FC2ブログ

ハートキャッチプリキュア! 第46,0話 「心が折れた男!その心、プリキュアが浄化します!!」

ハートキャッチさんも残り4話。
あれ…。1月2日は放送休止では…?
何故かウチのテレビでは、ハートキャッチプリキュア!が放送されてました。


  

クモジャキーさん:「正月じゃけん、何か面白い事はないか」
コブラージャさん:「何を言ってるんだい、心の花を萎らせてる輩がいっぱいじゃないか」
           「奴らをからかってやるのさ」

というわけで、心の花を萎らせてる人間を物色するクモコブ。
早速、心の花が枯れる寸前の男を見つけ出し。

  

クモジャキーさん:「あの男、心の花がボロボロぜよ」
コブラージャさん:「おやおや、新年早々自分で自分の写真なんか撮って」
           「相当なナルシストだねぇ」
クモジャキーさん:「おまえに言われたくないき…」

コブラ兄さん:「こころの花よ、出て来るがいい!」
男:「はぐおぉぉええ!!」

クモ兄さん:「デザトリアンのお出ましぜよ!!」

  

正月早々、金朋地獄!!
デザトリアン:「なーんで皆、俺を置いて行っちゃうのー?!」

たまたま通りがかった月影さんが、デザトリアンに説教たれてました。
月影さん:「女性にはね、40歳までに子供を産みたいという願望があるの!」
      「私ももうすg…いや、どうしてそんな昔のことを引きずるの?」

男は、年賀状を見て心の花を萎れさせていたのでした。
昔、告って振られた思い出のある女友達。
まだ、心の片隅に住んでいた女性。
その彼女が、知らないうちに一児の母となって年賀状に子供の写真を…。


  

挿入される、かつての二人の写真。
仲むつまじい。二人で天体観測に出かけた思い出を蘇らせるデザトリアン。
振られはしたけど、それは14年前のこと…もう時効だと思ってた。。
身勝手なデザトリアンです。
14年前だろうが何だろうが、振られた事は犯罪。
犯罪者は死刑!

  

とどめのシルバーフォルテウェイブを放とうとする月光さん。
が…

  

えりか様:「はああぁぁぁぁぁ~~~!」
颯爽と来海えりか登場。
えりか様:「ムーンライト、ここはあたしに任せて!」
      「この男には、これが一番効くんだから!」

  

デザトリアン:「………。」
ちょっと反応しかけたデザトリアンですが、心の傷は深く。

  

「プリキュア・オープンマイハート、これでどうだ!?」

  

コブラ兄さん:「ふっふっふ、この男の負のパワーはその程度じゃ揺らがないよ」
        「どりゃあ!」

  

マリン:「あひょぉ?!」
そ、そんな…この男にあたしの色仕掛けが効かないなんて。。

こうなったら止むを得ません。
暴走する負のパワーには、強制浄化あるのみ。

  

えりか様の活躍で、デザトリアンは無事に浄化されましたとさ。
根本的解決には、相変わらずなっていないけど。



  

男:「ありがとう、えりか様」
  「俺、間違ってた。俺の好きな人は、えりか様だけだったはずなのに」
  「現実逃避を見失っていたよ…」

事態はむしろ、悪い方向へいってしまった気がしますが、気にしない。
これが「ハートキャッチ」の仕様です。

男:「えりか様だから話すけど、実は今、好きな人がいるんだ」
  「その人の名は、北条響鬼…」

  

あゝ無情。
今度は来海えりかの心の花が萎れたところで、以下次週。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます

>セラフィーさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

東葉高速線は、運賃がバカ高いので有名です。ただ、直通しているのが低料金の東西線だから救いがあるのです。
同じようにバカ高い北総鉄道は、運賃の高い京成、都営、京急と繋がっているので、利用者には負担が大きいです。もっとも、スカイアクセスが通っているのはこの線ですが。テレビに駅などを使わせて、何とか乗り切っているみたいです。。

京成本線は、うすいより成田寄りに行った事が無いです(^^; あんまり用事が無いのですよね、京成さんには申し訳ないですけど。。

私もセラフィーさんには一度ご挨拶したいと思ってました。アポさえとっていただければ、何とか会えるかと。あー、でもご迷惑をおかけしてしまうかな。。どうも引っ込み思案で困ります(^^;;;

人生相談みたいだ。。。

>円盤屋@桑名さん

こんにちは。

その怒った女性もそうですが、旦那もどうなのかと。奥さんの言いなりかよ、と思いました。

円盤屋@桑名さんが何をしたのかわかりませんが、普通の神経なら怒らないようなこと…。それを怒るのは、個人差という奴かもしれませんね。円盤屋@桑名さんが大したことじゃないと思っても、彼女には大きな事だった。よくある喧嘩のルートです。

ネットで中傷するのは、非常にいけないことです。卑怯です。ご立腹もっともです。許す必要も無いと思います。
もう、そういう人とは縁を切ったままでよろしいかと。円盤屋@桑名さんには、他にもちゃんとお友達がいるわけですし。いや、兄と同い年の方に生意気言って申し訳ないです。。

年賀状の件は、もういいかなと。悪気は無いわけですし、友達だと思うから年賀状をくれたわけで。私は彼女が子供を持っても友達でいてやろうという優しさに甘えていたのですよ。。今の気持ちは、素直に「おめでとう」です。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

大晦日に、西船橋から東葉高速鉄道、勝田台から京成、成田からJR成田線に乗って、香取神宮と鹿島神宮にお参りして鹿島臨海鉄道で帰りました。今家でグータラしています。

にしても千葉の鉄道路線はかなり分かりにくいですね(^^;あの脈絡のない路線の連絡の仕方はまるで東京の地下鉄みたいじゃ。

今年はぜひ三十路さんにお会いしたいです。田舎に帰る途中ですし、大晦日に千葉県の鉄道の様子もチェックしたし。その内そちらへ押しかけようかと、もちろんアポイントはとりますが。お渡ししたいポスターとかもありますし。

また、日立に帰るときにご連絡します。

ワタシも昨年似たような経験が・・・

三十路さんこんばんわ。
本日は桑名でオフがあったので桑名宿泊です。
ワタシも昨年同じ様な経験が・・・
といっても車関係で付き合いだした一〇年以上付き合いのある男友達が結婚することになったので、婚約した彼女を紹介されましたが、その彼女を三度目に会った時にワタシが怒らせてしまいましてその友人とも絶縁状態になりました。
もっとも原因はワタシにあったとはいえ普通の人ではそこまで怒ることは無い問題で、周りの知人もその彼女の性格に一歩引いて付き合っている状態だったのでワタシが全面的に悪いわけではないと擁護してくれましたが・・・
それまでにご両人に対してお祝いを送ったりしていましたがそれが全部ふいになりました。
しかも怒っていたことを知ったのは後日ネットでの書き込みでわかったことで、全く知らない第三者にも知られる形で公表したことに自分がやったこと以上に怒りを感じました。
その場で注意してもらえばその場で謝って済む問題なのにこれだけ大きくする彼女の性格には非常に腹が立ちました。
そのために本当は祝ってあげたいのにこれでは祝う気にもなれません。
ワタシは彼女から決別されましたがワタシもこのことは一生許さないと思います。
一生の心の傷になりました。
もちろんやったことは反省していますが・・・

年賀状の件は三十路さんだけでなく子供のいない夫婦に対しても言えることだと思います。
そこまで気遣いの出来ないご両人は自分達のことしか考えていないと見られても仕方が無いですね。
年賀状は出される人によって内容を変える必要がありますから・・・
新年早々長文で申し訳ありませんでした。

カムアウト

>夢のゴムタイヤさん

こんばんは。

えーと、一応三十路ではなくて「男」のこころの花が…というのは苦しいですね。。

年賀状に関しては、単なる私の嫉妬というか我儘です。そこを砂漠の使徒に狙われたら…と思って書いて…いや、見てました(笑

本当はつらいですけど、友人の幸せを願ってあげられなかったのは自分でも情けないです。
次に彼女と話す機会があったら、心から「おめでとう」と言ってあげるつもりです。

夢のゴムタイヤさんは、ひとつ下の先輩というところがキツイですね。。やっぱり人を妬む気持ちがあると、こころの花が萎れますよね。。

結局は、「自分も負けないくらい幸せになる」ことしか、道は無いのですよ。たとえ他人からみて不幸でも、自分なりに幸せであればそれで良いのです。そういう意味では、私は彼女に負けないくらい幸せなのかもしれません。

北条さんは、ちょっとフライングしてみました。まあ、えりか様の引き立て役になってますけど。。

こんばんは。

2日はプリキュアは休みかなと思いきや、やっていたんですね。
三十路さんとマリンちゃんが主役の回ですか。
三十路さんの心の花が奪われて!

マリンちゃんのお色気にも効きませんでしたかw

昔、告白した女友達が結婚して子供の写真つきの年賀状を送って来られて、それが理由だったんですね。
そんな事が新年早々にあったんですね。

自分一人が置いて行かれる気持ち、痛いほどわかりますよ。
私なんかに三十路さんの今の気持ち、わかってあげられないくらい、お辛いんですね・・・・。
すみません。

今は他社にいる、私より一つ下の先輩が今年、結婚が決まり、マイホームも決まり、正社員になって、幸せづくめで、私の所に挨拶に来ましたが、私から見れば拷問に近い感じでした(笑)

この差はなんやねんと思うくらいですねw

何て言ったらいいか、言葉が見つからなくて・・・・やっぱり前を向くしかないんでしょうか。

もう、来年スタートの北条さんのことを・・・・(笑)
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR