FC2ブログ

恐怖の床屋さん


今日は、苦手の床屋さんに勇気を出して行ってきました。
何だか、朝起きて体調が良かったので。

髪を染めてからは、初めて床屋さんに行くことになります。
親父さんのツッコミが入るに違いない…

そう思っていたら、別段不思議そうな事も言わない親父さん。
べっ別に突っ込んで欲しくなんか無かったんだからねっ!!

「染めるとやはり、若く見える」というようなお世辞を言われました。
確かに今の私は20代に見え…(ネーヨ


散髪してもらっているうちに、悪い病気が出てしまいました。

  

吐き気が…。身動きがとれない。。
パニック障害の発作です。薬は飲んで来たはずなのに。
太ももをつねって、苦しみに耐えました。

耐えているうちに、突然、
「腹がへっているんじゃないか?」
という考え方に変わって来ました。確かに空腹です。
空腹感を、脳が吐き気と勘違いすることがよくあるのです。

急速に楽になって、無事に床屋さんクリア。

クリアはしたけど…この程度で発作を起こすとは、病状はかなり悪いです。
電車に乗ったとか、もっと強いストレスならともかく。
帰宅してからも何となく調子が思わしくなくて…。。

発作を起こしたことで、クヨクヨするのが一番いけません。
病気が喜んでつけ込んで来る。
気分転換、気分転換。


それでもやっぱり、落ち込むんです。
私は弱い人間だ。
この先の人生真っ暗なところで以下次週。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

おだいじに・・・

>灰月 さくらさん

お疲れさまです。

『デ○ケンR』という薬を飲んでおられるのですね。私はワイパックスという安定剤を、頓服として貰ってます。なるべく薬は飲まない方が良いのですが(私の場合)。。

>>一生ストーキングされる問題なので
それは多分、私も同じです。
病気の種類が違うのでしょうけど、灰月さんはまだまだ若いから、人生悲観しちゃ駄目ですよ。

カラオケに関して、ラジオで聞いた笑い話。
イケメンで、密かに思いを寄せている女性も多いという男性が、カラオケで歌った歌が「北斗の拳」。その日以来、彼は全くモテなくなったとか。その話が頭にこびりついているので、人前では絶対にアニソンは歌うまい…と思ってます。。
やっぱり、異端児扱いされるのがオタクですからね。。

『熱中症 私はプリキュア 熱中症』  by 灰月 さくら 

お疲れ様です&キュアちっす!、灰月です。
ご無沙汰しておりました。

持病を持っている私たちにとって、急な発作はつらいですよね。

私なんか『デ○ケンR』がなかなかきかず、困り果てています。

7月は色々ありました。

それが祟ったのか、疲れが出てしまい、熱中症で『神様のカルテ』のモデル病院へ入院しておりました。


>「開き直れ」と、若い頃何度言われたことか。
>そう簡単に開き直れたら、誰も病に苦しむ事は無い…などとツッパッていた時期もありました。

私も、『電池が切れるまで』の舞台の神○科医「開き直れよ」といわれました。

私の場合は、一生ストーキングされる問題なので、「ボチボチな。」という精神を忘れないようにしていますが・・・。



・・・、私のブログを訪問してくれた高校後輩が、カラオケに誘ってくれたので、先日行ってきました。

・・・、オンライン採点で、全国1位をとった曲がほとんど『プリキュア』のTSやCSでした・・・。

普通の歌い手さんが歌うような曲も歌えたほうがいいのか悩む灰月でした。


長々とすみません。

暗い日本ですが、『プリキュア』や『マリー&ガリー』を見て、お互いに明るさを注入しましょう!

ではでは。

Unknown

>シャイニールミナスがいいのんさん

「開き直れ」と、若い頃何度言われたことか。
そう簡単に開き直れたら、誰も病に苦しむ事は無い…などとツッパッていた時期もありました。

そうですね、最近は医師にさじを投げられたこともあり、病気を身体の特徴のひとつとして、どう付き合って行くか、そう言う事を考えています。

「治らない」と聞いたとき、ある意味で開き直れたのかもしれません。

Unknown

人は皆苦しいものと背中合わせに愚鈍に生きている。
と、開き直ったとき私は楽になり「普通」を愛せる人間になったようです。
孤独思考は時に行き過ぎた埋没論破となり、暗黒的破壊指向が結論となって自分を救いのない不幸者にしてしまいます。
病気も付き合っているうちに斜めに見て怖いものから厄介なもの、次第にはメンドクサイけど、俺の中の一部なのさとなってゆきます。
そうゆう自分を責める事さえめんどくさく。
ですので、三十路さんの良い所は自身で愛して大事にすれば「優しい普通」が嫌でなくなるとおもいます。
己を憎み切るほど、つまらない人生はないですもんね。

ハミイ閣下「セイレーンはどうしたいにゃ?」
閣下の純真な瞳がおっさんの胸を引き裂きます。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR