FC2ブログ

深淵

この記事は持病に関する愚痴です。
読んで不快になる可能性が高いので、「三十路」に幻想を抱いておられる方
(そんな人いるのか)、影響を受けやすい方はスルーしてください。





































今日は朝から月一回の神経科クリニック。
9時半から診察が始まるのに、8時前から待ってた。
けっこう患者さんが多く、遅く行ったのでは帰りが遅くなってしまう。。

待ち時間に、パニック発作が。
軽いほうなので、冷静に脈拍を測ってみる。
1分間に120以上であることはわかった。

永遠に続くかと思われた待ち時間が過ぎて、診察室に呼ばれる。
主治医に、脈拍を測った話をしたら、「それは駄目」。
……なんで?
「身体に神経を集中しては駄目」ということらしい。納得。

最近、トイレでしゃがんでいる時とか、外出中とか、やたらに発作が多い。
「あ……なんか発作が起きそうだな…」
さすがに長い間病んでないです。自分の身体というか、性質が読める。
しかし、身体のコントロールがきかない。苦しい。

そんな話を、主治医にしたのだけど。。
主治医曰く、予兆を感じた時点で何か発作を止める技を身につけろと。
手をつねるとか、別の事を考えるとか、それは人それぞれだそうで。

その技を身につけるのは割と簡単なことで、パニック障害の患者さんは
大体、それを身につけて数カ月で発作から解放されるとか。

私が身体に異常を感じたのは、1981年。
初めて病院に行ったのが、1991年。その時でさえ、私の病名が
パニック障害だとは医師にもわからなかった(ヤブ医者だった)。
1998年に、現在のクリニックに転院してはじめて、自分の病の正体を知った。

そんな状態だから、そう簡単に「予兆を感じたら、気を逸らせ」と言われても
はいそうですかとは出来るわけがない。。
……って、怒っても何がどうなるわけでもない。
所詮、他人には理解されない病気だし。
「心の病に対する偏見は和らいできた」なんて綺麗事でしかない。
結局は、自分で苦しんで克服する以外に、生き残る道は無い。
主治医も、私がそう悟ってることを知ってると思う。
わかってはいるのだけど…。

主治医は急かすような事は言わないし、その「気を逸らせ」というのもわかる。
以前、お友達が似たようなアドバイスをしてくれたし。割と一般的な治療法でしょう。

にも係わらず、私は何故か自分を否定されたような気がして暗い気分になった。
予兆の時点で気を逸らすなんて、私にとってはやさしい事じゃない。
一朝一夕で可能になるような事じゃない。
一歩一歩、進んでいくしかない。

そうわかってるのに。
生きている事に、一気に疲れを感じてしまった。
私は、生きていてもしょうがない病人…廃人。
よくない事が、脳裏をよぎったので、慌てて打ち消した。

私には私の生き方がある。
それは、他人と比べても仕方の無いこと。
主治医のアドバイスも、多くの症例を基にした方法だろうから、素直に
受け入れて、自分に出来る範囲からやっていけばいい。

生きることに疲れ、嫌気がさしてしまったのは自分の甘ったれだと思う。
そんな女々しい人間が、どうして心の病を克服できるか。

何がなんでも生き延びてやる、そう強く思った通院日だった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

曜日はよくずらします

>クオルルさん

こんばんは。

クリニックは、混んでるサイクルみたいなのがあって、それに当たるとキツイです。4週に1回のところを1週ずらして…でもあんまり変わらないです。。

コメントは、あまり気にされない方が良いですよ。苦言を呈するレスをしたら、それでおしまい。後はその人のコメントはひたすら削除したり。。「書くな」とも言えませんしねえ。。。

心の病って外から見えませんし、なかなか当人と家族以外には理解されないものですよね。家族も外ではいろいろ言われるようです。。

出来るもんならやっとるわ!と言いたくなりますね…

こんにちは。

クリニック、混んでるときついです。テンション低い人ばかりじゃないので、騒がしかったりお子様泣いたり…何度過呼吸や硬直お見舞いされたか…なので今はなるべく空いてる曜日にずらしました。

「それが出来れば苦労はしねーよ」なこと言われると、へこみますね。

去る日、ブログに脳内お花畑でうつ病とかよくわかってなさそうな方が、
「男性を好きになれば、その人のために生きようと思えるのでは?」
などとコメントしてきました。
…そんな余裕一切無いし興味失せてるし、家族とか友人とか生きるべき指標はあるし、大きなお世話じゃボケ!!と思いました。

理解が広がってるのは、患者と患者の身内と興味のある人に広がっているだけ、と修正解釈しないと…まだまだ全然です。

ちょっと悪いことを考えてしまいました

>styxさん

おはようございます。

2度までも、レスした文章が消えてしまいました。。

>>三十路さんのようなブログを目標にして
いえ、そんな大そうなものじゃないですよ。。
プリキュアさんとは、もはや腐れ縁というか、惰性で書いてた時期もありましたし。

周りの人が敵に見えたりはしませんが、外出先で発作が起きたりすると恥ずかしいです。他人の視線を気にしてるうちは、なかなかよくならないですね。

20代終わり~30代はじめ頃までは、とにかく強気で、前進あるのみだったのですが、最近はすっかり弱くなってしまって。。主治医にはとても言えませんが(それこそ「甘ったれ」と言われてしまいます)。

主治医が言うには、私は「風邪をひきやすい人」なんだそうです。同じ寒風にさらされても、風邪をひく人とひかない人がいます。もっと強くなれ、ということでしょう。「気を逸らす」ことも、出来る範囲で試す価値アリだと思います。

>>ありのままの三十路さんでいて下さい
ありがとうござます。
「自分を認める」ことも、必要なことですね。そこから本当の治療が始まるのでしょう。

「出来る事」を、少しずつでも広げていけば、道は拓けてくる…と思うのはやっぱり甘いかな(笑

励ましのコメント、本当にありがとうございました。
styxさんも、どうかご自愛ください。

文章がまとまらなくてすみません。。

生きる指針を頂いた者として

突然のコメント失礼します。
以前よりこちらを拝見させて頂いている、というよりも、三十路さんのようなブログを目標にしてプリキュア感想ブログを始めた者です。
私自身鬱に苦しみ、鬱と共存しながら鬱と戦いつつ生きていくため、自分にできる事は何なのかを考え、プリキュアという媒体を通して自らを語っているつもりのブログを始めました。
私もかれこれ15年程鬱を自覚し、2年半前には半年休職してデイケア通院をした経験がありますので、上っ面でなくメンタルな病が持つ苦しみを多少なりとも理解しているつもりです。
おっしゃるとおり、メンタルな病は以前より認知されているとは言え、なった者でなければ解らない苦しみは想像を絶する物ですし、なった者でなければ決して解らないですよね。
周りの全てが敵に見えたり、誰も自分の事を理解してくれないと思ったり、こんなに苦しんでいるのに誰も助けてくれないと思ったり・・・
しかし気休めではなく、決して三十路さんは、生きていてもしょうがない病人などではありません。
なぜなら、私を絶望の縁から引き上げて下さったのは、他でもない三十路さんだからです。
私もこのような感想を書いてみたい。そうして続けていったプリキュア感想を通して、私自身の人生や物の考え方を見つめなおし、私を立ち直らせて下さったのですから・・・
だから決してご自身を卑下する事無く、そして気負いしすぎることも無く、ありのままの三十路さんでいて下さい。
患者の事を否定し、症状を悪化させようなどと考える医師はおりません。
そして、三十路さんは甘ったれでもありません。
誰にも出来る事と出来ない事があります。
気を逸らすという事がいかに難しいかは、当事者でなければ決して解らないでしょう。
しかし、少なくとも私は三十路さんに立ち直るきっかけを頂いた一人ですから、くどいようですが、ご自身を卑下しないで下さい。
深淵には必ず切り立って上に向かう崖があり、その上には光が差しているものですから。

難しいのです

>セラフィーさん

この「予感の時点で寸止め」というのが、物凄く難しくて。予感がしたらすぐ、吐き気が襲ってきますので。襲われたらもう地獄。
ちなみに、私が愛した女性は夏木・飛鳥・柊じゃありません(^^;;

そう難しく考えずとも

 お得意のアニメキャラのフィギアを握るとか、おジャ魔女どれみの呪文を唱えるとか、これまで愛した女性(夏木さんとか、飛鳥さんとか、柊さんとか)の顔を思い浮かべるとかそういうたわいのない動作でよいのではないかと。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR