FC2ブログ

空の記憶

一番明るい星は金星(14日に金星食)、その上の明るい星は木星。
木星の右の星はアルデバラン(おうし座α)、左上はカペラ(ぎょしゃ座α)
2012年7月29日明け方撮影。



暑い日が続いております。
どうも団地の最上階というのは、熱がこもりやすいようで暑さ倍増です。
早く秋にならないかな…
日の出、日没の方角は、大分南寄りになって来てはいるのだけど。。


最近、学生時代のことをよく思い出します。
夢にまで出て来るんだから、自分にとって学校というのがいかに苦痛であったかが
よくわかります。
まあ、良い事もあったんですけど…目立たないです。

定時制高校の思い出といえば、パニック障害と恋愛沙汰ばかり。
誰それが、彼女を○×に寝取られた上に妊娠、なんて話もあったりして(極端だな

私自身、20歳も年上の女性に夢中になったりとか。ろくでもない。
まあ、若かったのでしょう。今、20歳年上はねぇよ。

そんでもって浪人して、予備校です。
やっぱりあの年も猛暑で、そんな中せっせと予備校に通っていたのであります。
人生で一番勉強した時期かも。
それでも、やはり数学は駄目でした。なにしろ高校でまるっきりやらない範囲まで
勉強しなければならなかったですから。一次変換って何?

英語だけは、死ぬ気で勉強した甲斐あって、高校時代とは比べ物にならないほど
学力がつきました。でも入試が終わったら学力が尽きました。
3月の二次募集でやっと受かったDQN大学、入試が終わった瞬間に英語力も失った。
もったいない…

DQN大学とは言うものの、学生のレベルは高かったです。
クラスの7割が女性という編成のせいもあったかな。。

ええ、成績は良かったです。成績表のほとんどは「優」。
真面目に講義に出て勉強していましたし、ノートもこまめに取っていましたから。
ただ、やはりパニック障害からは逃れることが出来ませんでした。

通学にはバイクを使っていましたが(電車に乗れず…)、途中で気分が悪くなって
道端で休む、なんてことも稀にはありました。
ようやく辿り着いた大学でも、すぐには教室に行けず、一階のロビーで休んでいたりとか。

なにしろ当時は「パニック障害」という病名すら、知らなかったですから。
藪医者には「神経症」「心身症」などと言われ、まず医師から理解してもらえていなかった。

ようやく大学4年になって、この医者は駄目だと気がついて転院した先が、現在通っている
心療内科です。そこで初めて「パニック障害」だと言われました。
薬も良いものが出されるようになり、苦痛も減りました。

クラスの編成が変わって、恋人…みたいなモノも出来てウルトラハッピーだった大学4年。
1999年1月、浦安の高級ホテルの裏の海で、夕日を一緒に見たのが最後の思い出。。
就職も出来なかった私には、故郷へ帰る彼女を引きとめることが出来なかった。腰抜けです。
離れてしまうと、心も離れてしまうもの。
どちらともなく、連絡が途絶えて…。・゜・(ノД`)・゜・。

卒業後、人生の深淵をのぞくことになろうとは…
死の淵で辛うじて留まったこととか、怒涛の2000年代の始まりです。

愛と勇気と血と涙のアドベンチャーは、また機会があったら書きたいと思います。
誰も読みたくない、か。。。ヤメタ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お互い、あまり若くはないようで…

>あささん

ここ数日の月の美しさには、目を見張るものがあります。
ついつい、風呂上りに全裸で見上げてしまいます(お巡りさんこっちです

そう、過去の事は忘れてしまった方が良いことも沢山あるのですよね。いつまでも拘っていては、先に進めない。そんな事もありますし。

クリスタルキング懐かしいです。北斗の拳、アニメ禁止令が出る直前まで見ていました。
でも我々の世代だと、クリスタルキング=大都会、だったりします。。

>>毎年、今年こそ一歩を踏み出さなければと思い続けて
そう思えるだけ、あささんには明るい未来が待っていると思いますよ。私なんか諦めが入りはじめて、心が折れかかっていますから。
こんな私を見ていても、ためにはならないと思いますが、見守っていてくだされば幸いです。

>>死兆星
北斗七星のそばに光る星、アルコルと言う名ですが、天気が良い日には肉眼でも見えます。空が明るい千葉でも。
いつ病気が出て、急死するかわからない年代になってきました。癌も心配になって来ますしね。。
本当に「悔いなし」な人生を目指したいものです。

恥ずかしいです…

>キュアセブンさん

こんばんは。

過去の記事を読まれるのって、なんか気恥ずかしいものですね。
たしかに一生のうちでそう何度も経験することは無い出来ごとではありました。

振られたのが3回なら、まだ少ない方ですよ。私なんか…(ご想像にお任せします
私もここ10年は、全然運が無いです。。

キュアハッピーのスマイルは最高ですよ。グッズが増えるのも自然なことです。
星空さん…(*´∇`*)

恋に恋する時代は遠い昔になりました。

今日は大きな満月がきれいです。町の電飾と夜の空の黒、黄色い月、映画の場面みたいな美しさです。

最近は、過去を振り返ることが少なくなりました。
過ちだらけの過去は置いて行きたいです。

今日より明日より、愛が欲しい、夢より愛する君が欲しい。
「ユリア永遠に」気分です。

一度手に入れた愛を失うのは辛いですね。
誤解されれば、泥沼にはまり抜け出せなくなる。
傷つけあって、修復が難しくなる。
愛は一生を費やして証明する命題だと思います。

毎年、今年こそ一歩を踏み出さなければと思い続けて、十年です。今年は三十路さんと出会えた事を力に変えて進みたいです。たとえ小さな変化でも、私には大切な一歩です。

もし自分が、精神科に通院していなければ、このブログに魅かれることは無かったと思います。
私は、自分の経験で計ることでしか理解できません。
パニック障害や死の淵を覗く事が、どの様な物かはわかりません。
分かるのは、三十路さんから目を離せないことだけです。

PS 三十路さん…今ならあなたにも見えるはずだ、あの死兆星が! って縁起でも無いですが、望遠鏡を覗かれる三十路さんなら、ご覧になっているのでは?
そろそろ、死を身近に感じる年齢になってきました。
「我が生涯に一片の悔いなし」が目標fです。

青春だね・・・

こんばんは。

「初恋の有楽町線」を拝見しました。
なかなかあまりない経験ですよ。かっこよい展開ですよ。青春とか甘酸っぱさを感じます。

私も、大学時代に女性に告白しましたが、見事に玉砕して気まずくなりました。振られたのが通算3度目なので、それ以来、全く運がないです。

キュアハッピーのスマイルに負けた。そして、Tシャツを予約してしまった。プリキュアのグッズが増えていく。



イカ臭いでゲソ

>シャイニールミナスがいいのんさん

どのあたりが良い話なのかしら…(恥
期待させてこんな記事ですみません。

>>おらー!~どかどか~すみませんもう二度と~これがけじめじゃ~ぷちゅーん
プロフィール画像(チュッパチャップスくわえてる)のコワモテの兄貴が…(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

色白だったんですよねーあの子。本当にもったいないことをしました。でもいいんです、今は褐色の(以下略

オラに彼女をわけてくれーと言える身分なら良いのですけどね…(遠い目
まだまだ、私には修行が足りないです。もっとイカ食わないと(?)

スプラッシュスターとか苺ましまろとか、誠に恥ずかしいです…。
ほのか萌えといえば、くるくるさんという方がほのかカードを欲しがっていたんですが、シャイニーさんのお知り合いのくるくるさんでしょうか。入院されているはずなのに…早くお加減が良くなるよう祈っています。

コメント読んで爆笑したのは久しぶりです。ありがとうございました。

良いじゃないですか~感想

いい話でした~。
もしかして効果音でいいますと、だれ?はあはあええいや~おれはあんたに~ぎゃ~ざくざく~ぶしゅーへへへ、と思ってクリックする指が震えてました。(期待してたのかよ!)
私は、おらー!~どかどか~すみませんもう二度と~これがけじめじゃ~ぷちゅーん、でした。(訳わからんぞ)

でもその年齢の女の子に魅力が無いってのは嘘ですし、ずるい色白さってのは太古の昔から男は重宝してたくらいですから、光源氏も同じです。
いいじゃないですか、イカ臭い過去を越えて今があるのは全世界の男共通ですからね。(うんうんぴゅぴゅ)
星に願いましょう。
「オラに綺麗なカノジョわけてくれー!!」(シルバーサイヤ人)

スプラッシュスターとかの記事が懐かしいです。
苺ましまろかあ~。(どうしたおっさん)
三十路さんがほのか萌えとは知りませんでした。

連投申し訳ありませんでした。

うわぁ、恥ずかしい(書いておいて今更…

>シャイニールミナスがいいのんさん

2005年12月17日です。
いや、本当にくだらない記事ですよ?
なんでこんな中2病みたいな記事書いたんだろう…orz

ちとすみません

連投すみません、その初恋の有楽町線は日付はどこでしょうか?
ものぐさおっさんですみません~。

最近、近くが見えにくくて…老眼?(早

>シャイニールミナスがいいのんさん

こんばんは。

明けの明星があまりに綺麗だったので、カメラを向けてみました。
私の青春って、そんなにロマンチックなものではないですよ。ドロドロした、汚い思い出ばかりです。

彼女に関しては、ちゃんと愛してくれていたのだろうか…と疑心暗鬼になったりもしましたが、今となっては遠い過去の思い出になってしまいました。

私の青春エピソードは、16歳のときの事を書いた「初恋の有楽町線」を読んでみてください。いかに私が危険人物であるかわかりますよ(^^;

私に素敵な恋…なんかもう、諦め気味。。若い人に任せるべきなんだという思いだけが、脳裡を駈け廻ります。。やる瀬ないですけどね、やっぱ若い人には敵わないですよ。

星にお祈りする星空さん、良いですね。遠い過去のことみたいな七夕回を思い出します。
さすがアニメーtげふんげふん!!
ありがとうございます。

遠くを見つめると遠くなる憧憬

こんばんわ。
明けの明星いいですね。
暗き空に光る星は人生という暗闇に光る思い出のよう。
思い出のロマンティックも美しい輝きに包まれるのかもしれません。
そういうものが無いとこの先も闇道を進むには辛すぎます。彼女との思い出も苦いものですが、ちゃんと愛してくれた人がこの世に存在したのですから、それだけでも人生に価値はあるのでしょう。後悔のない人間なんていないのと同じように、愛情に纏わる記憶が無い人間なんていないのかもしれません。そのアンバランスさに不幸は訪れ、傷に苦しむのでしょうか。
不幸を絶対条件に生きるほど人間は器用でない。
だから「願う」のでしょうか?
マホガニーのテーマのように問い続けるのかもしれませんね、人生って。

三十路さんの青春エピソード読みたいです。
私なんぞバトルフィールド底辺でしたので、人様の青春のエピソードに興味あります。
三十路さんに素敵な恋が訪れるように願ってやみません。

ちと小説挿絵風ですみません。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xokb6d2ih4t7gouqkbf73cqus4-1001&uniqid=ac5425d5-1cca-4807-80bc-f27eead99ee3&viewtype=detail" rel="nofollow" target=_blank>https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-xokb6d2ih4t7gouqkbf73cqus4-1001&uniqid=ac5425d5-1cca-4807-80bc-f27eead99ee3&viewtype=detail
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR