FC2ブログ

ハートキャッチプリキュア! 第47話 「嘘だと言ってください!サバーク博士の正体!!」

いよいよ残りは今回を入れて3話。
もう販促は関係無いと思われるので、ここからキャラクターの本性が現れると言っても
過言では無いかと思います。

とりあえず、今回の嫁の活躍。

  

「ちょっとタンマ!」

スナッキーに取り囲まれたマリン、サンシャイン。
スナッキーの皮を被って、さり気なく突破することに。
えりか様…そのスナッキーの皮は…やはり、中の砂を抜いて…。
残虐シーンは、隠された場所で行われました。


そんなえりか様のギャグとは逆に、広場ではムーンライトさんとダークさんの決戦。

  

ダークさん:「消えろ!そして私が真のムーンライトになる!」
ムーンライトさん:「プリキュア皆の思い、受けてみなさい」

せっかく血沸き肉躍る肉弾戦が展開されてるのに、サバーク博士がダークさんを援護。
ブロ子さんが博士に説教です。何を最弱のプリキュアが大きなことを…。
説教の内容は、最終回までにブロ子さんが最強のプリキュアになるであろう伏線ぽい。


  

ダークさん:「消えろ消えろ消えろぉーーッ!!」
しかし、戦況はダークさん不利に。ムーンライトさんが強くなりすぎた。
ダークさんに向けてビームを放ったら、サバーク博士が庇って…お面が割れてしまいました。

  
  

「お父さん…!」
「あなたの娘、ゆりです!!」

「ゆ…り…」

ナ、ナンダッテー?!
サバーク博士の正体は、月影父だったのか。全く予想だにしていませんでした。
だって、普通の人間のはずの月影父が、手からビーム出してたし。
仮面に操られていたとかいう、ベタベタな話でしょうか。
仮面が割れた途端に、パワーが無くなったみたいだし。

駈け寄ろうとする月影さんを、ダークさんが遮り。
ダークさん:「月影博士は、もはやお前の父親ではなく、私の父親だ(大意)」

  

何だかややこしい事に。。
ダークさんを生み出したのはサバーク博士。よってダークさんは博士の娘。
でも、ゆりさんも紛う事無く博士の娘。作り方が違うだけで。
ここはひとつ、ゆりさんとダークさんは姉妹ということで落ち着いてくれんか。

…というのは冗談ですが、結局ダークプリキュアとキュアムーンライトの死闘は
父親の独占権をかけた内輪揉めということに…。

この場面、実質的に娘ではないダークさんが哀れで感情移入しやすかった。
なんという健気な女よ。

その健気な女と、実の娘だそこのけな娘が意地の激突。

  

健気な女は、青、黄色、ピンクの花びらのパワーに後押しされた、そこのけ女に負けた。
プリキュアの絆がダークさんを倒したと言う事なんでしょうけど、どうしてもダークさんが
哀れな女に見えてしまいます。

  

ムーンライトさん:「ハートキャッチ!!」

直後に番組がカットアウトされたのでよくわかりませんが、これでダークさんが浄化された
可能性もあるのかもしれません。
含みを残しながら、以下残り2話の大決戦へ。


■次週予告

  ♯48 「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」

いったん変身を解除するのでしょうか。それはともかく、

  

サバーク・月影博士が、デューン様に足蹴にされてます。もう使えない奴として切り捨てられるのか。。
これにはムーンライトさんだけでなく、ダークさんも(生きていれば)怒るはず。
二人が共闘する可能性も…とか考えてみた。
ダークさんはあくまで悪役なので、可能性は低いと思いますが、ダークさんを
このままで終わらせるのはもったいない。



■スイートプリキュア♪

  

北条さんは、どうしてヘソを出してくれないんだ。。
これじゃ、ヘソの無い不自然なお腹に見えてしまいます。
スイートの一番の心配な点。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>MAKOさん

>>スイートのグッズに置き換えられてしまいます
置き換えられた玩具は、ワゴンに乗せられて安売り。。ファンとしてはせつない光景です。

忍者ですか。プリキュアが大きく方向転換したら、あるかも。。

子供にアニメの名前をつけると、何だか可哀想な気がするのは私が古い人間だからでしょうか。。。。

Unknown

>三十路さん

僕は今日、ついにマリンのキュアドールを買ってきました。HCが終わると、おもちゃ売り場にあるHCのグッズも、スイートのグッズに置き換えられてしまいます。

僕のキュアドールはこれで7体目です。僕のブログの記事はマリンの画像を貼っておきました。


僕は、年を取ってもプリキュアを応援し続けていきます。忍者をモチーフにしたプリキュアも登場するといいな~(その名も「ニンニンプリキュア!」)
忍者(くのいち)だったら魔法も使える忍者になるのでかなり面白い作品になると思います。


僕は将来、結婚して女の子が生まれたとしたら、名前はプリキュアの戦士の変身前の名前にしようと思っています。また、女の子にはプリキュアの服も買ってあげようと思っています。(笑)

娘をプリキュアに変身させたいな~

見落としてました、すみません

>Unknownさん

>>もうギャグはないだろうと思ってたのに
えりか様は、第1話からギャグを貫いたお方でした。途中からお色気も担当されて、私のハートをキャッチ(そこ?

>>大地のえりかに対するラブを感じた
薄くて高い本では常識なんですが、放送でもラブを感じましたか。
当の大地は、生徒会長にラブだったりとか、よくわかりませんね。。

まだまだ・・・

>オキクルミさん

これまでの経緯、ダークさん出生秘話は、来週らしいです。

>>構えるまでもなく見抜けよぉ
あれもギャグの一種かなと。お茶目なお祖母さんがナイスです。

サバークとブロッサムの会話のシーンは、初対面なのに「最弱のプリキュアのままだ」とか言っちゃったり、どことなく違和感がありました。そのような辛辣な発言をする博士が、お面の割れた途端に弱弱しくなるのも、唐突な感じがしたり。。

四人はそれぞれ変わってます。一人ずつ書いていくと長文になるので書きませんが、初登場の頃と比べれば一目瞭然です。

>>物凄く鋭そうに見えませんか?
よく突っ込みが入る部分ですね。
去年、フレッシュさんに羽が生えたときも、キュアベリーの羽だけが鋭かったのと似た現象かと(違

ダークプリキュアの最期……かな!?

とうとう明らかになった、サバーク博士の正体。
これまでの経緯やデューンとの接点等、まだ明らかになってない部分は残り二回の中で。ですかね。

前回二人の幹部との死闘を演じたマリンとサンシャインは、息抜き的に烏合の衆とおマヌケなバトル………(だけど、お祖母ちゃん、あんなベタな変装、構えるまでもなく見抜けよぉ)。

そんな二人の笑わせてくれる場面とは対照的にダークとムーンライトの死闘は、ムーンライト復活の時以上の激しいものに…。
そして、サバーク博士の介入を阻止しようと奮闘するブロッサムとの二人のやりとりが印象的でした。
ある彫刻家に言わせると「人間は“進歩”しない、科学やテクノロジーの進歩に合わせて“変容”していくものだ」との事。又、ある巨匠アニメ監督も「なんでも“成長の物語”にすれば事足れり」な風潮に苦言を呈してました。
今回のサバークとブロッサムの会話は、世界名作劇場復活第一作『レ・ミゼラブル 少女コゼット』のジャン・ヴァルジャンとジャヴェールの会話連想させます。
「人は変わらない」「人は変われる」
どっちも間違ってないしどっちも正しくないです。
ただ、つぼみやえりか、いつきやゆりの何が変わって何が変わってないのか。
それはラストまで見なきゃ判らないですね。

で、前々から思ってたどうでもいいことなんですけど、ムーンライトの変身時の横に跳ね上げられる前髪、物凄く鋭そうに見えませんか?
ダイコンなんかスパッと切れそう。

Unknown

>MAKOさん

こんばんは。

サバーク=ゆり父というのは、春頃から噂があったような。今更な感じが凄くします。。

ダークプリキュアも、ゆりもサバーク博士が作ったのだと思いますよっ

Unknown

こんばんは、MAKOです!

僕も、HCプリキュアの第47話を見ました。やっぱり、サバーク博士の正体はゆりの父親でしたね。

ゆりもダークプリキュアもサバーク博士の娘(姉妹同士)ですが、作り方が違います。ダークプリキュアはサバーク博士が作りましたからね。

Unknown

最終決戦も迫り宇宙が舞台になり、
もうギャグはないだろうと思ってたのに
先週に続いてえりか様は流石だね

大地が最弱プリキュアと呼ばれた返答で
えりか様だけ名前で
他の2人は、プリキュア名で呼んでて
大地のえりかに対するラブを感じた

私もです

>タニシさん

こんばんは。

まだ録画を見ていないのですが、最近の音楽についていけない…って19歳の科白かー!(笑

>>にしきのあきらや沢田研二・黛ジュン・・・
そういえば、高校生のときクラスメイトに、さだまさしさんのファンがいて驚いた記憶があります。

エンバンヤ・デラックス

>円盤屋さん

こんばんは。

あのえりかのギャグは、やや取ってつけたようでもありましたが、深刻になりすぎないようにという配慮は感じられます。さすがどれみスタッフ。

「よかろう博士」、仮面が取れたら急に温厚っぽく。。義娘と実の娘の戦いを、悲しそうな表情で見ているのが印象に残りました。
来週は、博士とダークさんの詳細だそうで、楽しみにしてます。

はじめまして

>公望さん

以前から見てくださっているとのこと、ありがとうございます。

これは…マジレスすべきなのかどうか。。
北条さん、ヘソが出てないとなんか不自然なんですよ。まさかヘソなし人間だとは思いませんが、キュアブラックの時のように、クレームを恐れてヘソを描かないのだとしたら、随分とへっぴり腰だなと。そんなんで一年間大丈夫なのかと思ったのです。

駄目だついていけない・・・。

こんばんは。

MJ見ました。
今の音楽は凄いですね。
ああ、30~40年前が懐かしい・・・。

にしきのあきらや沢田研二・黛ジュン・・・。

ああ戻りたい40年前に・・・。
19歳ですが・・・。

変装なら負けません。(違)

最後近くなってもギャグがあるのはホッとします。(笑)
ということで三十路さんこんばんわ。

今回でサバーク博士の正体がバレましたがすでにネタバレ気味でしたが確かにやつれていましたね。
結果の出なかった部下3人が悪かっただけではないと思いますが・・・(謎)
ダークプリキュアとキュアムーンライトの死闘は娘VS義娘と言ったところでしょうか?
次回で仔細が明かされる様ですが見ている対象年齢のお嬢さんにはわかるのでしょうか?

初めまして

以前から楽しく読ませて頂いていましたがコメントを残すのは初めてです。
宜しくお願い致します。

北条さんの件
私的“プリキュアさんで序盤に『おや?』と思うことはなんかの伏線だ”の法則に則って、
「実はこの娘さんは“ヘソなし人間っぽいもの”だったんです!」
「えーなんだってー!」
「はずかち」
みたいな。
…失礼しました。

またミキタン親父じゃなかった…(ボソ

>ミルク苺さん

こんにちは。

あれだけやつれて、白髪と化してましたからね。ムーンライトさんもよく気がついたもんです。

さすがに実の父を倒す展開はニチアサではアウトかと。
それよりも、このままダークさん退場だったらちょっと納得いきませんね。。。

今年一番のビックリ!

こんにちは。

>>サバーク博士の正体は、月影父だったのか。全く予想だにしていませんでした。

ホントですね。
でも、キュアムーンライトがすぐに気が付いてくれてヨカッタです。
もし、サバーク博士の素顔を見ても、その変わり果てた姿に、自分のお父さんだと気がつかなかったら… と思うと。ガクガクブルブル
いや、それはそれで、そのままサバーク博士を倒してしまってもオモシロかったかも。そして、それを知った花咲祖母の反応とかもウケると思います。

では。

あれが、「えりか様」な所以

>kaiserさん

こんなときでもギャグを言う、それがお笑いとお色気担当(?)のキュアマリン。さすがですのぉ。

今回、不思議とブロッサムにどれみを感じなかったです。去年の桃園さんには感じたのに。
でも、思い出してみると、ブロ子はどれみだったですね。カリスマ性が、どれみほどではなかったというか。

悩みながら皆、一所懸命生きている…これも友人の設定を積み上げてきた成果でしょう。まさにどれみ。

伊達に「おジャ魔女プリキュア」と呼ばれなかった名作になる…と信じて残り2話にのぞみます。
その後は…「ナージャプリキュア」さんに一発かけてみるか!(えー

えねーちけー

>タニシさん

こんにちは。

そうそう!
というわけで、今、録画予約しました。
今度は工藤真由さんも出るという話なので、「ハートキャッチパラダイス」に期待してます。

Unknown

>ようすけさん

のこり2回になってしまいました…orz

さすがに販促はあまり(?)関係無いのか、CMもココロポットくらいしか入りませんでした。
えりか様のチュニックや、キュアマリンコス、ワゴンセールで買おうかしら。。。

食品関係は、旧作が売り切れるまで、割としつこく売るらしいですよ。カレーなんか放送と関係ないらしいですから。

タイム(笑)

そう、この緩さがハートキャッチなのさ(笑)

でも、メリハリがついてるから全く問題視してないですけど。

ブロッサムが人間は一生懸命生きている…。
と言ってる所の回想シーンがどれみを彷彿させました。

やはり、この作品は被りますねw

最後の戦いでとんだ内輪揉めになったもんですね(笑)

ムーランライトや、自分を変えるというつぼみ…。
結局は自分との戦いに視点が置かれている番組だった気がします。

人間悩みながら一生懸命生きているとストレートに訴えかける作品は大好きですw
現実はそんな簡単にいかないですが(苦笑)

※久々にS☆Sを一通り見たくなりました。
レンタル屋行ってこようかな(笑)

nhk

こんにちは。

今日はnhkにブロッサムが出演するそうです。
紅白以来?ですね。

Unknown

こんにちは。これで2回残しとなりました。

終了直前ですから販促はもう無関係ですね。
スーパーに行くとハートキャッチの食玩売られてますが、早ければ来月初旬から中旬に棚から無くなるでしょうか?
そういえば山崎製パン×バンダイのパン、今回はあんまり食べなかったような?こちらも、来月初旬におつかれさまということになりそうなので、食べ納めといきましょうかな。

爛れた愛憎劇

>紙粘土さん

こんにちは。

HDDで次週の録画予約をするときに見たのですが、サバークさんがどうしてこうなったかとか、ダークさんの誕生秘話が語られるらしいです。楽しみ。

ダークさんは、まだ終わりではない気がするんですけどねえ。。今まで引っ張って来たし、何かサプライズが欲しいところです。

キュアメロディは腹出しですよ。ただ、ヘソが無いだけで。もしかして、あの条例…ゴホゴホ

憎しみの炎が危機を呼ぶ

こんにちは。

ついにサバークがゆりの親父であることがわかりましたね。ゆりの親父がサバークになった理由は次回明らかになるんでしょうね。鉄仮面を付けられた親父といえば、「惑星ロボダンガードA(エース)」のキャプテンダン=一文字ダンテツを思い出します。ゆりの親父も剛健太郎や小津勇、ダンテツのような秘密を持った親父ですね。

ムーンライトとダークプリキュアの決着は駆け足気味のような気がしないでもないです。

>北条さんは、どうしてヘソを出してくれないんだ。。
てっきりキュアメロディは腹出しかと思ってました。





プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR