FC2ブログ

懐かしき母校

初夏の晴れた日。
世間は大型連休真っただ中。
ネクラな話をひとつ。


ふと思い立って、10年ぶりくらいに母校を訪ねてみた。

道路が空いていれば、バイクで40分くらい走れば着く場所なのだけど、
普段は渋滞が激しいために、そして何より、
恩師:「今、何をやっているんですか?」
ときかれるのが嫌で、海の彼方に見える大学のある街並を眺めているだけだった。

いざ行ってみると、さすがに街並も随分と様変わり。
人が多くなり、自動車の通りも激しい。
「鼠の国」からそれほど遠くない場所にあるので、当時から賑わいはある
街ではあったけれど。
(駅前は、「名探偵 保健室のオバさん」というドラマのロケ地でもあった)

学生の頃は、大学に着くとまず、トップ写真の掲示板を見る。
休講の告知とか、学生の呼び出しは全てこの掲示板で行われた。
もっとも、私は二部学生だったので、ここへ来るのはいつも夕方だったけど。

ちらほらと部活に勤しむ学生とすれ違いつつ、中に入ってみる。

  

よくこのホールで、パニック発作の吐き気と戦っていたものだ…。
そのくせ、体調の良い時には喫煙してたりとか。

いろいろな講義の時間割が貼りだしてある。
自分の学科のところに行って、教員の名前を見る。
知っている教授が二人しかいない。。
うち一人は、私の卒業論文の指導教官で、当時は助教授(死語)だった。
年齢からして、すっかり偉くなられたに違いない。
時の流れを痛感させられた。

そして、当時のような「二部」という授業が無くなっていることも知った。
教員も学生も、夜遅くなって負担が大きいせいだろうか。

  

うぅ……。
苦しかった昔のことを思い出したわけではないけれど、身体が拒絶反応を。。
ハァハァ…。吐き気に堪えながら、あの頃も通い続けたっけ。
這い出るようにしてバイクに乗り込み、感慨に浸る余裕も無く、大学を後にしたのだった…。
正直、身体が(神経が)ここまで拒絶反応を起こすとは夢にも思わなかった。

帰りは、途中からひどい渋滞。
仕方がないので、裏道を走ることに。
これまた急に思い立って、裏通りにある船だまりを見て行くことにする。

  

子供の頃に遊んだ船だまりの面影を残す漁港。
生活排水やら、工業排水やらで、水はどろんと濁って、ヘドロが浮いてる。
港の護岸も、青緑色の水も、ヘドロの匂いも、何もかもみな懐かしい…。
私の船だまりが埋め立てられたのは、1990年だった。跡地の公園なんか
要らないから、私の大事な思い出を返してくれ。


話が脱線しましたが…。
そういえば2003年だったか、大学で同期だった男と、大学の近くを走る電車内で
偶然にも再会したことを思い出した。
私はラフな格好をしていたけど、彼はスーツ姿で同僚らしい男性を連れていた。
学生の頃から付き合ってた彼女と結婚して、もう子供もいると言ってた。

その時の私の、何とも言えない「取り残され気分」。
彼は私よりも若いのに。自分はいったい何をやって…。

俺、この病気がよくなったら結婚するんだ…
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

>aoさん

記事では結婚したいと書いていますが、相手がいないのなら無理はしないつもりです。自分がそれで駄目人間とも思いませんし。

Unknown

婚活という言葉から逃げられなくなってきたが、正直しり込みするし、相手もいない。
鬱は治ったが、前向きに取り組めない俺の方がだめ人間なんだろうな

自分のことは見えないもので

>アーシアさん

こんばんは。

これって行動療法なんでしょうか。それにしては甘すぎる。。
私が昔、医師から聞いた「認知行動療法」というのは、もっと壮絶な、血反吐をはくようなものでした。実際それをある程度実践して、電車に乗れるようにもなりましたが。

母校には、一度行ってみたかったんですよ。20代の大事な時期を過ごした大学を、もう一度この目で見たかったのです。結果、時代が変わったということを痛感するだけになりましたけれど。

私も、ブログをやっていなかったらもっと調子を崩していただろうと思います…。

同じ様な人がいる…

こんにちは。

三十路さん…勢いに任せて無理してませんか?行動療法に打って出るのは良いことだと思いますが、先日の掃除も今回の母校訪問も…なんだか焦っていらっしゃるのではと思ってしまいました。

精神疾患に無茶は禁物かと。


などと偉そうに言ってはいるものの、私もペース配分がおかしいブログ更新をしたせいか、調子狂いました。我ながらアホさが目に余る…。
あ、でも「アーシアさん」というのを置いとくと自分自身今まで自覚できてなかった回復具合が若干実感できるという発見はできました。


もう、ヒトには無理すんなと言うクセに自分自身はセーブ出来ないんだから困った奴だ…
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR