FC2ブログ

日本語ブームに乗って

最近、「正しい日本語」をテーマにした本やクイズ番組が流行っているようだ。
そこで三十路も、ちょっと気になる日本語をいくつか挙げてみようと思う(ただのネタ切れだろ、というツッコミは無し)。

@「ら」抜き
  これはもはや、日本語の乱れとは言えないくらい一般的なので、いまさら挙げる必要もないかと思う。
そもそも「ら抜き言葉」を使う人が現れたのは昭和初期であり、問題にされ始めたのも戦後間もなくの事である。それなりに歴史があるのだ。しかも西日本方面では「ら抜き」の方が普通に使われている。「見れる」「食べれる」「着れる」など、可能の意味で使われる場合は、認めなければなるまい。

@(声を)荒げる
  正しくは「荒らげる」である。「アラゲル」と「アララゲル」の違いなのだが、テレビやラジオでは必ずと言っていいほど「アラゲル」が使われている。某国営放送は違うと思うが、民放ではアナウンサーまでもが「アラゲル」を使っているのには呆れる。「アララゲル」が言いにくいからだろうか?今後の使われ方に注目したい。

@的を得る
  正しくは「的を射る」であるが、これもかなり「得る」が普及している。本来の意味を考えてみれば、的は「得る」ものではなく「射る」ものであることがわかる。「当を得る」とごっちゃになってしまった言葉だと言われている。このような現象を「混淆」と言う。(混交、とも書くが、こちらは慣用)
これと同じパターンの言葉はたくさんある。たとえば
「汚名挽回」→「名誉挽回」×「汚名返上」
「熱にうなされる」→「熱にうかされる」×「夢にうなされる」
「一刻千秋」→「一刻千金」×「一日千秋」
など。気をつけたいところである。

@出生率(シュッセイリツ)
  伝統的な読みは「シュッショウリツ」であるが、やはりテレビ・ラジオでは「シュッセイ」が多く使われている。「シュッショウは老人語」などと書いてある本や辞書すらある。三十路が学生の頃、「老人語などという言葉自体がない。ある辞書では老人語を見出し語にしているが、それは編者の保身だ」と怒った教授がいた。

@何気に
  若者を中心に使われている略語(?)。「何気なく」と言ってもらいたいところだが、もう手遅れなくらいに広まってしまっている。同じように「ムズい」なども「難しい」とちゃんと言ってほしい。初めて聞いたときは、「むずがゆいのか?」と思ったものだ(三十路もこのブログでよく、キモい、などと書くのだが・・・)。これらの言葉は明らかに間違いなので、指摘したい衝動にかられるが「頭の固いジジイめ」「学をひけらかしおって」と思われるのが嫌なので、三十路は黙っていることにしている。

@口を濁す、口先三寸
  口に関係のあるものをふたつ。言うまでもなく「言葉を濁す」「舌先三寸」が正しい。「目をそむける」(正・顔をそむける)、「目線」(正・視線)など、目に関する言葉の誤用も多い。いずれも各メディアで多用されている。

もうひとつだけ挙げさせてもらいたいのが、敬語の使い方でよくある間違いである。
数年前、三十路が病院に行ったときのこと・・・看護婦(当時)に「三十路さま、中でお待ちしてください」と言われ、笑いをこらえたことがあった。
「お~する」が、尊敬表現ではなく謙譲表現であることを知らなかっただけだろうが、「三十路さま」というバカ丁寧な呼び方とのギャップが面白くて仕方がなかった。「三十路さん、中でお待ちください」と言ってくれよ。
「カバンをお持ちします」のように、「お~する」という表現は、自分がへりくだることで相手を高める敬語である。それを相手に使うのは、失礼この上ないので、是非注意したい。「社長が申されるには・・・」のように、謙譲語+~れる(られる)も、時代劇の見すぎではないかと思ってしまう。「社長が言われるには」あるいは「社長がおっしゃるには」とすべきである。

日本語は、実に奥が深い。三十路が日本語学を専攻していた頃からもう何年もたつのに、興味が尽きることはない。そもそも言葉とは、時代とともに変わっていくものである。奈良時代の日本語と現代の日本語が違うように、現在では間違った使い方とされている言葉の中にも、いずれは正しい用法として定着していくものもあるだろう。頭の固いオッサンも、ここはひとつ大人になって、これからの日本語を見守って行きたいところである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

書き忘れました(笑

ジャーゴンは、仲間意識が出る・・・たしかにそうですね。ヲタ世界にもあるような・・・。

言葉の話は、皆さんに引かれそうなのですが・・・三十路はそうやって人の言葉を観察しておるのか・・・と。ネタがあったらまた書きます。性懲りもなく。



みゆきさんも、GWあたりがヤマとか・・・お体大切に頑張ってください。こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

ステキ・・・かしら

結局眠れなかった・・・でも書きます(滝汗



みゆきさんは英語学・・・外国語学部なのに英語がさっぱりだった三十路は、尊敬してしまいます。

そうですか、英語にも混淆に似た現象があるのですね。それは、伝統のある言葉なのでしょうか?



三十路は立場上、話すときも書くときも、「ら抜き」は使いません。使ってもよさそうなものですが、「大学で何をやってたんだ」と思われるのが嫌で・・。エエカッコシイですから(笑 ただ、公的な文章では誰でも避けるべきだと思います。今のところは。。



「~しない前に~しなさい」は、時制の問題かも。日本語真拳奥義?よく聞く表現ですが、違和感ありますね。(違和感を感じる、というのも、馬から落馬すると言っているみたいなので、気をつけています)



「お名前さま」ではありませんが、名前を書くところに「ご芳名」と書いてあることがあります。「芳名」だけで十分に敬意を表しているので、それに「ご(お)」を付ける必要はな~い!といつも思います。「おっしゃられる」のような、二重敬語です。



若者が使うジャーゴンは、廃れるものが多いですよね。「チョベリバ」なんて死語です(笑

「何気に」は、広○苑に載っていると聞いたことがありますが本当かどうか確かめなければ。三十路は広○苑はあまり好きではないのですが。



敬語は非常に難しいです。国語教員ですら、正しく使えるかどうか怪しいものです。三十路も自信がなかったので、卒論から敬語は外させてもらいました。敬語について書いたら、それだけでひとつの論文になってしまいます。若者がどの程度敬語を理解しているかわかりませんが、ある程度は高校までに教えるようにすべきでしょうね。



むむ・・熱くなってしまいました(笑

体調のご心配、ありがとうございます。ここにも書きましたが、上野に行く練習をして無事だったので安心したせいか、体調は回復傾向です。あとは当日、どれだけ根性を出せるか、ですね。

ステキです!

こんにちは! もう寝ないと…。でも書く!(笑)



わたしも言葉には興味があって、大学で英語学(意味論)を専攻してましたが、

教授が日本語の研究もされていて(日本語に変形生成文法を適用してました)、わたしも日本語に興味がありました。



ので、しゃべりだしたらグタグダうるさくなるので割愛しますが(笑)、

そうか、ラ抜き言葉には歴史があるのですね~。

わたしも話すときはラ抜きですが、文章を書くときは必ずラ入りです。ラ入りが淘汰されるとは思いませんが、受身と可能の違いが明らかになるので、話し言葉ではラ抜きが残るでしょうね…。



「キモい」などの若者略語は使いやすいのですが、あくまでジャーゴンですよね。学校でちゃんとした言葉を習えば、社長に向かっては使わないと思いますし…(^^; ギャル語で「ハンパない」ってあるのですけど、「ハンパじゃない」の一音を外しただけという非常に経済効果の薄い略語です。が、それを使うことで仲間意識が出る、という効果があるのでしょうね。



敬語は難しいので、ちゃんと勉強できるよう学校が取り計らってほしいくらいですわ(笑)。ええ、学校で習う敬語は、「はべり」とか「おおとのごもる」とかですから(笑)。



「混淆」っていうんですか、それはよくわかります! 

英語にもありますよ~。「…せずにいられない」を表すイディオムのひとつ cannot help but ... と、もうひとつの cannot help ...ing。二つがまざった cannot help but ...ing という言い方(非標準)も実際にあるそうです。

学校英語では×ですけどね。

あとウチの母はよく「…しない前に…しなさい」と言います(笑)。「…しないうちに…しなさい」と「…する前に…しなさい」が合体してるんでしょうか。



わたしデパート店員が使う「お名前さま」について学者が言っている「尊敬対象の付属物にも敬語を使う表現」という説が気に入らなくて…。申込み用紙に「お名前       様」って書いてあるから「お名前様」って言ってるだけなんだと思うんですけど…。



すみません、飛ばしすぎました。ちっとも割愛できませんでした(笑)。

でも言葉のお話には激しくお付き合いしたいので、またネタがあったらかいてくださいね♪



あ、ここには、はじめて来ました。

グダグダ書いてしまいましたが、体調のよろしくないときはレスを先延ばしなどして(わたしのように・笑)、気楽に返事してくださいね。

これからもよろしくお願いします。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR