FC2ブログ

深淵

今日は、月一回の神経科クリニック。
天気が良かったので、早朝からバイクに乗って行ってきました。

ブログでは能天気なことを書いてますが、実は昨年末、非常に
調子が悪くなってしまって。。

「絶望」「死」などの言葉が脳味噌を駈け巡っていました。
不味い…このまま正月を迎えたら、また数年前の首(以下略
をやってしまう…。
そんな風に苦悩していました。

それを救ってくれたのが、ネットのお友達だったのですが。ええ、
私にはリアルな親友は皆無です。
チャットなどに参加させてもらって、気を紛らすことが出来ました。
あと、年賀メールのお返事などをいただき、勇気づけられたり。
ネットも馬鹿にしたものではない、と思う今日この頃。

そんな話を、今日主治医にしたんですが、お医者さんは至って
マイペース。とくに薬を工夫するとか、そんな事も無く。
私の場合、もう薬は工夫しようがないところまで行ってしまってます。

チャットで新薬の話が出たので、それも主治医にきいてみました。
「自殺しちゃうような急性の鬱病にはよく効くんだけど、あなたのような
病気に処方する薬じゃないかな」
だそうで。いや、私もかなり深刻なのだが…。主治医はそれほど切羽詰った
状態ではないと見たようです。

病院から帰ると、また今日も仕事が休み。親父殿が家にいるということが
休みの証拠だというパターンが定着してきた。。不景気深刻なり。
(親父殿が風邪を引いていることを後で知った)

そういうわけで、さっきまで泥のように眠り込んでました。本当に
泥のように、ぐったりと。目が覚めた途端、吐き気に襲われ。不健康なり。
病院に行くというのは、かなりパワーを消費するものです。同時に
「年末年始疲れ」みたいなものも。首(以下略
を回避できたのだから、これでよしとすべきなのかもしれない。

ところで、過日またひとつ歳をとったわけですが、とくにお祝いして
くれるような人もいないし、自分自身、これ以上歳は取りたくないという
気持ちもあるし、複雑なものです。

四十路が見えてきたような気がしないでもない……どうする?
一生、この病気と付き合って行かなければならないであろう絶望は、
それに直面していない人には決してわからないだろうと思う。
その絶望の中から、一縷の望み、僅かな光を求める。
そんな37年間だった。疲れた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お互い大事にしましょう

>飛高隼人さん

実は、チャットの少し前からおかしかったんです。でも良い気晴らしになりました。

リフレックスに対する医師の評価というか、使い方はまちまちのようですね。私の主治医は私には向かないと判断したようです(鬱病ではないと診断されてますし)。

ようやく、年末年始疲れがとれてきた…と思ったら、なんだか風邪っぽいです。お互い身体は大事にしましょう。

どうぞお大事に。

チャットから少し経ちました。その後いろいろとおありだったんですね。私も8日に初受診があったんですが、多少眠前薬をいじってもらったくらいです。ただその後少し、うつうつくんが出て来てしまったらしくプリキュアは起きて見る事が出来ずに昨晩録画していたものを見ていたりしました。
リ○レックスってそんなに急性の患者に処方するものでもないと思うんですけどね…。NaSSAという新しい副作用の少ないカテゴリーの抗うつ薬と言うだけで、吐き気とか少ない分、眠気や口渇感はやっぱり出ますし、僕は去年の11月から飲んでいますけど、やはり飲んでいても波はありますからね。まだおそらく十分な臨床例が出てはいないでしょうけれども。
年開けてからはいろいろあって疲れも出る頃でしょうから、くれぐれも無理せずにやっていって下さいね。
僕も無理せずにやっていきます。

頑張りましょう

>夢子さん

はじめまして、こんにちは。
19歳という若い方にも読んで喜んでもらえるとは、私は幸せです(^^

心が病んでるって、外見ではわからないし、仮病に見えなくもないのが辛いところですね。偏見もありますし。
でも、お父様のように少しずつ、よくなっていくものなのだと思います。私も希望を全部は捨てずに頑張らないと!

今までずっと好きな事やってきましたので、少し自分の意思に反する(病気に抗う)ことをやってみても良いのですけどね。。

お互い、大事にしましょう。

Unknown

はじめまして。初コメントです。
三十路さんの書く文章がとてもスキで、毎週プリキュアが終わるとすぐこちらを見に来ています(笑/もう19になるというのに…)
私も、心がだいぶ病み病みでして…辛さ、よく分かります
とは言っても私は診察を受けれていないんですが(母が、そういう事に偏見がありまして…あと金銭面で余裕がない笑)

うちの父(離婚別居済)は50代なんですけど、随分前に酷い鬱病に罹り仕事を辞めてしまいました。酷くなったり治まったりを繰り返しながら徐々に徐々に、鬱病から抜け出せそうになっています
この病気はやはり、気負い過ぎない方が良いと思います。
三十路さんは少し、疲れてしまっているだけなのだから今はゆっくり、好きな事をやったら良いと思いますよ。
うちの父なんか50代ニートですよ!私もニートでニート親子ですよ!しかも親子揃って友人も無し!金も無し!
そんな奴らでも馬鹿馬鹿しい人生、何とか生きていけてるから三十路さんだって大丈夫です、きっと。

いろいろと大変ですね

>セラフィーさん

日記は楽しみに読んでいましたので、ちょっと淋しいですが、事情がいろいろとあるみたいで。。嗚呼~えっちで何が悪いんだ~とか、面白かったんですけどね(^^;

あのお方が関係あるのかなぁと邪推してましたが、やっぱりあるんですね。とりあえず後悔はしていないとのことなので、ひと安心です。
きっぱりとやめてしまうのも、潔くて良いことなのかもしれません。

こちらこそ、これからもよろしくお願いしますね。

いたって平静です

 あのような形で急に日記をやめてしまってご心配をおかけしましたが、本人はいたって平静です。

 日常のストレス解消もあって始めた日記でしたが、この半年くらいむしろ日記の方が日常生活を乱す要因になりつつありまして、すっぱりやめました。

 過去ログを残せばよかったのかもしれませんが、私の性格としてウェブ上にあるとどうしても続きを書いちゃいますからね。だからきれいさっぱり消してしまいました。

 例のことはですね、非常に良い経験をしたと思っていますし後悔もしていないんですが、日記が残っている限りなかなか断ち切れないからと言うのももちろんあります。

 それに先方も多少影響されやすいところがある人で、まだたまに私の日記に触発されたように思える文章があったりしましたので、向こうにかける迷惑を考えてでもあります。あれがある限りどうしても無意識のうちにキャッチボールが始まってしまうんですよね。それだけ感受性をお持ちの方なんだと思います。

 日記はやめてしまいましたが、三十路さんとはこれからもブログで楽しくお付き合いできればと思っています。それでは

がんばるおじさん

>現役高校生さん

あけましておめでとうございます。

>あんなに笑える内容を書く人が病気にかかっていたのは驚きです
もうかれこれ30年近く病んでます。病院にも19年間通っているくらいだし、今までに何度も絶望から立ち直ってきました。だから、ちょっとやそっとじゃどうという事は無いのですが、時々おかしくなります。

>新しいチャンスや発見を見逃すことになりますよ
新しいチャンス…そんな幻想を抱いていた時期もありましたが…でもまだ30代。まだチャンスは残されているかもしれませんね。
おじさんを励ましてくれてありがとうv

くじけずに・・・

遅くなってしまいましたが
あけまして
おめでとうございます


去年に一度だけ
コメントを書いた者です。

今回の内容は
少しブルーですね
あんなに笑える
内容を書く人が
病気にかかっていたのは驚きです。

でも、私は
10代なので
あまりおじさんの
気持ちはわかりませんが
あんまり過去を
引っ張っていると
新しいチャンスや
発見を見逃すことになりますよ

今からでも
ちっとも遅くありません。
まだ30代でしょ
もう倍以上人生は
残ってます。
明るく生きましょ

私は毎日おじさんの更新がされてないかチェックしています

狩人(違

>円盤屋@松本さん

こんばんは。

かなり「病んでる」職場におられるようで…。
会社にとっては、いちいち個人の精神的不調などに構っていられないのだろうか…などと考えてしまいますね。

愚兄も数ヵ月で10キロ以上痩せたらしいのですが、会社員もストレスたまるみたいですね。彦麻呂が田原俊彦になった…(えー
中年になると再就職も難しくなるわけで、我慢するしかないのが現状らしいです。

心療内科が一ヵ月待ちだなんて・・・どこも今はそうなんでしょうか。そんなには待てないですよね。
とにかく調子の悪いときは薬をちゃんと飲んで、睡眠を十分にとることが大事だし、それくらいしか対処法が無いのですよね。。。
どうぞ、お大事に。

不調は行ったり来たり

ということで三十路さんこんばんわ。

今日松本に来ているのは3連休パスを買いに来るためでした。
JR東日本エリヤでかつ前日までにエリヤ内の駅か旅行代理店でないと入手不可なので・・・(汗)
ワタシの不調は10月の異動から1カ月たって直ぐでしたので原因がすぐに分かったものの上司がすぐに動いてくれなかったので自分から総務に直接連絡してことがことが大きくなってしまいました。(汗)
今週は5日だけ出社して17日まで休みですが今の所会社からの連絡はありません。
薬の方は昨日病院に行きまして精神安定剤を毎食後飲むように言われまして服用してますが、すぐに眠くなります。
取りあえず18日は職場にいつも通りにということだけしか決まっていないのですが19日以降は・・・(謎)
さらに上司も鬱気味でワタシの次に倒れそうですし、所長も殆どの休日も出勤しており所長自身も精神安定剤を服用しているとのことで職場全体がいつ崩壊してもおかしな状態です。(困)
状況が分かるにつれこういう職場に異動させた会社が一番悪いということで自分の中では納得できているのですが、だからといってやめるわけにもいかないのが・・・
現在はなるようになれということで開き直っている状態です。

ちなみに最初は滋賀の心療内科に予約しようとしたら1カ月待ちとのことで約6年前より深刻な状況のようですね。(汗)

ということで明日は8時ちょうどのあずさ2号で松本を出るわけでなく、8時50分発のあずさ8号で新宿に向かいます。(笑)

人生の一部を諦めました

>Unknownさん

>はいままで見えなかったかすかな輝きが見えるようになる
それを見出す気力も無くなってしまうのが現状です。絶望というのは、そういうものなのかもしれません。

ネットの友人には本当に感謝しています。遠くの親戚より近くの知人と言いますが、そのような心境です。そういう人たちがいるだけ、私は幸せなのだと思います。

>見つけてください、あなたの大切な輝きを
「しゅごキャラ」で、ダイヤというキャラクターが言いそうな言葉ですね。。
叶うかどうかは別として、一応希望は持って生きているので、それが心の支えというか、輝きになってるような気もします。

猿真似

>エリオットさん

こんばんは。

不調を悟られないように、健康な人の真似して生きてきましたが、限界はあります。
ブログは、不調なときは書かなければ良いわけで、誤魔化しやすいです(語弊がありますが)。

いなくなったら淋しいなぁと思ってくれる人がいるだけ幸せなのかもしれません。

ありがとうございます

>セラフィーさん

あけましておめでとうございます。

そうですねえ…まだ絶望する歳でもないとも思うんですが、やっぱり不安にはなります。

首(ryからもう数年経つのに、まだ思い出してしまうのは、あの時の印象が強烈だったからでしょう。アホなことやったもんだ…と今は思いますけど。

セラフィーさんもお大事に。
日記コーナーがなくなってから、どうされてるのかと思ってました(^^;

あきらめないで!絶望の中にも、きっと救いが…

夜空が暗ければ暗いほど、暗い星までよく見えるものです。
おなじように、アナタの心が絶望の暗黒の闇に包まれたとき、アナタはいままで見えなかったかすかな輝きが見えるようになるのだと思います。
もちろん暗闇に目が慣れるまで少し時間がかかることもあるでしょうけど。
どうでしょうか?
アナタは「ネットのお友達に救われた」と書いてますよね、
もしもアナタが元気で、リアルな友人がたくさんいて、毎日ワイワイガヤガヤ愉快にヤってたとしたら…
きっとアナタの気を紛らしてくれたり勇気づけてくれた「ネットのお友達」たちには出会うこともなければ、あるいはネットの人間関係を馬鹿にすらしていたのかもしれません。
ちょっと長くなってしまって申し訳ないのですが…
お伝えしたかったのは、つまり、どんなツライ状況になっても探そうと思えばいくらでも見つかるということです、救いが。
そうは思いませんか?
もし、どうにもならないくらい絶望して地面に伏してしまったときは、ふいに空を見上げてみてください。
きっとアナタが見たことのない星がうっすらと輝いているはずですから。
もしかしたらすぐには見つからないかもしれませんが…
きっときっと輝いてますから!
見つけてください、あなたの大切な輝きを。

レス不要です。不快だった削除してください。

わからないけれど

こんにちわ、エリです。

そうですか、実は不調なのですね。

不調をそのまま書かずに、不調を悟られないように記事を書けるようになったのは良いのではないでしょうか。

幸か不幸か、ボクは普通に生きているのであなたのことは実感できませんが、いなくなったら淋しいなぁ。

ラジオを聴いていて、

『怒らないこと~役に立つ初期仏教法話~』

という本の話をしていました。
鬱な人の話も出てくるんだそうで、役に立ちそうな人が約一名と勝手に思いました。

まあ、気掛かりでしたら是非。

まだまだ寒いので、風邪などひかぬよう。

ではでは。

おめでとうございます

 松の内は過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。そして37○・・・おめでとうございます。

 今年もよろしくお願いします。

 病気、大変ですね。自殺があたまを駆けめぐってしまうのは本当に鬱陶しいですよね。私もひどいときにはなりますのでよく分かります。

 私も投薬治療を始めて6年目なのですが、この冬は睡眠導入剤以外は飲まずに乗り切れそうです。薬と相性がよかったのかもしれません。

 でも予定していた旅行をいくつかキャンセルしたりと代償は払っています。なるべく身心に負担をかけないのがよいようで。ただまあ、周囲に理解させるのが難しいのですが、傍目には治ったように見えますから。

 厄介な病気ですが、お互い何とかやっていきましょう。
プロフィール

cure misoji

Author:cure misoji
永遠の三十路(cure-misoji)
狡猾・残忍・獰猛
四十がらみ的な生物
10万4●歳

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR