FC2ブログ

帰って来た”あずにゃん”にハートキャッチされた

あずにゃんが帰って来た!

…。
……。


  

演劇部の、高岸あずささんです(怒られる
口癖は、「あめんぼあかいなあいうえお」。

東京MXテレビで好評再放送中の「ハートキャッチプリキュア!」も、第16話。
先日の母の日ネタの、”なみなみ”と並んで愛しいキャラクターの高岸あずにゃん。

高岸さんは、演劇部部長。
ファッション部部長の、えりか様との対比が描かれる今回。

  

張り合う二人が主役で、花咲さんがいらない子になっておられる。
脇役もしっかりとこなす花咲さん。不人気だなんて言ったの誰ですか。


  

あずにゃんは、演劇が好きすぎて周りが見えなくなってしまうタイプ。
自分が絶対に正しい、自分の言うとおりにしていれば良いのだと言うあずにゃん。
まあ、典型的ワンマン部長です。しかもカルシウムが足りてない様子。にぼし食えにぼし。

演劇部員:
 「コンクール、コンクールって」
 「こんな部活、全然楽しくない!」
 「もう、部長にはついて行けないよ!」
コンクールでの優勝に拘りすぎるあずにゃんから、演劇部員が去っていく。

それに対し、演劇部の衣装を作ることになったファッション部。

  
  

部員の意見を積極的に採り入れ、褒めて育てるタイプの来海部長のもと、
部活を心から楽しんでいるファッション部員。

独りぼっちになって、寂しそうにファッション部を覗き見する高岸あずにゃんには、
コブラージャさんのデザトリアン療法です。

  

演劇部員の前で、本音を吐露するデザトリアン。
あずにゃんに悪意の無いことを知る演劇部員たち。。
キュアマリンこと、来海部長に浄化されるのは上手い演出です。

  
  

高岸部長の本音を聞いた演劇部員が、部に戻ってきてくれてハッピーエンド。
ベタベタのベタですが、あずにゃんが可愛いから全て許せます(ぇ

  

えりか様:「すごいね…あたしたちの作った衣装」
演劇を見ろ、演劇を。




……一年後。

  「どおぉりゃあぁぁ!!」

  

  ボゴォッ!!

あずにゃんは、変身して戦っていました(えー)。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あずささんマジ美人

>オーズさん

なみなみとか、パパラッチとか、サブキャラがやけに可愛いハートキャッチさんですね。

番くん好きですか…。終盤、なみなみとデキているように見えて嫉妬したものです。

折笠さん(リズム)は、声の質が怒りっぽいキャラに向いているのかなぁと。。

昨日の放送観てて私も思いました。

「あずさかわいいぞ」と。三十路さんもでしたか。なんかサブキャラの方もいいキャラが多いような。なんと言っても私は番くんが好きです。だってプリキュアの同(ry。失礼しました。放送当時ネタになってて面白かった記憶が。あずさは、キュアリズムの声優さんだったのか。知らなかったです。どちらのキャラも最初怒りっぽかったです。カルシウムが足りてなさ過ぎ。ししゃも、にぼし、牛乳などが足りてないようです。

増子美香・・・懐かしい

>紙粘土さん

こんにちは。

そういえば、増子美香さんも部員を失ってそのままでした。彼女は最後までワンマンだったような記憶が。

ガラスの仮面は、単行本41巻までは読んだんですけどね。。その後どうなったんだろ。。

たこ焼きは仲なおりの味

おはようございます。

MXの「ハートキャッチプリキュア!」はオレはまだ1話しか見てないです。

あずさのワンマンぶりは「Yes!プリキュア5」のカメラ小僧の増子美香を思い出しました。確か増子にもそんな話ありましたよね。

あずさが折笠“キュアリズム”富美子氏なのは「ガラスの仮面(2005~2006年版)」で劇団つきかげの団員の一人・水無月さやかを演じていたからでしょうか。まぁ全く関係ないのでしょうけど(今テレ玉で「ガラスの仮面」の再放送をやってまして)。

Unknown

>シャイニールミナスがいいのんさん

「顔芸」ですか。
確かにハートキャッチさんでは、面白顔が目立った記憶があります。スイートさんでも、顔芸はやっているんですけどね。

これまでにも、生徒会長のチュニックとか作って来ましたけど、演劇部で使うような衣装はこれが初めて(極めつけはファッションショーの衣装ですが)ですね。

しかしえりかさん、廃部になりかけだったファッション部を、よくここまで立て直したものだと感心します。

オッサンは、学園祭や文化祭には潜入するしかありませんのだ(ぇ

Unknown

ハートキャッチの楽しい所は抜きん出て「顔芸」
ですね。
これは馬越センスと言っていいでしょうね。
キャラの感情表現方法としては特化したセンスだと思います。
えりかさんの顔が毎週楽しかったですね。
この回は初めて作った衣装が実用された話でしたので、ある種「やるっしゅ」が具現化されたポイントの高い回でしたね。
このファッション部がなければ、友情が培われる媒介にならなかったはずで、えりかイズム発揮の回でもありました。
えりかファン達はたぶんこの不思議な元気加減が
空回りしないか冷や冷やしてたのですが、芯の強い前向きの性格がえりかさんの良さだとここら辺で信用されてきた段階にきてますので安心して見ていましたね。
いいなあ~学園祭とか文化祭とか。
おっさんには縁遠い世界です。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR