FC2ブログ

僕は友達が少ない(憂鬱注意)

先日は、高校で同期だった女友達のお誕生日。
毎年おめでとうメールを送っていたけど、彼女も38歳。一児の母。
迷惑かと思い、送るのをやめました。

こうやって、友達が減っていったのかなと思う今日この頃。
パニック障害が悪化してから付き合いが悪くなってしまって、友人たちに呆れられたのも事実。
皆、私の事を「怠け病」だと思っているんじゃないかな。。
さっきもトイレで発作を起こして、へろへろになったというのに。

私の苦しみようを見て来た家族は、「こいつ可哀想なヤツ…」と思っているみたいですけど。
友人は、陰で苦しむ私を見ているわけじゃない。
元気な時だけ(無理して)会ったりしているので、「こいつは健康」だと思われていたり。

だから、「俺は心の病なんて認めない」「二年以内にめどをつけなければ縁を切る」と言って
去っていった友人もいたし。
「心の病」だけじゃないんだってば。
「神経伝達物質(セロトニン)云々」な、どうしようもない病気だとわかってもらえなかった。
彼の別の友人で鬱病の男も、かなり酷い言われようだったみたいだし、
そういう理解の無い人ならしょうがないと思って諦めたのだけど。。

似たような病気の女友達には、「治そうという努力が足りない」と言われて絶縁され。
そりゃ、あなたが病気にもめげず、派遣社員として頑張っていたことは認めるよ。
でも、他人が同じことが出来ないからって批難するのはどうかと。
「私はあなたよりも努力しているから、もしあなたが私と同じものを得ているのなら、
私は神を怨む(大意」
そんな捨て台詞を残してあなたは消えた。
発狂したみたいに暴れていた、あなたの病んだ日々を無かった事にしようというわけですか?
リストカットを繰り返し、入退院を繰り返していた日々が無かったと。
それが治療なのですか…?


結局のところ、私が健康であるか、健康に向けて血反吐を吐きつつ努力している人間でないと
友達なんか寄りつかないのです。
友達欲しくば健康になれ。
去っていった友人たちは、そう言いたかったのだと今にして思う。

そういう人たちと友人関係を続けられなかった自分が、欠陥人間なのだ。
30代も、沢山苦しんだ年代だった。未熟だった己への自省もある。
40代は、もう少しマシになるように努力しよう。
具体的には、「素直になる」が一番目かな。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あ、いえ…

>名無しさん

こんにちは。

まあ、友人たちが私の病気を理解できないのは、しょうがないと思ってます。
大学生の時、講義中に発作を起こしたことがあって、健康っぽい私しか見たことのない級友たちは驚いていました。驚くような、特殊な現象なんですね。

周囲の無理解も辛いですが、世間の「普通っぽさ」に合わせられない自分にも非があるとは思っています。
体調の良いときには、なるべく健常者の真似をしていこう…と頑張っています。

福圓さんは、そう言われてみればリオーネさんでした。もっとも私が見た「ふたご姫」は二年目で、リオーネさんの出番はあまり無かったですが。。

マジレスすみません…。

三十路さんこんにちは。コメントするのは数回目ですが…
困っている時の友が真の友、という言葉もあります。
苦しい状況にあった三十路さんを平然と罵倒する人たちの事など「友達」と言うに値しないと思いますよ。
自分が理解できない苦しみを抱えている人の事を、理解しようとする努力すらせず否定する、そんな想像力を欠如した連中には本当に呆れるしかありません。
その手の連中との付き合いはこちらから切って捨てても問題ないどころか、正しい行為だとすら思います。
コードギアスの台詞ではありませんが、「間違っているのは俺じゃない、社会の方だ」ぐらいの気概を心の中で持っている方が、無理解な多数派に潰されずに済むのではないでしょうか。
空気読まないコメントで申し訳ありません。

追伸
福圓さんは、ふたご姫のプリンセスリオーネが印象的でした。

「リア充爆発しろ」って、リア充な人が言っていたりします…

>M-GRIPさん

こんばんは。

こういう病気って、気持ちの切り替えが大事だと思います。それが出来たMさんは凄いです。自信持って良いと思いますよ。

「僕は友達が少ない」って、全然見たことないんですけど(ヲイ)、人気あるんですね。福圓さんはあまり存じ上げなかったのですが、結構いい声優さんですね。上手いです。

プリキュアってリア充だったのか…そういう見方も出来る、ここまでのスマイルプリキュアです(偶然か)。

伊藤かな恵さんって、ナイスバディな人を演じることが多い気がします。気のせいかなぁ。。

ネットでの人付き合いを大事にしろ、と主治医には言われています。やっぱり本当に「ぼっち」になると良くないみたいですので。。

いろいろありますが、これからもよろしくお願いします。

リア充爆発しろ(ユニバース!)

どうも、こんばんは。
世間に理解が得られない体質ですとなかなか苦労させられることを痛感しますね。
今日の私も職場で色々ありましたがなんとか力技でねじ伏せました。気持ちの切り替えを重視したのでそこも切り抜けられたところに大きいですが・・・(苦笑)。

ところで記事のタイトルにもなっている「僕は友達が少ない」はなにげにラジオではプリキュア繋がりなアニメでありました。ラジオ2期目の終盤辺りで福圓美里さんと井上麻里奈さんの2人がプリキュア出演が確定(発表できる段階)したので題材が題材だけに「おまえらそういうこといって友達が大切とか言うんだろ」とか「プリキュア=リア充」なんてネタに花が咲いたものでした。
個人的には伊藤かな恵さん演じるナイスバディーを誇る”変態ギャルゲーマー”「肉」こと柏崎星奈がイチオシだったりしますがw

まあかつてのお友達に関してはあまり気になさらずにいいと思います。私もリアルでは友人一人のほかは職場での付き合いぐらいしかないですから(汗)。
多分、ネットでの縁もなかったら今頃とっくのとうに社会的に腐ってたとも思いますので(苦笑)。

今回は俗称「はがない」こと「僕は友達が少ない」を語りたいがために出てきてしまったようなものなので失礼しました。
それでは、又の機会に。

質、でしょう

>シャイニールミナスがいいのんさん

こんばんは。

友達付き合いに限らず、人と接するのは本当に難しいです。健康な人ですら難しいのですから、病気なんか抱えていると更に…。
学生の頃は、気楽な友人もいたのですが、バラバラになると変わっちゃうものですね。諸行無常を感じました。。

北極星さん、辛い思いをされているのですね。
私が英語が出来ないために、なかなか温かい言葉をかけられずに終わってしまうコメント欄なのですが、英語でも彼女の誠実さとか優しさって伝わるものですね。
苦悩しているから、そういう心からの言葉が出てくるのかな、と。それは人気出るわけですよ、北極星さん。

若い時は若いなりの苦悩があるんですよね。私も頑張るので、北極星さんも元気で頑張って、とお伝えいただければと思います。

シャイニールミナスがいいのんさんも、お身体大切になさってください。ブログ楽しみに拝見しています。

さぁて、私もひとつ元気出さなきゃぁ(オッサンが…

数か質かうーん

こんにちわ。
なかなか人と接するというのは友人に限らず難しいものですね。
私に限ってはいい加減の10乗みたいな友人ばかりなので、返って気楽なのかもしれません。
北極星がコメしておりますが、彼女も目立つ容貌のために妬みで体を傷付けられ心に深いものを負ったために人間不信になり、親しい人間しか話す事が出来なく、事務所のカッターナイフでさえ怖がるリスクを持っています。
ですので人の辛い告白を見ると日本人には馴染みのない「愛」とか「希望」「光り」とかをコメントしてしまうようです。
彼女の誠実さは疑念を持たれ易いのですが、傷を持つが故の吐出された言葉だと思っております。
こういう時、いじめという暴力を憎むと同時に人間のあからさまな生身の部分というものを考えさせられます。
もしかして、こういう彼女の純粋な部分が私の周りに人気があるのかもしれません。
ですが、彼女のように地球上に真面目に人の心配をしてくれる人間がいるという事だけでも希望を持てるのではないか、と思っております。
今、北極星は別の苦悩を抱えておりますが、若いなりに乗り越えようとしております。
皆として明るい未来が訪れたらと思っております。

北極星の事ばかりでしたが、皆さん共々頑張って行けたらと思っております。
長文失礼しました。

Many thanks.

>Polestar-Asteriskさん

Good evening.(morning?)

この問題はとても根深いもので、簡単に答えが出るものではありませんが、ご心配なく。

希望を持つことが大切…まさにそのとおりです。
そういったものを見つけ出す旅みたいなものですよね、人生って。なかなか難しい事柄ではありますが。。自分なりに努力していれば、きっと良い事があると信じています。

若い人の意見は大切です。私は年齢を重ねて、考え方が固くなってしまっていますので。ありがとうございます。

Polestar-Asteriskさんの優しいコメントを頂いたら、元気が出ました(^^;
Polestarさんも、健康には気をつけてください。

ちなみに…Polestarさん、日本でも大人気ですね。

私も健常者の真似を…

>あささん

>>外出時に症状が表れても出来るだけ普通に見えるように努力します
それって凄く大変なことですけど、私もそうするように心がけています。そうでないと、体調の悪さに押しつぶされてしまいそうになるので。。

死ぬまでは行かないけれど、元友人たちの発言が正論だとは、必ずしも思いません。単に自分の彼氏と比較して「お前は駄目だな」みたいな事もよく言われましたし。暴言もいっぱい浴びました。もう沢山です。

I believe the shine in the sky.

Good evening.
I can not answer well.
Hope is important.
I think so.
Might could do something.
Be it a life journey to find it.
Young person was impertinent opinions.
I'm sorry.
Please maintain a healthy.

人の気持ちって、理解した気になるのが精一杯だと思う。

私の場合、鬱病じゃないかと紹介状を書かれたものの中々精神科に行けませんでした。やはり精神科=気が狂っている様なイメージが有ったからです。精神科で統合失調症と診断されたときも認めたくありませんでした。外出時に症状が表れても出来るだけ普通に見えるように努力します。誰しも正常に見られたいからです。症状が出ている時に、それが現実に起きているのか幻覚なのか確かめるようにしています。自分自身の知覚が正常じゃない怖さは痴呆症にも似ています。先日、禁煙記事のコメントに不思議だとコメントされている方がいましたが、普通の反応だと思います。批判される友人の方も日常でつらい事を耐え抜かれているから正論を発言されるのでしょう。しかし、声にならない思いを抱えて死んでいく人が大勢いる。それを努力不足と言わないで欲しい。 PS 長々とスイマセン。健常者の方に読んで欲しいです。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR