FC2ブログ

けいおん! 雑感その2

秋山さん:「みんな、目指す音楽の方向性が違ってきたんだ」
ハテ…?
というわけで、明日12月3日、いよいよ映画「けいおん!」ロードショーです。
弊ブログをお読みの方には、あまり縁が無いかもしれませんが。。


劇場版に合わせて、テレビ版第一期再放送が、今朝終わりました。
「ピンチ!」「最終回 軽音!」を見ての感想を軽く垂れてみようかと。

2年生になってのクラス替えで、一人別のクラスになった秋山さん。
さぞ淋しいかと思っていたら、実は幼馴染み(?)の田井中さんの方が
より淋しがっていたという描写が見られて、田井中さんも人間なんだなと(えー)。

和さんと仲良くしている秋山さんを見て、嫉妬する田井中さん。
第二期にもこんな話はありませんでした。心と心で繋がっている感のあった二人です。
険悪ムードになったのが、やや唐突な気もしましたが、二人はやはり親友だったという
まとめ(風邪ひいた田井中を見舞う秋山)は、心に沁みるものがあるのでした。

個人的には、「律っちゃんの代わりはいない」「律っちゃんは絶対に来る!!」
(風邪のことはわからない時点で)
そう自分に言い聞かせていたようなムギさんが印象的でした。

最終回は、平沢さんが風邪をひき。。
姉のふりをした妹さんの方がおっぱいが大きい(と、さわ子先生が指摘)ことが判明ゲフンゲフン!

学園祭ライブ目前だというのに…唯先輩抜きなら、辞退した方がいいですという
梓さんが、丁度前回のムギさんに対応している感じで良い。

「あずにゃん」などという渾名をつけられ、はじめは嫌がっていたような梓さんですが、
次第に唯先輩(はぁと)になるのが微笑ましい。これなんて百合アニメ。

学園祭当日、ギー太を忘れて走って自宅に取りに行く平沢さん。
走りながら、軽音部に入部した頃のことを思い出し、あの頃の私…やりたいこと見つかったよ…
と心の中の自分に呼びかけるシーンは、さすがに最終回。
第二期が無かったとしても、見事な終わり方です。これは人気が衰えないわけだ…。

平沢唯成長物語…という言葉が脳裡をよぎったラストなのでした。

…番外編が放映されなかったのは残念ですが。。
そんなわけで、一通り見たので私も一端の「けいおん!」ファンということにしてください。



※お勧めサイト
「けいおん」関連の感想は、ランゲージダイアリー様の記事を是非お読みください。
相羽さんは私の三大師匠のひとり。非常に優しく、かつ鋭い感想を書かれています。
映画も見に行かれるとのことなので、そちらも楽しみです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>シャイニールミナスがいいのんさん

高千穂遥さんって、某漫画家さんと喧嘩した人ですよね(古い

おっさん同士でレイトショーですか。明日は休みだし、良いのではないでしょうか。
いや、全然「うほっ」とか思っていないですから!

Unknown

ツイッターで読んだんですけど、意外と高千穂遥さん憂ファンなんすね。
今夜知人から誘われて強制的にレイトショーで見に行く事になり、劇場版見に行きます。
ちょっと疲れているけど、パピコさんパワーを受けに行こうと思っています。
おっさん同士の京都の夜・・・。

感動した!!(古いよ

>まるっささん

>>『原作連載中なのに途中で終わるアニメっぽいとってつけた最終回』臭
その割には、見事な終わり方だったので感動してしまったのです。

走る平沢さんを見ていたら、この子もずいぶん成長したなあと。本当にアニメ屈指の名シーンかもしれませんね。

各キャラクターの成長物語という感じでした。
たった1クールではあったけど、「けいおん!」がいかに人気作であるかを思い知らされた気分です。

プリキュア5が・・・

>紙粘土さん

こんばんは。

けいおんが溜まると、消化が結構大変そうです。オレもプリキュア5の録画が溜まりそうで怖いです。コーラックですな(え

千葉駅前も、オレが学生の頃とは大きく変わりました。よく定時制に行く前に、三越に趣味の切手を買いに行ったんだ…

オズの魔法使いのごとく・・・

それぞれが本当に欲しかった物を手に入れた感じが心地よい『最終回』だったと思います。

そりゃまあいかにも『原作連載中なのに途中で終わるアニメっぽいとってつけた最終回』臭は致しますが(汗)・・・以前放送分をケータイで録画しておりましたので(笑)、特に最近Bパートの部分だけ通勤の際に何度も『聴いて』は感動に浸っておりました(おい)w ホントにあの澪バージョンの『ふでペンボールペン』が流れる中の唯の語りが入るところは今観てもヤバいくらい泣けてきます(笑)。以前にも触れましたが、日本アニメ屈指の名シーンにカウントしてもいいんじゃない?と思うくらいでして・・・。
そしてそこで感動し落ち着いたと思ったら、ムギちゃんによる『第二波』が来るもので、そこでさらにトドメをさされた気分です。この1クールの物語での彼女の変化のドラマもまた唯同様に胸を打つものがあったかと思います。

録画しっぱなし

こんばんは。

オレも「けいおん!」を録画していますが、まだ全然見てないですね。スプラッシュスターもミズ・シタターレ戦死回以降録画シタだけで未見ですし。

一応DVDには焼いてあるので、暇を見つけて見ますかね。

それと、昨日仕事の用事で千葉市の千葉駅周辺に行きました。チバテレビの社用車を見かけました。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR