の京葉線とか)。

少年の頃は、お金無かったっすねえ。
本も古本しか買わない(しかも文庫本)少年でしたし、あ、SFを愛読していたのですが。漫画なんか買ったら怒られます。アニメも見ちゃ駄目。そういう教育のせいか、高校に入ってジ○リ関係のアニメにハマってる男がいるのに驚いたり。

Nゲージでも、もっとゆっくり走らせれば良いと思います。シャーーーってスケールスピード300キロで走ると、軽く見えます。あ、模型店のレイアウトで見たのですが。

関東鉄道ですか。京成グループですね、たしか。
私は新京成が一番好きです。。

国鉄世代

連投失礼します。
鉄道に興味を持った頃、JR(当時は国鉄)南武線沿線に住んでいたのもあって、国鉄オンリーでした。南武線では、まだ茶色(ぶどう色)の旧型国電が現役で、なんとも言えない消毒薬のような臭いと駆動系のうなり音、車体の軋みなどが子供心に嫌でした。黄色い新性能電車(101系)に乗れた時の方が『ラッキー♪』と思っていましたが、今にして思えば、旧型国電をもっと沢山味わっておけば良かったと思います。(それでも特有の感覚は、五感に残っています)
思えば少年時代の方が、自分の自由になるお金は多かったと思います。今はプリキュアさんのキューティフィギュアを2体同時に買うのが精一杯です…orz
Nゲージも、動力車を持ってみると意外に重さは有るのですが、走行させると音は『シャ~ッ』って感じで、軽いですよね…。自分は、わざとレールの繋ぎ方を緩くして(隙間を作って)走らせるスピードも遅くして、なるべく音が出るようにしてましたが、それでも音は軽かったです。
今、イチバン身近な鉄道は関東鉄道の常総線です。いたってローカルな私鉄で、1~2両編成の気動車が、のんびり走っています。
時々駅に行って、線路際で眺めたりしています。

鉄子の部屋

>ユキヲさん

ここは何故か、鉄分の多い方が集まってきます。
私は関東私鉄ばっかりで、国鉄とかよくわからないんですが(中3のときに民営化)、総武線とか武蔵野線とか京葉線くらいは…ローカルです。。

Nゲージって、やはり迫力はイマイチですね。精密なのは凄いですけど。重量感が足りないのかなーと思ってみたりしていますが。。HOにはどうしても敵いませんです、はい。

老眼は、私もきてます。。かなり若いうちに症状が出始めましたので、将来が心配です。そろそろ遠近両用眼鏡の出番…も近いかもです(お金が…

積水金属とかカトーとかマイクロとか、いろいろメーカーがありますね。マイクロは叩かれる事が多い気がします。

鉄道模型は、気軽に買えないのがキツイです。精密機器だから、高くなるのも仕方が無いのですが…もう少し安くならないものでしょうか(ボンビー男

実は…

自分、鉄分も多めかも…。さかのぼると、小学生の頃!父親の転勤で、神奈川県→長野県→千葉県と引っ越しました。長野県の頃は、時々神奈川の親戚の家に遊びに行ったりで信越本線の特急や急行に乗りました。碓氷峠のEF63重連を、リアルに体験した世代です!(オサーンだなぁ
Nゲージも、一時はそこそこ持っていました。今は、北陸地方の実家に何両か残っている程度ですが…。去年帰省した際に、久しぶりに引っ張り出して眺めたのですが、30年近くも昔に作られたとは思えない程の精密感にうっとりしました!(しかし、小さな物を近くで見ると、我が目はピントが…orz…老眼…げふんげふん)
ちなみに積水金属のC62が、イチバンまともな状態で残っていました。

スミマセン、懐かしくて長くなっちゃいました!
バンダイ様の食玩は、自分は知りませんでした。
コスパ的に、魅力的ですネ♪再販して欲しいです!
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR