FC2ブログ

夏色物語

風邪が抜けない、秋の一日でした。
秋とはいえ、今日は暑く…去った夏を懐かしむようです。

ちょっと精神的に落ち込んでいまして。
ええ、昨日の大学病院の一件もありますが、それだけではない根深い問題について
考え込んだり、後悔したり。
出身大学から、同窓会の案内状が来たことも関係してる気がする。
どのツラさげて、母校に行けば良いというのか。
卒業以来、何も進歩していないどころか、退化してるんだから。


まともに生きられない自分に苛立ちや怒りを感じたり、かと思えばいきなり
無力感に襲われたり。こういうのを、錯乱の始まりというのかな。

本当は、こういう記事は書きたくないんです。
自分の恥を晒すことだし、読んでもつまらないし、前向きな態度でもないし。

考えたらどうにかなるというものなら良いのですが、考えることで
精神的に参ってしまうのではどうしようもない。
まあ、既にこの20年は、精神的にも肉体的にも参りまくっているのだけど。

元気な時は、「自分には自分の生き方がある」と納得しているのに、一度参ってしまうと
自分の存在自体が許せなくなる。。
「他人との比較」が、落ち込む原因だとさすが現在では悟ってます。
隣の芝生は青いもので、幸福そうに見えるけれども実際には大変な苦労があるものです。
他人から見れば、私は幸福な人間に見えるかもしれない。
常に他人の立場から自分を見る事が大事。

そう考えると、落ち込んだり無力感に苛まれたりしている自分が馬鹿馬鹿しくなってくる…。

病気なのは(健康な人の中には、認めない人も多いけれど)事実だから、
それとどう上手く付き合って生きて行くかが、今後の人生の課題。
その中に、少しでも幸福を見出せれば良いのだと思う。
医師がサジを投げたとか、そんな事はどうでもいい。
改善すると信じなければ、通院する意味が無い。。

人生は、何が起きるかわからないという。
心の片隅にでもいいから諦めない気持ちを持って、自分なりに充実した中年期を
出来るだけ楽しく送りたいと願うばかりなのだ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

生きるのは大変です

>やっつさん

やっつさんも、苦労されているのですね。
諦めと苛立ちが混じってるというのも、よくわかります。

でも、死んだ方がましということは無いです。
生きることは大変なことですけど、一度しかない人生です。楽しく過ごさないと損ですよ。

もっとも、落ち込むと何もかもつまらなくなる…というのは、今回久しぶりに体験しました。
やっつさんも、どうかお大事に。。

難しいですけどね

>Unknownさん

自己分析…出来ているのかしら。。
本当は答えは出ているんじゃないのかな?とか、どっかで聞いた科白が蘇る。。

体調がすぐれないのは、急に涼しくなったせいもあります。心療内科的にも影響はあるかもしれません。
慣れて来れば、また元気になると思います。ならないとマズイ。
励ましありがとうございます、ミ…

生きているのも

結構、つらいですね

私は、長く見れば、10年
子供ができて、しばらくして、
また発病。

この4年は、わけのわからないだるさと
心臓苦しいで、自分に鞭打ったり
諦めと、苛立ちが混じっています


いっそう死んだほうがマシかな
とも思いました

子供とか、今生きていることのしがらみが
たぶん、面倒で、つまらなくて、くだらなくて


でも、自殺することも、家出することもできずに、今に至っています

マイペース、マイペース!

自己分析がよくできてるとおもいました。
それと、なにをどうすれば良いのか頭の中ではわかっていても、なかなかそれを実行できないもどかしさも、ひしひしと伝わってきました。
たぶん今は、夏の疲れもあるのでしょう、気持ちが膨らんでいかないだけなのかもしれませんね。
あせらず、ゆっくり、すこしずつ…
今はそんな感じで暮らしていてくれたら、うれしいです。
ハイ。

Unknown

>シャイニールミナスがいいのんさん

いえ、私は全然しっかりしていません(・・;)
むしろもっとしっかりしろと…。馬齢を重ねるだけで、進歩というものが無いです。
でもまあ、社会的不適応者になって長いので、そろそろ慣れてもいいんじゃないかと。。

普通に職業に就いて家庭を持っていても、こういう事があるのですか。。まさに隣の芝生は青い、ということですね。何かしらの悩みも無い人間などいないわけですね。深い。。

仰るとおり、文章にして整理してみると、それほど苦悩することは無いじゃないか…と思えて来ました。
お互い、笑顔でいられる時間が長くなるように、適度に頑張りましょう。
ありがとうございました。

Unknown

私の何倍もしっかりしておられて感心しました。
確かに自分と社会との対比で何も無い自分ってもういらない、この歳で何やってんだと思ってしまうのは、普通に職業に就いて普通に家庭を持っててても思う事でして、虚悪心が巨悪に見えてくるものです。
御安心ください、三十路さんだけではありません。
言われてるとおり、人生何が起こるかわかりませんし、何か起こった時の心構えが出来ればそれで十分です。
絶望に問いかけると絶望に囚われてる自分が返って来る。
希望に問いかけると希望を欲っする自分が返って来る。
ロジックさを求められる世の中ですが、正確で正解な人生生きてる人間なんていないはずです。
お互い、なるべく悩む時間を減らして元気よくいきたいですよね。
今回の記事は勉強になりました、心情を文にする事によって痛みが緩和されてる事を祈ります。

長文失礼しました。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR