FC2ブログ

ハートキャッチプリキュア! 第40話 「さよならサソリーナ…砂漠にも咲くこころの花です!」

ハートキャッチさんも、いよいよ40話の大台に乗りました。
来年の1月30日が最終回か…と思うと、しんみりするでゲソ。

今週は、サソリーナさんのターン。

  

プリキュアの聖なる光を浴び過ぎたサソリーナさんには、もう戦闘能力が無い。
惑星城に帰してやってほしいとサバーク博士に頼むクモコブ。

「帰してほしい」ということは、サソリーナさんは惑星城で生まれたってこと…?
なんとなくスッキリしませんが、彼女の最後の出撃を認めるサバーク博士。
「よかろう(大意)」
しかし、これが最後のチャンスだそうです。もし負けて帰って来るようだったら、
「このロースペックめが!」ってお仕置き…ですか?。

自分たちのダークブレスレットを貸してやるクモジャキーさんとコブラージャさん。
このような仲間意識がある時点で、彼らにも心の花が存在する事を示唆しています。

  
  

サソリーナさん最後のデザトリアンは、学校丸ごと。
ダークブレスレットを3つも使った豪華版。

  

「プリキュア、体パンチ!」
「ダブル体パンチ!」
それは「体当たり」だろ?という突っ込みはともかく、羨ましい。だって、
真っ先に当たる部分は…ゲフンゲフン!!


  

ダークブレスレット3つ分の苦痛を味わうサソリーナさん。
去年のイース様を彷彿させますが、どういうわけかあれほど色っぽくはありません。
やっぱり若さは大事だよな(ぇー

苦しみを終わらせるという名目で、ハートキャッチオーケストラ。
さり気なく怖い言いまわしですムーンライトさん。

  

サックをつけた拳で、木端微塵に粉砕しているように見えますが、これが浄化なんですって。
この巨女の正体は、フガフグ…

  

クモジャキーさんとコブラージャさんに看取られて、彼女は逝った。
「敵も人なり」
彼女の最後の涙を見て、戦いの哀しさを思い知った(ような)描写が良かった。
これで3幹部にも、心の花があることが確実に。

  
  

サソリーナさん:「長い間、悪い夢を見ていたような気がする…」
山奥の診療所で、普通の女性に戻った(?)。目を映さないのがその証拠かと。
砂漠とは対照的な美しい紅葉や、小鳥がせつない。
惑星城に送らなかったのは、サバーク博士の優しさの表れだと思いたい。

  
  

プリキュアに課せられた重責を噛みしめるようなこの二人の表情には、グッときます。
これぞクライマックス。タクトで顔をマッサージするくらいは許されるのです。

クライマックス…かと思いきや、次週は、

 ♯41「妖精が変身!?プリキュア劇団はじめました!!」

ここまで来てもギャグは忘れない。ハートキャッチさんは素晴らしい。
シリアスとギャグを絡める手法は、先週のタクトの件のように批判されもしますが、
それはそれでハートキャッチさんの特長だと思ってみる。
次週はクモジャキーさんが…?
3幹部とのけりがついた後、いよいよダークさんと月影さんの話か。そこからが
本当のクライマックス。「本当の主役は、月影ゆりでした」とか。


余談ですが、サソリーナさんはこのままでは終わらないような気が。
このまま退場というのは、第一話からの活躍とあまりにも不釣り合いです。
「きれいなサソリーナ(仮)」が出ると、私信じてる!


追記:「サソリーナは、入院中の女性からデザトリアンのように取り出されていた」という
    解釈が圧倒的に多いみたいで…。目を映さなかったのは、そのせいか…。
    でもそれって、とてつもなく遣る瀬ない感じが…。今までの40話の彼女は何だったの?みたいな。
    嗚呼プリキュアさん、私の歪んだ心の花も浄化して!

さらに追記:Kityoさんが、私と同じように、サソリーナさんが惑星城で生まれた人外で、
      ハートキャッチオーケストラによって人間になったのでは…という解釈をされています。
      クモコブの今後においてそれは明らかになると思いますが、同じような解釈をされた方が
      おられてホッとした気分。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>MAKOさん

ドラえもんの映画ですか。中学生の頃はもう、禁止されてたなぁー。親が厳しい人で。

フランス…年とっても良いけど生きたいところがあるというのは、とても良い事だと思います。

ハートキャッチさんも、あと2カ月ですね。次はクモジャキーさんですか。多分そうだと思います。

Unknown

>三十路さん

僕が映画を見に行ったのは、中学の時以来です。昔は、ドラえもんの映画を見たことがあります。


HCプリキュアの映画は、来年、フランスでも公開される予定です。

僕も、一度フランスに行ってみたいです。年取ってからでもいいから。


TVシリーズもあと2ヶ月あまりですね。ブロッサムたちの戦いもいよいよ終盤ですね。僕は、「サソリーナの次はクモジャキーを撃破する」と予想しています。

ネタバレがありますので、映画がまだという方は閲覧注意です

>MAKOさん

え…そんな謝らなくても。。
とりあえず、映画お疲れ様でした。

ハートキャッチオーケストラの時に出て来るデカイおばさんが、キュアアンジェの化身というか、歴代プリキュアの化身みたいですね(とうとう書いてしまった

男爵は、結局は真の悪者ではなかった…という設定ですか。ハートキャッチさんらしい、良い話ですね。

オリヴィエが狼男というのは、今回のOPでちょっと出てましたね。

>>大人も子どもも楽しめるものだと僕は思います
私もそう思いますけど、やはりちょっと躊躇いはありますよね。。。

ついに見たぞ、HCプリキュアの映画!

三十路さん>

すみません・・・。
これからは気をつけます。
僕がリアルタイムでプリキュア見れそうにない場合はちゃんと録画しておきます。
日曜日の朝は前日の仕事疲れで眠くなりますからね。


僕は一昨日、ついにHCプリキュアの映画を見に行ってきました。元気な男の子である僕も、さすがにこの日は胸がドキドキしていました。
今回の映画の舞台はフランス・パリでした。映画オリジナルの敵キャラであるサラマンダー男爵は、約400年前にキュアアンジェの餌食になっていましたが、狼男・オリヴィエによって復活し、オリヴィエと2人で世界中を旅していました。

ブロッサムたち4人は、パリで男爵と戦っていました。終盤では、男爵がドラゴンに変身して炎を吐いていましたが、ブロッサムたちに倒されました。結局、男爵は元の姿に戻ってしまいました。そして、再びオリヴィエと2人で旅をすることになったのでした。

やっぱり男爵とオリヴィエは仲間同士だったのかー!

プリキュアの映画は、大人も子どもも楽しめるものだと僕は思います。

何度も見直しました

>流鏑馬さん

サソリーナさんの最期(というか、第二の人生?)は、見ていてウルウルきてしまいます。

それにしても、あの女性から取り出したデザトリアンのようなものがサソリーナさんだったというのは、かなりショックでした。それで片付けると、サソリーナとしての活躍が無に帰するような気がして。。。
クモジャキーさんが、「惑星城に帰すぜよ」と言っていたのは、何だったんだろう。。

>>「後は自分でやりなさい」のハトプリらしさかな
ハートキャッチさんは、悩める人を救う後押ししかしないのですよね。山奥の診療所で、サソリーナさんが助かっていたことも、プリキュアさんは知らないし、知ったところでどうする事も出来ないという。

この、何ともやりきれない結末を、あと二人分見ることになりそうですが…。。

いい話でしたね。

サソリーナさんの最期はぐっとくるものがあったと思います。
あの女性は、弱っていた心の花を利用されていただけみたいですね。んで、砂漠の使徒としての記憶を埋められて、サソリーナとして活動していたのかなと。

ただ、歴代の改心した(直後死亡を含む)敵と比べたら、今回のサソさんは珍しいケースだとおもいます。

キリヤ、満薫、闇夢、ブンビーさん、ラビリンス組などは、みんなプリキュアの優しさや強い心に影響されて、改心しました。けど、サソさんはあまりプリキュアの良い影響を受けて…………という感じではない。
発端はサンシャインにシュワシュワされたからなんですが、その後プリキュアの姿を見ても、ただの敵としてでしか見ていなかったので。
だから製作者側は、ブロ子も言っていましたが「誰にだって心の花はある」ので、「サソリーナさんは無意識の内に人としての心を取り戻したのだ」ということを伝えたいのではないかと思います。
まあ、それをいったら改心した人全員にも言えるんですけどね(^_^;)
とにかく、自力で復活したという感じなのは、「後は自分でやりなさい」のハトプリらしさかな。

クモコブの最期も期待してます。

あれまあ

>MAKOさん

こんばんは。

録画は毎回した方がいいですよ。
日曜日の朝は、眠たいですからね。。。
とにかく、ご愁傷様ですた。。。

サソリーナの最期(?)は良かったですよ(鬼か

しまった~!

こんばんは、MAKOです!

僕は昨日、寝坊してHCプリキュア第40話を見逃してしまいました~!しかも録画してないし!(リアルタイムで見るつもりだったので)

サソリーナの最後が見たかった~!(泣)

行かなければと思いつつお金が無くなる不思議(えー

>阿波の人さん

平日でそんなにお客さんが多いんじゃ、また行くのが躊躇われてしまふ…。
もうすぐ上映も終わりですよね。。毎年この時期は、貸し切り状態なのに。

サソリーナさんに関しては、どうも消化不良です。クモジャキー・コブラージャがどうなるのかによって、解釈が変わるかも?
3幹部の後日談が無いと、かなり寂しい気がします。

軽井沢のペンションみたいな感じでしたが

>円盤屋さん

こんばんは。
二日酔い、大丈夫ですか。お大事に…。

去年の大ボスは、人間じゃなかったですしね。コンピュータが壊れただけ。。
ノーザ、クラインのように、元の姿に戻ると思ったサソリーナさん、元の姿がお姉さんでした。じゃあ、今まで心の花が無い、廃人状態だったってこと?という疑問もありますが。。

>>女の嫉妬は本当に怖いですから・・・(滝汗)
妙に実感こもってますね(笑

残り話数が少ないので、クモコブがどうなるのか気になりますね。

おっぱ○パンチですよ(力説

>煤さん

上半身から突っ込んでいくのが普通だと思うので、真っ先に当たるのはおっぱいだと思います(ちょ

サソリーナさんの話は、もうちょっとフォローが欲しかったです。一番くじが目の前で売り切れるのと同じくらい寝つきが悪かったです(ひでぇ

こんな感じです

本日3回目行ってまいりました

こんにちは。本日3回目映画鑑賞に行ってきました。平日にもかかわらず親子連れが多かったです。ちなみに隣の席の子は小学校3,4年生ぐらいの女の子でした。妹さんらしき子ときていたようです。気持ち的にちょっと緊張しました…。もう封切りから1ヶ月がたつので、後はDVD発売に期待です。

さて、サソリーナ最終回、一言で言えば「救いがあってよかった」でしょうか。のぞみさんの時代とは違って「魂を救う」がテーマのようなので、これでよかったと思います。

本編は残すところあと9回。敵は後5人なのでラスボス~エピローグに3回使うと考えればやはりクモとコブラは次回とその次で退場でしょうか。

サソリーナさん鳥取に帰る。(違)

三十路さんこんにちわ。
ちなみに岡山で番組視聴で午前中に帰阪したあと飲み会がありまして2日酔いでカキコが遅れました。(汗)

ということは今回でサソリーナさんは退場となりましたが、無理してでも死という表現を避けようとしてこの表現に落ち着けたのでしょうね。
フレッシュ以降死の表現が大ボス以外は暈かし気味で視聴者に非常に気を使っている者と思われます。
もっとおしりパンチの例もありますが・・・(謎)
同じ怒りでも容赦ないのは女性の方ですね。
女の嫉妬は本当に怖いですから・・・(滝汗)

で来週はギャグ回ですか・・・
本当にクモジャキーさん退場なのか気になります。

体当たりで真っ先に当たるのは……

スカートのヒラヒラですね
煤で煤

サソリーナさんいっちゃいました。と思ったら生きてました
過去のプリキュア、映画のことを考えると
最終回にちょろっと出てくるかもしれませんね

こんな感じです

どうも・・・

>通りすがりの人さん

浄化されて共闘って、去年とまるっきり同じですわりが悪いですね。ただ、あんまり退場劇があっさりしすぎていたから、サソリーナ、カムバーック!とか思ってしまったわけです。

次回作はどうなるんでしょうねえ。公式発表があり次第、書いてみたいとは思いますが、ちょっと寂しいです。

もしかして

三幹部はみんな浄化されて、終盤でプリキュアと共闘することになるのでしょうか?
それだと前作と同じような感じになってしまい、すっきりしませんねー
あと数回で、物語の決着をつけるのでしょうけど、それとは別に、そろそろ次回作の情報が出てきたら良いなーと思ったりしてしまいます(失礼しました)

「遣る瀬ない」のひと言

>ミルク苺さん

こんにちは。

私はてっきりサソリーナさんが浄化されて、普通の人間の女性になった(サバーク博士の情けで)と思ったのですが、違ったみたいで。。。

結局、「サソリーナなどという人はいなかった」という結論に…スゲーせつないです、第1話から頑張ってきた幹部だっただけに。

プリキュアが(敵だとしても)死を与えるような描写は避けたい思惑はあったと思います。でもそれが元で、混乱を招いてしまいました、少なくとも私には。。

むしろ、浄化されてサソリに戻った、とかそういう方が気が楽ではありましたね(感動はしないけど)。

3幹部は人間…?

>まるっささん

いつもお世話になってます。

今回はマジで泣けるお話だったですね。サソリーナを浄化したプリキュアさんの方が悪者っぽく見えるくらい。。

敵幹部というのは、何だかんだ言いつつ仲良しですね。「Splash Star」の幹部は仲良しじゃない…と思ったら、再生怪人になって仲良しになりましたし。

来週は、クモジャキー退場…なんでしょうか。さすがに40話を超えると切ない回が増えますね。。

サソリーナさん退場回だったのに、ぜんぜん感動できなかったッ!消化不良のせいで…

こんにちは。

サソリーナさんの正体が、いまひとつ、ハッキリしませんでしたよね。そこいらへんが、消化不良というか、スッキリしませんでした。
たとえば、もっと単純に、浄化されて一匹のサソリになってくれてたら、ああ、サソリーナの正体はサソリだったんだな、と納得いったでしょう。
でも、ヘンに心の花が出てきたりすると、えっ?サソリーナってデザトリアンだったの?、とか思ってしまったり。
また、惑星城に帰そう、なんて発言があったりすると、サソリーナって宇宙人かいな?、とか、ね。
でも、やっぱ、あの診療所のあの女性が、サソリーナの再生を示唆してるようにもみえるし…
てか、そうじゃなければ、無意味ですもんね、あの山奥の診療所が出てきたのって。
とにかく、じつに理解不能でした、今回は。
まあ、お子様方に配慮して、単純に「死」を描きたくなくて、その結果として、今回はこういう感じにまとめたのでしょうかねぇ~?
三十路さんは、どう思いますか?

切ないという言葉がぴったりの今回。

プリキュア関係では初めて書き込ませていただきます。

笑顔で逝ったサソリーナ、そしてえりか様の『サソリーナ・・・涙を流してた』には泣けるものがありました。
 敵幹部の三人組が仲良しなのは初代後期の館の三人やMHのサーキュラス達からの伝統でしょうか・・・この伝統だけはずっと守って欲しい気はします。

しかし・・・次回クモジャキー退場なのかな?少なからずもブロッサムとの因縁あるキャラだけに・・・せめてサブタイトルに名前の入った回にしてもらいたいものです(笑)。

俺のサソリーナがこんなにかわいいはずはない

>紙粘土さん

こんにちは。

サソリーナっていったい…。元が病人だったのか?それとも…。ちょっと消化不良です。

次期生徒会長候補は佐藤ですよ、たしか。生徒会長がモテるのではなく、いつきがモテるのだと誰か教えてやれ!と思ったのは俺だけじゃないと思うんだ。

かなえ(飯田?)は、念願のプリキュア写真ということでしょうか。ダイエットしたほうが(ry

ダークさんは、最後まで温存するみたいですね。

猛将サソリーナ翼たたむとき

こんにちは。

サソリーナ殉職話かと思いきや、サソリーナ本来の姿(?)が登場したのは今後の伏線でしょうか。

次期生徒会長候補(名前忘れた)がチャラついていたのはモモヤンに推薦された玉木を想起させますね(謎)。

デザトリアンが暴れていてもかなえはカメラを手にして撮影していたあたりはさすがカメラ小僧。

そういえば、最近ダークプリキュアのことを忘れていましたが、クライマックスの鍵を握っているのは間違いないですね。

プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR