FC2ブログ

あなたは知らない

我が家もようやく正月明け。
…といっても、今の私にはやることが…。。
もっと身体を鍛えて、肉体労働に復帰しようというのが一応、今年の目標です。
復帰というか、以前よりもキツいことが出来るようになりたい。
強い肉体を作って…

という決意とは裏腹に、今日は頭痛に悩まされ。

  

鎮痛剤で抑えたけど、そういうのは結構怖いということを、ワイドショーで
やっていました。死に繋がる頭痛かもしれないよ?ワイドショーは脅かします。

ぶっちゃけ「くも膜下出血」の前兆だというのです。
30代から多くなるという「くも膜下」。
患者さんの3人に1人は亡くなるという怖い病気だと。
まさか私が…というのが危ないのかもしれない。
そうやって脅かすのが、ワイドショーの狙いなんでしょうけれど。

私は…まだ死ぬわけにはいかない…。
今まで親不孝をしすぎた。
そのお詫び…恩返しをするまで、私は生き延びてやるんだ。


巡りあいを重ねて人は生きるけれど
あなたの代わりはどこにもいない

ふいに、辛島美登里さんの歌(youtube)が蘇ってきた。
私の、20歳の思い出の歌。
「ネクラ」と罵られたこともあったけど、この歌はあの頃の苦痛と直結して消えない。

当時はパニック障害という病名も知らず(藪医者のせいだ)、闇雲に自分の病気を
恐れる毎日だった。1993年夏は、神経科病棟に入院させられそうになった、恐怖の夏。
でも結局は、自宅が一番落ち着ける場所だと悟り、その病院とは縁を切った。

高校4年の夏休み明け(出身高校は4年制)、病をおして登校し続ける。
弱気になると病気に飲み込まれる…そう強く思っていた。
結局、その年度の大学受験には落ちてしまったけど、卒業後に予備校でじっくり
勉強できたから良かったと思っている。

もうひとつ、この歌には思い出が。
もう今まで何度も書いたし、恥ずかしいので書きません。
今でも、その人の香水と同じものをつけてる女性に遭遇するたび、せつなく…(恥

  

  「変態だッ!!!」

当時の私は変態。
あなたの代わりはどこにもいない。
でも、代わりはいるんだな、これが。




  

  (えー

というのはまあ、冗談…じゃなかったりとか。。

  

  「キモヲタがいたぞぉ~~!!」


※最近、「Splash☆Star」関連でよく呟いているので(ツイtt(ry)、探せたら
 探してみてください
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

りょうけん座

>コルカロリさん

あー、いろいろと探してくださってるのですね。
ヒントは、私が好きだった「しゅごキャr…」…ゴホゴホ
「misoji」は合ってます。

そうです、昼です

>kaiserさん

頭痛は怖いよ~♪という話をやってまして、私は見るともなく音を聞いてました(母親が熱心に見てました)。

くも膜下出血とか脳腫瘍なら、もっと何か症状が出ると思うので、あまり心配はしてませんが…ああいう番組は嫌ですね。

木村拓也さんは同い年だったので、彼が亡くなったときには他人事ではない怖さを感じたものです。

ああいう番組の中には(本当は怖い~とか)、何万人に一人という病気を紹介してるものもあるそうなので、話半分に聞いてます。

さがすのをヤめたとき、みつかるとはいうけれど… やっぱダメだった。

「twitter 三十路」とか
「twitter cure-misoji」とか
いろいろと
ググッても
見・つ・か・り・ま・せ・ん orz

その番組って…

昼ごろにやってました?
何か見たかもしれないです。

くも膜下出血か脳腫瘍の可能性が…って奴です。

僕も俗に言われる4人に1人の頭痛持ちですが、テレビの例にあったほど症状が悪化した記憶がないです。

くも膜下出血と言われると、巨人の木村拓也さんを思い出します。

こういうのは自覚してないのに起こるのが怖いところですね。
あまりこう言った番組を見たくないのが本音ですが、見て勉強になる事も事実…。

なんか難しいです。

寒いですねえ

>夢のゴムタイヤ。さん

ゴミ出しに行ったら、寒くて凍りそうでした。その分、星が落ちて来そうなくらい美しかったです。

病気のことに限らず、ネットの情報っていい加減だよなぁ…と思う事が多いです。ちゃんと見分ける目を持ちたいものですね。とりあえず、疑ってかかるくらいで丁度いいと思います。

自分が「パニック障害」だとわかったのは、今のクリニックに転院してからなので、13年弱ということになります。それまでは「心身症」とか「神経症」とか、わけわからなくて本当に苦しかったです。ヤブ医者め。。

私は二度自殺未遂してるんで(うわー)、生きてることが親孝行…って、どんだけ親不孝者なのか…。これからは生きることしか考えてないです。最低限の親孝行ですけど、私にできることってこれくらいなので…。

年賀状は、一喜一憂ですね。
結婚だの子供だの、幸せ一杯な年賀状を見て、自己嫌悪に陥ったり(器が小さい男)、思わぬ人から来て喜んだり。普段はそんなに妬んだりはしないのですが、今年はちょっとキてしまいました。夢のゴムタイヤ。さんも、一人ではありませんから!

早速一人の方が、ツイッターの私を発見…。早いですね、情報って(笑

明日はまた2度くらい下がるとか・・・・。

お正月も明けて本格的に今年一年が始まった感じですね。

最近、病気関連を扱った番組が多いですね・・・・。
その時間はインターネットをしているかで、まったく見ていません(笑)
変に見ない方が良いのかもと思ったりしてます。

パニック障害や私のような不登校、今となっては色々とインターネットも発達して、知られてきてはいますが、私の頃でもトンネルの中で、手探り状態の毎日だったのに、三十路さんの時は、さらにお辛かったんですね。
その病と闘いながら、高校を出られて、大学も出られて、スゴイじゃないですか。

無防備に寝られている、えりかちゃん・・・・ゴクリッ・・・・(大バカ)

三十路さんが、生きているだけで親孝行なんじゃないですかね。
私は会社の師匠からそう言われました。

ツイッターをされているとは、初めて聞きましたw

あと、三十路さんが年賀状で、辛くなられたこと、改めて私も痛感しましたよ。
こういうことだったのか、そう感じました。

普段、年賀状なんて出さない、見ない、私が、今、さっき年賀状を見ていたのですが、結婚とか子供が大きくなりましたとか、大体、内容は決まっていますね(苦笑)

10年前に会った当時、小さかった姪っ子が、もう、中学生になっていたり、時間が経つのが早いと、思いました。

それで見ていたら三十路さん、こう言う気持ちで見られていたんだなと、改めて思いました。
私もそうですから、決して、お一人で置いて行かれたとは思わずに、大丈夫ですよ。

長文で失礼いたしました。
また、話を蒸し返してしまいましたね。
ごめんなさい。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR