FC2ブログ

ハートキャッチプリキュア! 第42話 「とまどいのゆりさん!ラブレター見ちゃいました…」

映画宣伝OPが終わったと思ったら、今週から新OPです。
なんでまたこの時期に…

  

「コッぺ様が怖い」
泣き出すお子様もいるんじゃなかろうか。


それはさておき、今週はプリキュアさんも大好きな恋バナ。

  

ポプリ:「昔からずっと、あなたの事が好きでした(朗読)」
プリキュアさん:「うきゃー♪」

植物園に現れた、怪しい少年が落としていったラブレターを巡って大喜び。

  

花咲さん:「もしかして、私に…?」
自己評価が高い女と言われるだけのことはあります。でも、「昔から」って書いてあるよ?


早速、少年をとっ捕まえて弄くり回すプリキュアさん。

  

えりか様:「ずっと前から好きだったんだぁー?(ぐりぐり)」
今週は、最近になくウザいですえりか様。
からかってるだけのようにも見えますが、えりか様お得意の
「ちゃんと言わなきゃわかんないよ」
という持論が貫かれてます。

タイトルにもあるように、お相手は月影さん。
同じ団地に住んでる、幼馴染らしいです。

  

少年:「よく一緒に遊んでくれた、ゆり姉ちゃん。でも、俺は…」
    「ゆり姉ちゃんのお父さんが失踪してから、すっかり辛気臭くなって…」
    「でも俺が子供だから、何もしてやれなかった」

プリキュアさん:「うきゃー♪」
女子中学生様、大喜び。
他人の恋バナは蜜の味。どうせ駄目なんだろう、ってとこが!

楽しくてしょうがないプリキュアさんは、少年が告れるようにセッティングしてあげます。
さあ、玉砕してこい!

  

でも、ゆり姉ちゃんは俺のことを「弟ができたみたいで嬉しかった」と。
こんな状況では、ラブレターなんか渡せない。
ブロークンハートだぜ…。

そんな少年には、コブラージャさんのデザトリアン療法です。

  

デザトリアン:「弟なんて嫌だぁ~」
ムーンライトさん:「……なんで?」

マリンさん曰く、月影さんは「ニブチン」。なんだそれは…。

  

少年に、自分で告らせなければ!
今週は、この描写が多い気がする。
ウザいえりか様に乾杯。


  

ブロ子さん:「コブラージャ!あなたは何で戦っているんです?」
コブラージャさん:「今はそんな哲学など語っている暇は無い!(大意)」
要するに、すぐに憎しみや嫉妬に走ってしまう人間の弱い心が美しくないからだそうで。
心が枯れ果てた世界こそが美しいのだそうです。

ブロ子さん:「美しいと感じるのは、あなたが要らないと言った心です!」
コブラージャさん:「……なんで?」
混乱するコブラージャさん。これはもしや…!!
コブラージャさん浄化フラグ? もはや通常兵器と化した巨女の出番です。

  

コブラージャさん:「ほわわわ~♪」
やっぱり。さらばコブラージャさん。と思ったところで…

  

ダークさん復活。しかも眼力アップしてます。
両目が黄色に変色してるダークさんは、桃源郷に行ったままのコブラージャさんを連れて消えた。
「ちゃんと言わなきゃわかんないよ」な今回、眼力のみでものを言ったダークプリキュアが対照的です。

しかしプリキュアさんたちは、放心状態のコブラージャさんに駈けよって何をするつもりだったんだろう。。


戦闘後…

  

ちゃんとラブレターを渡せた少年。
俺はずっと、貴女のことを…。あ、甘酸っぺー!

少年:「俺、すぐに大人になるからさ!」
月影さん:「え、え?…ええ!」
戸惑いながらも、拒絶はしなかった月影さん。
よって、数年後に二人が結ばれることが決定したところで以下次週。
だって、月影さんて自分の気持ちをはっきり言わないんだもの。
ちゃんと言わなきゃわかんないよ!


次週は、花咲母がご懐妊。

  ♯43 「あたらしい家族!私、お姉さんになります!!」

今週、姉ちゃんとか弟とかやっておいてこの展開。上手すぎます。
「お父さんとお母さんが…」とか考えない花咲つぼみ。
あ、それは「な○しょのつぼみ」か。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>MAKOさん

こんばんは。

つぼみ母が高齢出産だのなんだの、夢の無い(?)噂が流れてますが、MAKOさんは優しいですね。
つぼみ妹が中学生になる頃には、番組が終わって…。。

私は、プリキュアさんのCDアルバムを買ったことが無いのですよね。。シングルなら大抵は買うのですが。不肖のファンです。

Unknown

こんばんは、MAKOです!

今度の日曜日のHCプリキュアは、「あたらしい家族!私、お姉さんになります!」ですね。

花咲家にビッグニュース!つぼみの母に赤ちゃんができました。つぼみがついにお姉ちゃんになります。つぼみ派の僕にとっても嬉しいことです。
妹だったら、将来、プリキュアになって悪者と戦ってくれるのでしょうか?(つぼみの後継として)


今月下旬には、HCプリキュアのヴォーカルアルバム2「いととりどりの花言葉」がリリースされます。アルバム用の新曲、早く聞きたいです。特につぼみのキャラソンは。


三十路さんも、ぜひアルバム用新曲を聞いてみてくださいね。(えりかのキャラソンもあると思うので)

そんなに凄いんですか

>m-ohgiさん

こんばんは。

劇場版、そんなに売れてるんですか。ちょっと意外です、失礼ながら。。評判も概ね良かったとはいえ、やや批判的意見も見ましたので(どんな映画もそうだと思いますが)。
そろそろ一般の上映も終わりですかね。。

イカ娘の記事は、明日アップしますので、よろしければ読んでください(宣伝か)。
EDは、毎週楽しみですね。
イカ娘フェチの子は、またすぐ収集するんだろうなぁ。。。

最後までこんな感じだったりして・・・

>まるっささん

残り数話で、新しい家族ネタ。。
しばらくつぼみの家庭が描かれていなかったので、虚を突かれたような気がしました。
このおめでたい話が、最終決戦でものを言うことになりそうな感じですね。ブロッサムが最強になる布石と言いますか。

>>我が事のように祝いたくもなります
まるっささんは、優しい方なのですね。
「おねえちゃんパンチ」は、ぐぐってみたら桑島さんの…。。。

劇場版 興行収入

こんばんは。
今朝の東京新聞の記事によると、劇場版が好調で、公開六週目の12月5日現在で興行収入が
8億5千万円を突破、歴代プリキュアシリーズ映画の最高記録を塗り替えた、とのこと。
こうなったら年越ししてお正月映画として、10億円突破するまで上映を続ける?・・・ムリかな。今月から3月までのJALパックの映画提携パリツアーも満員らしいですね。

作品は違いますが、「侵略!イカ娘」のエンディングのチビイカちゃんたちの行進はとてもカワイカッタデス。イカ娘に嫌われたイカ娘フェチの女の子、自分の作品をすべて焼却処分などしてモッタイナイことをするなァと思いました。

全く想定外の次回w

クライマックスが近いとは思えないくらいの展開ですね>次回。
最近つぼみの家族があまり描かれてなかったので作品全体のバランス的にもこういう話が入ると嬉しいです。
シャイで引っ込み思案・・・良いところも悪いところも何のかんので親近感を覚える(苦笑)つぼみだけに我が事のように祝いたくもなります・・・二次元キャラに対してこういう気持ちになれたのも今までそうなかったかと思います。

『おねえちゃんパンチ』出るかな!?(笑)

「あたしの時代」は、スルーされてたので

>偽土田名人さん

サザヱは24歳だから…カツヲは9歳…15歳差きょうだいになるのかな?いや、もう産まれるのか…ちょっと混乱してます。予告を見てもよくわからなかった。。。産まれてないとすると、むしろサザヱとワカメかなと。

>>「これ、とうとう来ちゃったかな…あたしの時代が」
えーえー、もうアンタの時代は来まくりやがってますよ!…って、突っ込みたかったのですが、それを入れると文章がクドくなると思ったので。。

フネほど超高齢出産じゃないと思いますが

つぼみと弟or妹の年齢差がちょうどサザヱとカツオ位になりそうなので将来が楽しみです。

いやしかし。貴方ほどの方が
「これ、とうとう来ちゃったかな…あたしの時代が」に突っ込まないんですかw

ABフライが食べたくなりました

>円盤屋さん

こんばんは。

AB蔵さん…さっきもニュースやってましたけど、なんですなぁ、アレは。。。

若い時はもっと早く生まれたかったですが、年をとってくると遅く生まれた方が…というのは誰もが同じですね。○装しなくても。
やっぱり、若い娘さんが良いわけですし(えー

>>高齢出産
どうも噂によると、つぼみ母さんは36歳とか。35歳以上が高齢出産らしいので、まあぎりぎりセーフかと。

日常を多く見たい、という発想は「おジャ魔女ファン」の証(?) ハートキャッチさんは、おジャ魔女の正統後継作だと思うのですよ。
最後は思いっきり泣かせて欲しいです。

おお、甥っ子さんが小学校入学で玉木さんと同じですか。じゃあ、きみたかくんかな(ちょ
6~7歳でクソガキですか…。最近の子はませてるのかしら。。紙粘土さんも円盤屋さんも羨ましいです。私も叔父(伯父にはなれないので)になりたいです。あ、兄貴ここ見てないだろうな…(謎

コッペ様を怒らせたのは

AB蔵デザトリアンでしょうか?
今が旬ですから出て欲しいですが無理ですね。(謎)

ということで三十路さんこんばんわ。
今回はハヤトくんの恋話でしたが昔近所に住んでいたお姉さんを思い出しました。
そのお姉さんはとても優しかったことを思い出します。
今では立派なオバちゃんだと思いますが・・・(汗)
そういうことを思い出す回でした。
ワタシも昔はもっと早く生まれたかったと思ったことがありましたが、今では遅く生まれたかったですね。
色々理由はありますがお肌の衰えは○装をすると一目瞭然ですので・・・(謎)


次回はつぼみさんに弟か妹が出来る様ですが高齢出産なのが気になります。(謎)
日常がありながらラストが刻々と近付いているのが段々と感じられますが、ハートキャッチさんは日常があっての戦闘だと思いますので出来るだけ日常を多く見たいと思っています。

追伸、ワタシの双子の甥も来年小学校入学ですので紙粘土さんの玉木さんと同い年です。
でももう可愛いというよりクソガキになりつつあります。
これはこれで仕方が無いですが・・・


年上の女(ひと)

>オキクルミさん

おばんです。あれ、はじめましてでしたっけ。

>>あの三人揃って頭にタンコブ作るか、ほっぺに赤い手形がつくか
その方が面白かったのに(えー 
でも最近のゆりさんは温厚だから(使ったカップくらい洗ってから帰れ、とも思いましたけど)、そういう心配はあまりないかも?

ハヤトくんの気持ちは、痛いほどよくわかります。年上女性に憧れるのは、大抵の男性が通る道です。もしかしたら、ゆりさんも自分の年齢を恨めしく思ってるかもしれません。録画を見直したところでは、ハヤトくん脈アリです。

美学はいいですけど、「あなたにも心がある」ことをブロ子さんにつきつけられたコブラさん、かなり動揺してました。ダークさんが来なかったら、プリキュアさんに寄ってたかってボコられて…。「今よ!」と言って突撃するプリキュアさんたちが、ちょっと怖かったワンシーンでした。

♪あいつはあいつは、可愛い…

おばんです。

オープニング、変わりましたね。
四人で活躍だけでなく、半ば怪獣的なコッペ様…。

それはさておき、ゆりさんとハヤト君のやりとり、ひとつ間違えば、あの三人揃って頭にタンコブ作るか、ほっぺに赤い手形がつくか(裏で糸を引いてるのがばれたら、ゆりさんの性格からして、無事で済むとは思えません)やきもきしましたが、幸いそうなりませんでしたね。
でも、ハヤト君。別に子供扱いでもいいべさ。ゆりさんだってまだ充分子供ですし(大人びてますけど)。気持ちは分かるけど。得てして人間、己の年齢が恨めしく思うってのはよくある事ですから(年寄り扱いされたくない御老人も多いですし、それと同じ)。

>要するに、すぐに憎しみや嫉妬に走ってしまう人間の弱い心が美しくないからだそうで。
>心が枯れ果てた世界こそが美しいのだそうです。

ある種の無常感的な、そういう美学もあるにはあるから否定はしかねますが、同時につぼみやえりかの言う美しさも否定できない。
結構、奥が深いです。

それにしても、もう少しダークプリキュアの復活が早ければサソリーナも途中退場にはならなかったのかも。
だけど、あの後の公園の復旧、大変だろうな。

Unknown

>Unknownさん

この時期にOP変更とは、お金かけてますね。
コッぺ様が戦闘に参加するのかどうか…なんとも言えないところですね。彼にはどっしり構えていてもらいたい気もするし。。

本当に残り6話か7話なのに、日常回を引っ張りますね。年末最後~1月の超展開があるかもです。日常パートは、ハートキャッチさんの肝なのですねえ。

Unknown

今週は、OP前から闇さんが両目が金眼だったり
OP曲でコッペ様が大暴れでビックリした

この時期にOP変更とはコッペ様も
今後、本編で戦闘に参加ということでしょうか?

ハートキャッチもクライマックスが
迫っても日常回が続きますね
影に大地が日常を護りたいといってたし
本当に最終決戦直前まで
この日常を大切に描いて欲しい気もする

逆襲のゆりさん

>紙粘土さん

こんにちは。

OPのコッぺ様が怖すぎます。夢に出そうです。あの温厚なコッぺ様が大暴れ。。。。

さすがにあと数話というところまで来ると、クライマックスが近い感じが…あまりしないのは何ででしょうね(^^;

フィギュアーツですか、いいですね。写真を見たら、なんとなくお顔が…。1月発売のマリンも、劣化するのかなぁ。。

玉木さんって2004年生まれですか。今が可愛い盛りなんでしょうねえ。
プレゼントは、キュアベリーのコスp(だからしつこいって!

ぽっぷの初恋?あこがれの順一先生!

こんにちは。

今回からのOP映像のコッペは迫力満点ですね。

ダークプリキュアも久々にプリキュアの前に立ちはだかるなどクライマックスが近いというのを示してますね。

「ふたりはプリキュア」のDVDBOX発売のCMがありましたが、先日キュアブラックとキュアホワイトのフィギュアーツも発売されたのでタイムリーですね。ええ、オレもフィギュアーツのブラックとホワイト買いましたよ?「ふたりはプリキュア」が放送開始した2004年に下の姪の玉木が産まれ、その玉木も来年から小学校進学です。それはそうと、玉木へのクリスマスプレゼントを早く買わないと。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR