FC2ブログ

会いたくて…

ちょいネタ。
とくに深い意味は無いです。
ただちょっと、没していく月を見ておセンチに(キモ
あの人も今頃、この月を見てるのかしら(ヤメレ

夕方、居間で両親が見てたテレビドラマ(再放送)のEDテーマが、
石井聖子さんの「会いたくて…」
懐かしいなぁ。
大学で苦闘していたあの頃のことが、昨日のことのように思い出される。
月はあの頃と全然変わらないな。。


  

この半月、先日12日に皆既日食を起こした月です(日本では見られず)。
先月末には、部分月蝕も起きた。
日食と月蝕は、半月を隔ててセットで起きる場合が多い。

太陽、地球、月が一直線上に並んで月蝕を起こした月が
ぐるりと地球の反対側に周って皆既日食を起こしたというわけ。
月の軌道は黄道に対して傾いているので、滅多に食は起きない…なんて
理屈はどうでもいい。

星を見ていると、人生というものが花火のように一瞬の輝きなのだと思い知らされる。
その一瞬を本当に輝いたものにするには、それなりの努力が必要だと強く思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

MOON あなたは知ってるの(以下略

>フォーマルハウトさん

はじめまして。

>>ぼくが生まれる前からも、そして、ぼくが死んでからも、かがやきつづけるのだろうな
それは私もよく考えます。自分が生まれた瞬間も、あんな時やこんな時も、いつも星は変わらず輝き続けていたんだなぁと。そして、この世を去るときにも。。

努力した結果は、それほど重要でもないかと思います。何をやり遂げても、死んでしまえば忘れ去られるだけですし。
努力をする過程というか、そういう気持ちで生きることが大事…という程度の意味で書きました(ぉ

私も、みなみのうお座αさんも、ともに輝けるように頑張りましょう。

星は何でも知っている… のかな?

はじめまして。

>>星を見ていると、人生というものが花火のように一瞬の輝きなのだと思い知らされる。

ぼくも、ときどき夜空を見上げると、そう思うときがあります。
あの星は、ぼくが生まれる前からも、そして、ぼくが死んでからも、かがやきつづけるのだろうな、なんてね。
そんなふうに感傷にひたったりも、します。

>>その一瞬を本当に輝いたものにするには、それなりの努力が必要だと強く思う。

そうだと思います。
本当に輝けるかどうかは分からないけど、後悔はしたくないから。
だから努力したい、と思います。

三十路さんが輝けるよう、願っています。
ただガンバリすぎないよう、がんばってください。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR