FC2ブログ

ギュッとギュッとなど必要ない ふたご姫Gyu! 第15話


「レインの学園ほのぼのニュース!」

おぉ!これがあの噂の・・・早めにビデオとっておいて
ヨカッタ。
・・・シフォンさんの紹介・・・だけですか・・・?
クイズは?プレゼントは?
・・・
嗚呼・・・レインさん・・・。

がっかりさせられつつ、本編突入。

トーマくん:「このへんで、決着をつけてやる・・・
       ・・・くふふふふ・・・」
で、何の?


シフォンさんの説明によると、開かずの間には
幸せなプリンスとプリンセスの絵が飾ってあったという。

ファインさん&レインさん:「見たかったなー」

そこへ、トーマくん登場。
シフォンさん:「開かずの間について調べていたの」

げげっ!!

思いっきり経絡秘孔突いてます。
しかしトーマくんは、眉ひとつ動かさずに話題を転換します。
「学園なかよし計画の仲間に入れてほしい」
素直に喜びまくる、ファインさんとレインさん。
トーマくん:(ふふふ・・・これからどうなるかも知らずに)

怖い顔をしたトーマくんを、シェイドくんは見逃さなかった。
シェイドくん:「この前化け物が現れた場所に、誰かいた。
        トーマだからって油断できない・・・」
トーマくんに、演劇祭をやろうと提案されて喜んでいたファインさん、
「プーッ!シェイド、考えすぎだよー」
いや、君が鈍いだけだし。

トーマくんは、自分の身の上を話します。
かつてはある星のプリンスだったが、今はパンピーの特待生だそうな。
トーマくん:「つらい経験だった・・・」
彼の歪んだ性格の根源は、そこにあるのか。。
無粋なファインさん:「それを演劇にしたらどう?」
レインさん、プーモさん:「それいい!」
・・・
他人のつらい過去を演劇にしようとするふたご・・・
人が良いのか、意地悪なのかわかりません。

ファインさん&レインさん:「演劇しましょー!」
いつの間にか集まった聴衆を前に、チラシまで作って演劇祭の
計画をぶち上げました。

聴衆:「おー!」
リオーネさん:「私たちにも、お手伝いさせて!」
リオーネさんも、牙を見せて大興奮。
聴衆:「頑張るぞー!おー!」

ファインさん:「このお話の主役は、トーマさんなの!」
聴衆:「おー!」
他人の古傷に、塩を塗りたくります。

場面は変わって・・・
みんな、楽しそうに演劇のセットの準備をしている。
それを突っ立って見ているファインさんとレインさん。
・・・手伝えよ・・・と思いきや
ファインさん:「こーいうのは、みんなでやるから楽しいの!」
レインさん:「私たちも、手伝いましょ!」
さすがはプリンセス、気がききます。しかし・・・

ファインさんは、材木を運ぶ手伝いをしようとしてコケそうに。
助けてくれたのは、シェイドくん。「ありがとう」
レインさんは、ペンキを塗る手伝いをしようとしてコケそうに。
助けてくれたのは、ブライトくん。「ありがとう」
・・・もしかして、君たちの恋のお相手候補は、この二人かい?

そんなことを思っているうちに、物語で最も重要な
モニュメントを立てました。
???誰かに似ている・・・。
ア、アルテッサさん?!
ファインさん&レインさん:「プーッ!!」
レインさんまで崩れ顔・・・ようやく、レインさんにも「お姉さん
キャラだけでは不味い」という自覚が出てきたようです。
頑張れ、レインさん。

アルテッサさんは激怒しますが、一同は大爆笑。そんな中
シェイドくんもトーマくんへの疑念を解いたようです。
トーマくんも笑ってる。いい光景です。
ファインさん:「さすがトーマさん、みんないい雰囲気」
トーマくん:”ガビーン!!”
追い討ちをかけるようにレインさん:「卒業したら、きっと
いいキングになるんでしょうね」

トーマくん:(う・・・こいつらにつられて笑ってしまうとは・・・
       本来の目的は、他人を蹴落としてでも勝ち抜いた
       者が褒められるということを教えることだ!)
・・・これは、ある意味正論だと思うのは、三十路だけだろうか。

ファインさん&レインさん:「トーマさんどうしたの?怖い顔して
              たから、何か失敗しちゃったのかと。。」
トーマくん:「いやー、何でもないよ(笑)」
ヨーカッター、ヨーカッター♪
トーマくん:(イラつく奴らだ・・・準備中からぶっ壊してやる)
ファインさん&レインさん:「みんな、いい感じだね!!」

みんなで休憩に行っている間に、ふたごが気になるエリザベータさん
が、敵状視察。恰好な生贄です。
トーマくんは、セットを壊してそれをエリザベータさんのせいに
しようと目論みます。

トーマくん:「この学園に、いい感じなど必要ない」
・・・もう理由は何でもいいです・・・。

化け物コウモリをモニュメントに乗り移らせ、セットを破壊しまくり。
駈けつけたファインさん&レインさん:「ひ、ひどい・・・
 エリザベータを守らなきゃ!」
変身して、化け物を攻撃しますが、簡単に払いのけられてしまいます。
モニュメントの化け物は、腰が抜けたエリザベータさんに襲いかかる。
!!!そこを、ファンゴくんが助けます。
しかし、健闘むなしくファンゴくんは、モニュメントに捕まってしまう。
その隙に、ふたごの「癒し(?)攻撃」が命中。
何だかよくわからないうちに、戦闘終了。

レインさん:「ファンゴ、大丈夫?」
ファンゴくん:「これくらい、平気だ!」
・・・どうした、顔が赤いぞ・・・もしや。

みんなが戻ってきたときには、セットはメチャクチャ。
がっかりするみんなを前に、
ファインさん&レインさん:「大丈夫!今度は何があっても壊れない
              物を作ればいいの!」
・・・君たちが魔法を使えばな。

みんな:「わー!」
トーマくん:「う・・・」(本番では、必ず邪魔してやる・・・)
・・・トーマくん・・この演劇祭の提案をしたのは君ですよ?
墓穴を掘ってしまったトーマくんの、黒い思いを残して
今週はおしまい。

え?
1話で完結しないの??
とりあえず、次週に期待します。


今週は、「トーマくんって、結構いい奴じゃん?」と
思った人も多いのではないでしょうか?
三十路もそのひとり。。
「学園ギスギス計画」、是非実践してください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR